【シゴトを知ろう】狂言師 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】狂言師 編

2017.02.15

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】狂言師 編

面をかぶり悲劇が演じられる“能”とは対照的に、“狂言”は人間味あふれる表現で演じられる喜劇です。おっちょこちょいな人やずる賢い人たちの失敗談が愛嬌たっぷりに演じられ、人間のおかしさを楽しめる舞台です。室町時代から続く“大蔵流”の子孫で能楽師狂言方として活躍する大藏基誠(おおくら もとなり)さんに狂言のお仕事について伺いました。

* “狂言師”はメディア等で使われる通称で、正式には“能楽師狂言方”といいます。

この記事をまとめると

  • 狂言は“笑い”をベースにした伝統芸能の舞台
  • 毎日が100点を取らなければいけない期末テストのような仕事
  • 失敗すら無駄にならない。全てが糧になり人間味になる

狂言をファッションとして楽しめる場も提供

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えて下さい

狂言は“笑い”をベースにした伝統芸能の舞台です。僕は大蔵流の子孫として能楽師狂言方を務めています。全国いろいろな場所で舞台をしており、能楽用の舞台がない場所でもお座敷やホールなどに特設舞台を組んで行うこともあります。お声がけいただいて出演することもあれば、自主企画の公演を開催することもあります。

例えば「狂言ラウンジ」という自主公演は、東京・渋谷のセルリアンホテル内にある能楽堂で日本料理店の金田中さんとコラボして年6回ほど開催しています。スタイリッシュな大人の空間で老舗料亭の料理やお酒を提供したり、現代劇と組み合わせたり。狂言をファッションとして楽しんでいただきたいという思いで作っており、舞台の企画から俳優さんの手配まで全て自分で行っています。

<一日のスケジュール>
9:00 楽屋入り
10:00 舞台開演(30分〜1時間程度の公演を数公演)
14:00 終演、翌日の稽古


Q2. どんなときに仕事の楽しさ・やりがいを感じますか?

舞台に立ってお客様の笑顔を見られることに一番やりがいを感じます。舞台は生ものですから、反応があった瞬間が一番楽しいですね。舞台からお客様の様子はよく見えるのですが、“見ている”というより“一体感を感じている”という感覚なんです。今の時代はどうしても映像のほうを観る機会が多いかもしれませんが、その空間や時間を一緒に過ごしているということが舞台ならではの魅力です。


Q3. 仕事の大変さを感じるのはどんなところですか?

一番は体調管理です。代わりがいないので最も気を使うところです。あとは毎日違う舞台を行いますので、常にセリフを覚えないといけないところです。わかりやすく言うと“毎日が期末テスト”のようなものです(笑)。しかも舞台は一期一会なので毎回100点を取らないといけません。でもそれこそがやりがいを感じるところでもあります。

世襲とはご先祖様から預かったものを子孫に受け継いでいくこと

Q4. どのようなきっかけでこのお仕事に就きましたか?

狂言は基本的には世襲制であり、僕も代々家に受け継がれてきたものとして自然な流れでこの仕事を始めました。小さい頃から取り組んでいたので迷いもありませんでした。親の後を継ぐということは八百屋さんでも魚屋さんでもそうだと思いますが、代々伝わっているものを自分の代で潰すことはできないんです。なぜかと言うとそれはご先祖様から預かっているものであり、自分たちの子孫に受け継いでいく使命を負ったものだからです。


Q5. 大学ではどのようなことを学びましたか?

大学では演劇科に入り、演技だけでなく照明や大道具など、舞台を作るためのあらゆる仕事について学びました。将来のいろいろな可能性について探ったときに、狂言以外の芝居や演劇にも興味が湧いたんです。狂言は伝統芸能ではありますが、ある意味演劇でもあるためつながる部分が多くあるんです。


Q6. 高校生のときに経験したことで現在のお仕事につながっていると感じることはありますか?

うちの父はスポーツでも遊びでも「何でもしなさい」と言う人でした。そういうものが芸につながるんだという考えを持った人で、僕も経験してきたこと全てが今につながっていると感じています。男同士のケンカをするようなやんちゃな時代もありましたが、そこから学んだこともあります。

昔、父と道を歩いていたときに酔っ払った人がいて、父に「よく見ておけ。あれが千鳥足だ」と言われたことをよく覚えています。本当に絵に描いたような千鳥足だったんです(笑)。その後舞台で酔っぱらいの役をやるときに生かせました(笑)。無駄になることは何もないんです。失敗だって成功のもとです。何があってもそれが糧になり、人間味になります。

「なぜ?」と思う気持ちが大事

Q7. どういう人がこの仕事に向いていると思いますか?

稽古次第の世界ですから、誰にでも向いていると思いますよ。弟子入りすれば誰でも能楽師になれます。努力が全て形になるのでやりがいのある仕事ですよ。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします

「人間って何なんだろう?」と考えたりするその「なぜ?」という気持ちを大切にしてください。物を見ても「何でこういう形なんだろう?」「何でここにこれがあるんだろう?」と疑問を持ってください。昔からある物には絶対に意味があります。だから重みが増すんです。人間も同じです。「何でこの仕事をしているんだろう?」と考えたときに、ただお金を稼ぎたいから以外の意味を一つ持つことができたら、人間として大きくなれると思います。


“毎日が100点を取らなければいけない期末テスト”というのは高校生のみなさんにはリアルに響きそうですね……。でも舞台から見える“お客様の笑顔”によって努力が大きく報われるお仕事のようです。興味を持った方は、まずは全国にある能楽師の稽古場を見学してみるとよいのではないでしょうか。


【profile】能楽師大蔵流狂言方 大藏基誠(おおくら もとなり)
HP:http://www.motonari.jp
日本芸術文化振興会:http://www.ntj.jac.go.jp

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「狂言師」
はこんな仕事です

能と対を成す伝統芸能、狂言。冗談や洒落がベースとなり、庶民感覚の台詞劇による笑いの芸術だが、その役者である狂言方が狂言師である。現在は、大蔵流と和泉流の2派によって受け継がれている。基本は世襲制度のため、一般の人が入門するのは難しいが、日本芸術文化振興会が手掛ける養成事業で、国立劇場に付属する伝統芸能伝承者養成所が行う能楽三役の一般公募にチャレンジするか、狂言師に弟子入りすることで、狂言師をめざすことができる。

「狂言師」について詳しく見る