【シゴトを知ろう】ゲームプランナー 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】ゲームプランナー 編

2017.02.08

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】ゲームプランナー 編

ゲームプランナーはゲームの企画を立案するのが主な仕事。多くのゲームプランナーたちが、「ユーザーがどんなゲームで遊びたいのか?」を考えてニーズに合ったゲームを世に送り出し続けています。
サイバーエージェントグループで働く平山拓己さんは、ゲームプランナーの仕事に就くまでは、あまりゲームをされなかったとのこと。現在の仕事にたどり着くまでのお話やお仕事のやりがいなどについて伺いました。

この記事をまとめると

  • スマホゲームは24時間365日プレイ可能。うれしい反面大変なことも
  • やりたいことを絞れなかった。だから、やりたいことを探せる会社を選んだ
  • ゲームの達人、初心者……。自分の強みを生かした働き方がある

必要なのは企画力と調整力!

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えて下さい

入社してすぐにゲームプランナーとして運用タイトルを担当し、その後は運用タイトルのプロジェクトマネージャーという形でチームを引っ張る仕事も経験させていただきました。現在は、新規ゲームの立ち上げにアシスタントプロデューサーという立場で携わっています。

<一日のスケジュール>
9:30 出社
    メール確認
10:00 メンバーが出社
    自分が所属する部署の朝会で各自の業務を確認
12:00 メンバーとランチ
13:00 さまざまな部署とのミーティング、企画内容についてブレスト(*)
    進捗確認のミーティングなど
21:00 帰社

* ブレスト:ブレーンストーミングの略。限られた時間内で話し合い、アイデアを出し合う会議手法のこと。


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

絶対に自分一人ではできないことを、チームで実現できるのがこの仕事の大きな魅力だと思います。元々ゲームに詳しいわけではなく、高いデザイン能力も無ければプログラミングなどの能力も無いのですが、「こうしたい」という意見を出してそれに賛同してもらうことができれば、形にすることができるのが楽しいと思います。


Q3. 仕事で大変なこと・辛いと感じることはありますか?

ゲームをプレイしてくれるお客さまは年齢や性別がバラバラなので、考え方もさまざまです。スマートフォンゲームの場合、24時間365日さまざまな場所で遊んでいただけるというのはうれしい半面、大変なこともあります。
何か不具合があれば緊急対応して復旧させることもありますが、それだけ多くのユーザーさんに愛されている証拠だと思うので、大変というよりはやりがいにつながっています。

ゲームに携わるきっかけは、一緒に働きたいと思う先輩たちの存在

高校時代はサッカー一筋。とことんやった経験が仕事にも生かされている

高校時代はサッカー一筋。とことんやった経験が仕事にも生かされている

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?

特殊なので、もしかするとあまり参考にならないかもしれませんが……。
なかなかやりたいことを絞り込むことができなかったので、「もしやりたいことが見つかったときに、やりたいことができる会社に入ろう」と思って就職したんです。
内定者時代は営業としてアルバイトをしていたのですが、配属を考えている時にゲーム事業に自分と感覚や話が合う先輩が多いことに気が付いて。「この人たちと一緒に仕事がしたいな」と思ったことが、ゲーム事業をしているサイバーエージェント子会社のサムザップへの配属を希望したきっかけです。


Q5. 大学では何を学びましたか?

スポーツ科学の勉強をしていました。内容としてはスポーツビジネスですね。「将来的にスポーツに関わる仕事ができたらいいな」という想いがありました。今も、その想いは持ち続けています。
ビジネスの勉強という点では、大学時代に学んだものは生きていると思います。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

高校生の頃はずっとサッカーをしていて、そこに集中していたので、特に「将来こうなりたい」ということを深く考えることはありませんでした。
「プロサッカー選手にはなれないだろうな……」という思いがどこかにあって、でも、サッカーに関わるような仕事ができたらいいなとは思っていました。それでスポーツビジネスについて学ぼうと思い、大学も選びました。

実は、サッカーでの経験が現在の仕事に生かせている部分もあると思っています。チームのメンバーの動かし方やこういうふうに話したら、こういったアプローチをしたら、より納得してもらえるかな? といった考え方というのは、実際に仕事で使っていることも多いですね。

高校時代はサッカー、今は仕事。「とことんやること」が変わっただけ

Q7. どういう人がゲームプランナーの仕事に向いていると思いますか?

気が利く人、おもてなしの心を持っている人ですかね。ゲームをプレイする人の気持ちを考えることができなければ、いいゲームを作ることはできないと思います。
そして、人のために何かをすることが好きな人というのも向いていると思います。プランニングでは、メンバー間の調整やスケジュールの調整なども担うことになりますので。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします

「何かを一生懸命とことんやる」というのは、どんな仕事にも当てはまると思います。私の学生時代の場合はそれがサッカーだったのですが、仕事も同じことです。やること、やりきることが変わるだけだと思うので。

一緒に働いているメンバーには学生の頃からすごくゲームをしていたという人も多く、そういう人たちは自分の体験を基に提案をすることができるんですよね。そんな姿を見ていて「すごいな」と感じる場面もあるので、ゲームを作りたいと考えている人は、ゲームをとことん追求してみるのもいいと思います。
「わざわざゲーム機を手に取ってまでゲームをしない」という人でもする機会があるのがスマートフォン向けのゲームだと思います。「普段ゲームをしない人にプレイしてもらいたい」というコンセプトのゲームであれば、ゲームの経験があまり無い人の意見も貴重になると思いますので、そういった人がゲームに携わる仕事を目指すのもおもしろいと思います。


サッカーとゲームプランナーの仕事はつながらないように思われますが、チームのメンバーへの指示の出し方など、思いもよらないところで経験が仕事に生きてくるというパターンもあるようです。
デザインやプログラミングが苦手な人でも「ゲームが好き」という気持ちがあれば、プランナーという形でゲーム作りに関わることを考えてみてもいいかもしれませんね。


【profile】株式会社サムザップ アシスタントプロデューサー 平山拓己

この記事のテーマ
コンピュータ・Web・ゲーム」を解説

デジタル情報をつなぐシステム構築をはじめ、webやゲーム、アニメーション、映画など、メディアやコンテンツを創り出します。コンピュータの設計・開発などを学ぶ情報処理系と、アニメ・ゲームなどの制作を学ぶコンテンツ系があります。また、ビジネスの現場で広く使われているアプリケーションを使いこなすスキルを身につける授業もあります。

「コンピュータ・Web・ゲーム」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ゲームプランナー」
はこんな仕事です

ゲームソフトの設計、ストーリー、キャラクター、仕掛けなど、ゲーム開発に関するアイデアを出す仕事。エンドユーザーのニーズや市場動向を探り、ヒットするゲームを企画立案。全体のシナリオを作成しプランをまとめ上げたら、制作チームに指示を出す。幅広い工程に携わる仕事で、制作に関する知識はもちろん、新しいものを生み出すための発想力が仕事を成功に導くカギとなる。また、内部スタッフと関わるだけでなく、外部に向けてのプレゼンテーションや交渉を行うため、高いコミュニケーション能力が必要とされる。

「ゲームプランナー」について詳しく見る