【シゴトを知ろう】入国警備官 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】入国警備官 ~番外編~

2017.02.16

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】入国警備官 ~番外編~

空港内の安全を守るだけでなく、密入国者の侵入阻止など日本の治安維持にも努める「入国警備官」。日々多くの外国人と接することがその職務の特徴の一つであるため、見えない部分でも工夫や努力をされているようです。番外編記事ではそのお仕事内容についてさらに詳しくお話いただくとともに、お仕事をする上で気をつけていることや、心がけていることについて伺いました。

この記事をまとめると

  • 異国の相手に取り調べする際は、通訳を交える
  • 不法入国者に関する情報提供があるケースも
  • コミュニケーションが求められるシーンが多い

異国の相手とやりとりする際は、専用の機械を使用

―― 不法に入国しようとする人に対して、取り調べを行うことが成澤さんのお仕事の一つだと伺いました。相手の国の言葉を話せない場合、どのようにコミュニケーションを取られるのでしょうか?

取り調べは成田空港内にある「取り調べ室」で行われるのですが、そこに「三者通話機」と呼ばれる機械が設置されています。この「三者通話機」は、簡単にいうと“3人で同時に会話ができる電話機”です。これを使って容疑者の母国語を話せる通訳と警備官、そして容疑者の3人で会話をすることができます。


―― 時間のかかりそうな作業ですね。

成田空港内にはパスポートを偽造か否か精密に鑑定する部署があるのですが、そこで“偽造パスポート”という鑑定結果が出ているにもかかわらず「正式な方法で取得したパスポートだ」と言い張る容疑者もなかにはいます。そのような場合は取り調べに5〜6時間ほどの時間を要することもありますね。

相手の文化や考え方を理解して接することが大切

―― 一般の人が知らないような業界用語があれば、教えてください。

“情報提供”を意味する略語なのですが、「提報」という言葉があります。不法入国者や不法在留者などに関する情報が、一般の方等から寄せられることを指します。その情報が入国の阻止や身柄の確保につながることもあります。


―― 成澤さんは入国警備官になられてから10年目とのことですが、職務につかれた当初はどのようなことを意外に感じられましたか?

公安職というと、“体を使うことが多い仕事”というイメージがありましたが、実際はデスクワークが業務において大半を占めることに驚きました。例えば、成田空港の施設に収容されている外国人に対して処置を行う際は、彼らに関する情報などを記載した文書や書類を作成する必要があります。そういった文書や書類作成の業務は、ほぼ毎日行なっていますね。空港内のパトロールや取り調べ業務の合間を縫って、デスクワークをしています。


―― 入国警備官として働くうえで、どんなことが重要だと感じられますか?

体力、精神力などに加え、「コミュニケーション能力」が求められると感じます。入国警備官として働いていると、日々さまざまな国籍の人と接します。当然ながら国によって文化や宗教、考え方などが異なるため、日本の常識が通用しないこともあります。そのような時は、こちらの常識を一方的に押し付けるのではなく、相手のバックボーンを考慮しながら、柔軟な態度で接することが重要です。そのように心がけることで、円滑なコミュニケーションが成り立ちますし、相手との間に何か問題が生じた場合も早く解決できるのではないかと思います。


最後に成澤さんは、「高校生のみなさんには、さまざまな国の文化や歴史といった、自分には直接関係なさそうなことにもぜひ興味を持ってほしい」とお話してくださいました。自分とは異なる文化や考え方があることを理解し、思いやる気持ちを持つことで、コミュニケーションはとても円滑になるとのこと。学校を卒業した後、社会で多くの人と接することになる皆さんには、ぜひ心に留めてもらいたい言葉だと感じました。また世界に向けた広い視野を持つことで、将来の仕事の選択肢も自ずと広がるのではないでしょうか。

【profile】
東京入国管理局成田空港支局 入国警備官 成澤康太

この記事のテーマ
公務員・政治・法律」を解説

公務員採用試験などの対策や司法書士など法律関係の資格取得のための学びが中心で、官公庁や行政機関の採用試験科目を段階的に学び、各種試験の合格を目指します。将来は公務員として行政に携わるほか、政治活動を支える政党職員などの仕事が考えられます。弁護士や検察官など法曹の道へ進みたい場合は、大学や法科大学院への進学が必須です。

「公務員・政治・法律」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「入国警備官」
はこんな仕事です

世界各国から多くの外国人が日本を訪れているが、なかには犯罪を起こしたり不法就労を行うなど、法律に反する者も後を絶たない。このように、不法に入国・滞在している外国人を取り締まるのが、入国警備官の主な職務。仕事の内容は、入国審査官により違反者と認められた外国人の調査、摘発、収容、本国への送還まで広範囲にわたる。全国各地の入国管理局や収容センター、空港・港湾を拠点とし、数年単位で勤務先を移動するのが一般的。入国警備官には7つの階級があり、本人の努力次第で、上位の階級への昇進も可能だ。

「入国警備官」について詳しく見る