【シゴトを知ろう】トラック運転手 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】トラック運転手 〜番外編〜

2017.02.13

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】トラック運転手 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】トラック運転手 編」では、「株式会社NAO」のトラック運転手、永嶋郁也さんに普段の仕事の様子やトラック運転手の楽しさ、大変なところについて教えてもらいました。

今回は番外編として、この仕事ならではの「あるある」など、より詳しくトラック運転手の仕事について掘り下げてみました。

この記事をまとめると

  • ガソリンスタンドには、シャワーがあるところも!
  • 国の施策で「トラガール」を推進している
  • 熊本地震の被災地のために大量の水をトラックで輸送した

運転しているとトラック車内が「1人カラオケ状態」になる

――トラックドライバーならではの、仕事上の「あるある」なことがあれば教えてください。

1人で運転しているので、車内で音楽を聴いていると一緒に歌って「1人カラオケ状態」になっている運転手は多いと思います。また仕事柄、いろいろな土地に行くことができるため、自然に地理に詳しくなることができるのも「あるある」かもしれません。また、道中で会う他県ナンバーの運転手から興味を持って話しかけられることもあります。


――トラック運転手にまつわることで、意外と知られていない知られざる事実やトリビアがあれば教えてください。

ガソリンスタンドにシャワーがあることをほとんどの一般の方は知らないのではないでしょうか(一部の大手ガソリンスタンドチェーンで利用できる)。それに、トラックの後部座席にベッドがあることもあまり知られていないと思います。

また、「トラガール」(トラックガール)を国の施策で推進していることをご存じない方も多いかもしれません。国土交通省自動車局では、トラック運送業界における女性の活躍を促進するために、女性トラックドライバーを「トラガール」と名付け、「トラガール促進プロジェクト」として、さまざまな取り組みも行っています。ちなみに、当社の社長もトラガールです。

法定速度を守り、法令順守の徹底が大事

「株式会社NAO」のトラック運転手・永嶋郁也さん

「株式会社NAO」のトラック運転手・永嶋郁也さん

――貴重品や重要な書類を配達することも多い仕事だと思いますが、荷物を扱う上で最も気を付けているポイントを教えてください。

基本は、お預かりした商品を決められた時間に、お預かりした時の状態のままお渡しすることです。しかし、荷締めをしっかりしていなかったりスピードを出し過ぎると商品に負担がかかり、傷つけてしまう可能性があります。まずは法定速度を守り法令順守の徹底です。


――体調管理がとても大事だと思うのですが、日ごろの体調管理のために気を遣っていることや、ストレス解消法があれば教えてください。

やはり、しっかりした睡眠と食事に尽きますね。また、休みの日には趣味に興じるメリハリも大事にしています。

熊本地震の際に物資を届け、「大変な中を本当にありがとう」と感謝していただけたことは忘れない

――最後に、お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

2016年4月に熊本で地震が起こったとき、ある企業さんの水を作っているマザーウォーターさんという企業様から、被災されたみなさまに水を届けてほしいと、マザーウォーターの社長と当社の社長のつながりから依頼がありました。遅い時間でしたが、ドライバー2名体制で熊本県の益城町まで行くこととなりました。通常のフォークリフトやクレーンで積み込む商品と異なり、手でペットボトルの入った段ボールを積載制限いっぱいに積み込み、出立しました。いつもと違う作業内容に戸惑いながら、また同時に手で積み下ろす大変さを経験することができました。

熊本に向かうまでには、どこも渋滞でしたが、トラックドライバーの真価は多くの道を知っていることでありドライバー2名で裏道を通り、少しでも早くお届けする努力をしました。現地ではスタッフの方々が出迎えてくれ、みなさんで荷台の水を下ろしてくれました。一番大変だったのは被災されたみなさんだったと思いますが、「大変な中を、本当にありがとうございます!」とお声がけいただいたことを忘れません。いつでも「ありがとう」という言葉から、元気とやる気をいただきます。


国内の貨物輸送の大半を占めているトラックによる貨物輸送は、日本の経済を支える上で大きな役割を果たしています。そして、現代では永嶋さんが経験したように、震災により被害を受けた土地に大量の生活物資を届ける上で欠かせない存在といえるでしょう。社会の役に立つ仕事をしたいと思っている人には、多くの人々に必要とされるトラック運転手は、とてもやりがいのある仕事ではないでしょうか。


【profile】トラック運転手 永嶋郁也
【取材協力】株式会社NAO
http://www.nao-inc.com/

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わるスキルを学びます。自動車、飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざまで、特定の資格が求められる職業も多数あります。宇宙については、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「トラック運転手」
はこんな仕事です

荷物の運搬などに最も多く利用されるトラック。短距離から長距離まで、積載量によりさまざまな大きさのトラックを運転し、荷物を運ぶのがトラック運転手の仕事だ。トラックには宅配便などの自社企業専門のものもあるが、多数の企業と運送契約をし、行きと帰りで異なる企業の荷物を運ぶトラックが多い。必須の免許は普通一種免許のみだが、大型一種免許やけん引免許があると、積載量に関わらず運行ができ、仕事の幅も広がる。遠距離での深夜運転や、重量のある荷の積み下ろしもあり、体力が必要な仕事ともいえる。

「トラック運転手」について詳しく見る