【シゴトを知ろう】カラーセラピスト ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】カラーセラピスト ~番外編~

2017.01.25

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】カラーセラピスト ~番外編~

カラーセラピーは色の持つ意味から性格や深層心理を読み取り、その人の抱える悩みや問題の解決を導くものです。カラーセラピストの関口まゆみさんは、対面のセラピー以外にもメイクの色選びに関するコラムを書いたり、通信講座を始めたり、「色」を効果的に使う方法を広く発信しています。具体的にどんなことをされているのか伺いました。

この記事をまとめると

  • 色の話を通して悩みやなりたい姿を引き出し、アドバイスをする仕事
  • 売れている営業マンは色を使った第一印象の効果を知っている
  • セラピーはその人に響く言葉を選ぶことが重要

セラピーはドアを開けて入って来たときから始まる

――カラーセラピーはどのような流れで行われるのでしょうか

セラピーはその人がドアを開けて入って来たときから始まります。例えば元気に振る舞っているけど空元気なんじゃないかということが、15年ほどこの仕事をしていると、その方の雰囲気や身にまとっている色をひと目見てわかるようになるんです。その第一印象を覚えておきます。そして席に着いてお話をしながらも常に情報を読み取り、その後選んでいただいた色から今の体調やストレスの状況、その方の性格、こうありたいと思う姿を推察します。それを最初の印象と照合して分析し、その方の理想に最大限に近づけるようアドバイスを行います。色の話からその人の内面を引き出していくため、男性でもセラピーの途中で涙を流される方がいます。


――男性のお客様もいらっしゃるんですね

個人でカラーセラピーを受けに来られる方もいますし、企業の新入社員研修でネクタイの色選びをアドバイスすることもあります。以前1年間アルバイトをしていた会社で営業マンを観察してわかったのですが、売れている営業マンはスーツケースの中に4色以上のネクタイを持っていて、会う人によって自分の印象をカメレオンのように変えていたんです。人の第一印象は数秒で決まると言われますが、マイナスの印象から商談をスタートすると、巻き返すためのパワーがものすごく必要になり、肝心なところに労力を割くことができなくなります。売れている営業マンの方々はそれをよくわかっていて、有利な第一印象を作るために「色」を使い分けていたんですね。

「似合わないけど好きな色」は捨てなくてもいい

――化粧品の口コミサイトで連載している色のコラムが大きな反響を呼んでいるそうですが、どんな内容なのでしょうか

サイトの女性読者の皆さんには似合う色がわかる「パーソナルカラー診断」を受けたことはあっても、自分の肌色に似合う化粧品の選び方はわからないという人が多かったんです。服を買うときにタグに書かれたサイズを見て選ぶように、化粧品にも「この肌色の方におすすめ」とパッケージに表示されていればいいのにと思ったことがきっかけで、そのコラムを書き始めました。さまざまなブランドのアイシャドウ・チーク・リップカラーの色番を、どの肌色タイプに似合うか振り分けて紹介した内容で、おかげさまで反響をいただき、最近は化粧品ブランドから直々に同様の依頼をいただくこともあります。色の話がメインではありますが、読者の皆さんが気になる保湿性や色持ちなども併せてチェックして紹介しています。


――自分の持っているコスメや洋服を「似合う色」「似合わない色」に振り分けてもらうこともできるそうですね

はい。先日はお手持ちのコスメを100点以上持って来られたお客様もいらっしゃいました(笑)。その人に似合う色を診断し、1色ずつ腕につけて太陽の光で見て、蛍光灯の下で見て、光と角度によっての見え方を確認・分析する作業をマンツーマンレッスンの時間内で行いますので数が多いと大変です(笑)。洋服を全てスーツケースに入れて持ってこられる方もいます。

でも「似合わないけど好きな色」というのもありますよね。お客様には「その色は捨てないで、使いたいときに使ってください」と伝えています。大事な会議や結婚式、デートなど人に会うときは似合う色を付けることをおすすめしますが、それ以外は好きな色を使えばいいと思うんです。男性の場合は選択肢が少ないほうが嬉しいようですが、女性は逆で、たくさんある中から選ぶことに幸せを感じたりしますから。


――そうした相談者さんの思いを汲んであげることもセラピストとして大切なことなのでしょうか

そうですね。特に女性の場合、「本当のことを知りたい」という思いと「でもキツイことは言われたくない」という相反する思いを持っているものです。複雑でちょっとわがままなところがあったりします。でもコスメには女性を「これ1つで心が上がる!」という気持ちにさせる力があります。女性は目指しているものが心の中にたくさんあって、それを諦めたり妥協したりしているものだと思いますが、コスメにはそこを補う力があります。だから機械的に「似合う」「似合わない」と振り分ければ良いというものではないんです。私はそうした人の内面に興味があります。長年人の心を見続けてきたことで、今ではどのような言葉を選べばその人に響くのかがだんだんとわかってくるようになりました。


――今後はその色に関する知識をより多くの人に届けられるよう、通信講座も始められるそうですね

はい。以前、カラーレッスンでお渡しているパーソナルカラー診断の資料を期間限定で販売したところ、これまで遠方で受けられなかった方にすごく喜んでいただけたんです。私は資料を丁寧に作ることも好きなので、色に関するワークブック型の資料に加え、パーソナルカラー診断や私への質問をオプションで利用いただける通信講座を始めようと思って準備しているところです。資料では色の専門用語は使わず、女性の興味に沿ったわかりやすい内容を心がけています。

見た目のコンプレックスは色でいくらでも変えられる

――カラーセラピスト特有の職業病のようなものはありますか?

電車で座っている人を見て、端から順に「この人は春タイプ」「この人は秋タイプ」と勝手にパーソナルカラー診断をしてしまいます(笑)。買い物をしていても誰かが色の話をしていると聞き耳を立ててしまいます。化粧品売場で「青みピンクが流行っているらしいよ!」と言ってその方に合わない色をレジに持っていこうとするのを見て「もっと別の似合う色があるよ!」と引き止めたくなることもあります。もちろんそんなことはできませんが(笑)。


――でも「自分に似合う色を知りたい」と思う人は多いでしょうね。今後チャレンジしたいことはありますか?

パーソナルカラー診断を高校の必修科目にしてほしいです! モテたいと思う男の子や女の子にもいいんですよ(笑)。高校生は可能性のかたまりで自分にワクワクすることだらけのはずですが、一方で友達の目を気にする多感な時期でもあります。でも探し求めている“答え”は友達の中ではなく、自分自身の中にあるものです。まずは鏡で自分の姿を見て、好きなところはどこか、なりたい姿はどうなのかを知ることから始めましょう。見た目のコンプレックスは化粧品やファッション、髪の色などでいくらでも変えられます。高いものを買う必要はありません。数百円でもいい口紅はあります。そういうことを高校生の皆さんに伝えていきたいです。


関口さんによると高校生向けにパーソナルカラーの授業をやるなら、診断を受ける人の顔にいろいろな色の生地を合わせて、対面にいるクラスメイトたちの反応を見る形式が盛り上がるそうです。本人は似合わないと思っていた色でも、顔に合わせた瞬間にみんなが一斉に「似合うじゃん!」と反応するときがあるそうです。おもしろそうですよね。興味がある人は先生に頼んで関口さんの授業を実現してみてもいいかもしれませんね。


【profile】カラーセラピスト 関口まゆみ
Blog:http://sekiguchimayumi.blog.fc2.com
アットコスメBlog:https://www.cosme.net/beautist/myblog/7790

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「カラーセラピスト」
はこんな仕事です

色が持つ意味や効果を活用して心理療法を行う仕事。心身の悩みを抱えた相談者の話を聞いて本人に色を選ばせたり、解決のために必要な色を選び、その使い方をアドバイスしたりする。相談者の状態に合わせて、気持ちが落ち着く色、気分が高揚する色などを的確に選ぶためには、養成講座などを受講して資格を取得し、専門知識と技術を高めておく必要がある。一般的にはサロン勤務か独立開業のいずれかの道で就業するが、並行して出張セラピーを実施したり、セラピスト講座を開催したりして収入の安定を図るケースも多い。

「カラーセラピスト」について詳しく見る