【シゴトを知ろう】児童相談員(児童福祉司) 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】児童相談員(児童福祉司) 〜番外編〜

2017.02.15

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】児童相談員(児童福祉司) 〜番外編〜

前回の記事、「【シゴトを知ろう】児童相談員(児童福祉司) 編」では、神奈川県中央児童相談所・子ども支援課の開嶋智明(かいしま・ともあき)さんにお話を伺いました。虐待、家庭内暴力、非行、不登校といった問題に真摯に取り組む開嶋さんのお話に惹きこまれた人も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では、番外編として、お仕事の「あるある」や、知られざる一面についてお話を伺ってみました!

この記事をまとめると

  • 時間の感覚がなくなりがちで、「もう23時なの?」となることも
  • 親と面談する際、初回は上司などを交え、複数名で対応する
  • 家庭が一歩一歩まとまっていったとき、「次も頑張ろう」と思える

児童相談員の仕事は、時間の感覚がなくなりがち

――このお仕事ならではの、仕事上の「あるある」なことを教えてください。
 
私の場合ですが、時間の感覚がなくなりがちですね。この仕事は、相談者の都合に配慮し、かつ緊急の要件も発生することがあるので、事務処理などはどうしても遅い時間にせざるを得ません。気が付いたら「えっ、もう23時なの?」ということも……。特に施設に入所している中高生との面会は、学校が終わった後でしか実施できないので、施設訪問自体が夜遅くなることもあります。

児童福祉司には、「聞き上手」の人が多い

――児童福祉司には、どんな性格の方が多いのでしょうか?
 
「聞き上手」の人が多いと思います。私の周囲の先輩方も、話を聞くのがうまくて、しかもよくほめてくれます。ちょっとミスをしてしまったときも、「大丈夫だよ」とフォローしてくれます。それは、自分のモチベーションアップにつながりますね。子どもや親と面接を重ねてきているので、そういった対応ができるのだと思います。

 
――このお仕事では「聞き上手」にならなければいけない一方で、親が間違っていることをしている際には、指摘しなければいけないと思います。相手の話のペースに巻き込まれないようにするために、どのような工夫をされているのですか?
 
そうですね。もちろん、客観的に見て正しくないことに対しては、しっかりと伝えなければいけません。親との面接は複数回行うのですが、初回は上司をはじめとした他の職員と複数で対応するように心がけています。ケースによって、それ以降は、福祉司が一人で対応することもあります。

子どもや親からの「ありがとう」の一言がうれしい

――このお仕事について、業界外の人に話すと「意外だ」と驚かれることは何かありますか?
 
児童相談所は、開所時間が平日8時30分から17時15分までと決まっているため、それ以外の時間帯は働いていないと思われているようです。でも実際には、遅い時間まで働いていることが多いです。土日祝日なども緊急の呼び出しがあって、対応しなければいけないこともあります。
 
 
――最後にお仕事の中で、一番の思い出について教えてください。
 
やっぱり、子どもや親からの「ありがとう」の一言がうれしいですね。「やってよかったな」という気持ちになることができます。対応し始めたばかりのときは、「これから、どうなってしまうんだろう?」と不安になってしまうような家庭が、一歩一歩まとまっていき、安心材料が増えていくこともうれしいですね。「次も頑張ろう」と思います。
 
 

テレビドラマやマンガの題材にもなっている児童相談員。しかし、現実は物語の世界よりも過酷だと開嶋さんは話します。今度、ニュースで児童相談所が取り上げられた際は、ぜひ興味を持って見てみてくださいね。
 
 
【profile】神奈川県中央児童相談所 子ども支援課 開嶋智明
【取材協力】神奈川県庁

※メイン画像はイメージです。

この記事のテーマ
福祉・介護」を解説

現場で福祉を担う介護福祉士などのスペシャリストや、福祉サービスの企画・提案ができる人材を育成します。通常の生活を営むことが困難な人の生活を助けるための専門知識、技術を身につけ、職種により就業に必要な資格取得を目指します。高齢化が進む中、精神的なケアや寝たきりを防ぐための運動指導など、必要な専門知識や技術も幅広くなっています。

「福祉・介護」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「児童相談員(児童福祉司)」
はこんな仕事です

「地方公務員採用試験」に合格し、かつ「児童福祉司」任用資格を満たした上で、行政機関である児童相談所に勤務し、調査に基づく診断と指導を行う仕事。相談者からの養護、障がい、非行、育成の訴えに対し、社会学の視点から問題解決に努める。たとえば、学校から不登校の相談を受けた場合、担当教師や教育委員会と連携を取りながら、家庭内暴力や保護者からの虐待の有無、子どもの性格や家庭環境、所属集団との関係などを多角的に調査。個々の状況に応じ最適な指導をすることで、子どもたちの健全な成長に寄与する。

「児童相談員(児童福祉司)」について詳しく見る