【シゴトを知ろう】皇宮護衛官 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】皇宮護衛官 編

2017.01.25

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】皇宮護衛官 編

皇宮護衛官(こうぐうごえいかん)という職業を知っていますか? 
警察庁の附属機関である「皇宮警察本部」に所属している国家公務員であり、皇室守護を専門とした唯一の警察組織です。とても重要なお仕事であるのにもかかわらず、意外とその内容が知られていない皇宮護衛官。ちなみに高校生向けのメディアでお仕事の内容を紹介するのは初めてとのこと。皇宮護衛官として働く大久保匡洋さんに貴重な情報を伺いました。

この記事をまとめると

  • 大久保さんの勤務は「4交替制」
  • 馬に関わる仕事を探した結果、この仕事に
  • 語学堪能な皇宮護衛官、急募中!?

朝も昼も夜も! 交替制でしっかりと皇居を守る

乗馬用の制服。凜々しく動きやすそうです。

乗馬用の制服。凜々しく動きやすそうです。

Q1. 仕事概要と仕事のスケジュールを教えて下さい
 
皇居・御所をはじめとした御用邸や離宮などの警戒警備、天皇皇后両陛下や皇族各殿下の護衛を行なっています。私の場合、通常は皇居内の警備に従事しているほかに、式典の際に馬に乗って護衛を行う部署の業務も兼任しています。

皇宮護衛官は主に日勤制勤務(土日休み)と交替制勤務(1昼夜勤務を含む4交替制)という勤務形態があり、私は現在「交替制勤務」に従事しています。

【4交替制勤務・1日目(当番日)】
8:00 出勤
8:30 全体朝礼
9:00 ~翌日朝9:00 皇居での勤務 (乾門での警戒警備) 
(勤務する時間と休憩する時間は原則として割り振られることになっています。食事は自分で準備し、休憩時間中に適宜取っています。)

【4交替制勤務・2日目(非番日)】
9:00 勤務終了
9:00~12:00 教養や柔道、剣道、乗馬を含む各種訓練
12:00以降 休み

【4交替制勤務・3日目(週休日)】
終日休み 自主的に乗馬訓練を行う

【4交替制勤務・4日目(日勤日)】
1 吹上護衛署での勤務の場合
8:00 出勤
8:30 全体朝礼
9:00 ~17:00 皇居での勤務
2 行事(信任状捧呈式)がある場合
8:00 出勤
9:00~12:00 乗馬訓練、行事準備
13:00~ 行事準備
14:30~ 行事(信任状捧呈式)
行事終了後~17:00 片付け
翌日が再び当番日となり、このスケジュールが繰り返される勤務です

Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
皇居内ではたくさんの行事が行われ、国家元首(各国の大統領や王族など国家の長)をはじめ、国内外の要人が出席されます。警戒警備や護衛はもちろんですが、出席されるお客様方が気持ちよく過ごしていただく役割も皇宮護衛官は担っています。行事が終わり、皇室の方や出席された方がおだやかに微笑んでいらっしゃるのを目の当たりにすると、とても光栄で達成感を感じます。
私は現在「信任状捧呈式」という行事に際し、大使一行が皇居に向かう馬車列を騎乗しながら、護衛を行う任務に就いています。信任状捧呈式の任務は責任も重く緊張しますが、やはり馬に乗って護衛するという誇らしさがあります。
 
 
Q3. 仕事で大変なこと・辛いと感じることはありますか?
 
当番日は朝9:00から翌朝までの長時間勤務ですから、やはり体力は使います。それに猛暑日も雪が降っても台風がきても警備はしなければなりません。皇居を守る大切な仕事なのでそれも当然なのですが、やっぱり厳しい気候の日は正直つらいな~と思いますね(笑)。

馬に関わる仕事を経て、この職業を知った

前職の経験が生きる

前職の経験が生きる

Q4. どのようなきっかけ・経緯でその仕事に就きましたか?
 
私は大学卒業後、競走馬を調教する仕事に就いていました。ただ競走馬に乗るにはある程度体重が軽くなければならないんです。目安は55kg前後ですね。私の体格(身長180cm以上)だとそれをキープするためには、かなり体に負担がかかってしまいます。その結果体調を崩してその道を断念したのですが、何とか自身の健康を維持しつつ馬に関する技術を活かせる職業に就けないかと探したところ、皇宮護衛官という仕事があることを知りました。そこから皇宮護衛官の採用試験を受けたんです。30歳の時でした。

仕事について語る表情がとても生き生きしている大久保さん

仕事について語る表情がとても生き生きしている大久保さん

Q5. この仕事に就くための学校などでは何を学びましたか?
 
厩舎(馬を飼育・調教するところ)の経営をして競争馬の調教師になることが幼い頃からの夢だったので、大学では理系も文系も総合的に広く学べる学部を選びました。競争馬の仕事から転向して皇宮護衛官になり、最初に入学した皇宮警察学校では、法律や皇室に関する知識・柔道・剣道などの武道や消防の技術など、公務に必要な知識や技術を身に付け、またランニング等を行い体力の向上に努めました。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
父親が競走馬の調教師をしていたので幼いころから家の横に厩舎(きゅうしゃ*1)があり、物心ついた時には馬がそばにいました。もしかしたら最初の友達は人間ではなく馬だったかもしれません(笑)。でも本格的に乗馬を始めたのは高校生の頃です。その時、将来は馬に関わる仕事に就きたいとハッキリ思いました。競走馬の調教の仕事から皇宮護衛官と変遷を経ましたが、今でも馬に関わることができて幸せです。

*1 厩舎:牛や馬を飼う小屋のこと

世界各国の言語に堪能な人、求む!

これからの皇宮護衛官について熱く語る大久保さん

これからの皇宮護衛官について熱く語る大久保さん

Q7. どういう人がその仕事に向いていると思いますか?
 
組織で同じ目標を持って、それを達成する手ごたえを知っている人はこの仕事にやりがいを感じると思います。また勤務地も各御用邸や、皇族方が訪問されるさまざまな場所など多岐にわたりますので、そういった変化を楽しめる柔軟性もあるといいです。あと得意な分野があればどんどん伸ばしてほしいです。武道やバイク・マラソン・スキー・テニスなどの特技を持っている人、特に語学に興味のある人は、ぜひ極めてください。英語はもちろんですが、さまざまな国の言語ができる人が仲間になってくれたら嬉しいです。皇居にいらっしゃっる海外からの観光客もますます増えていますし、東京五輪に向けて語学力が必要となっていますので。
 
 
Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします
 
この記事で「皇宮護衛官」という仕事の存在を初めて知った方も多いのではないでしょうか。関東近郊にお住まいなら、一般参賀(*2)などに来てもらえたら、そこで働く私たちを見るでしょうし、地方でも天皇皇后両陛下はじめ皇族の方々が参加される行事には、必ずそこにも私たちはいます。よかったらそういう機会に“これが皇宮護衛官か”と、少しでも興味を持ってもらえたら嬉しいです。

*2 一般参賀(いっぱんさんが)とは、新年1月2日と天皇誕生日に開催されている皇室行事。


皇室守護において、とても重要な役割を果たしている「皇宮護衛官」。日々の穏やかな皇居の様子、つつがなく行われる公務は、彼らの日々の鍛錬と強い責任感が支えているのですね。目立つことは少なくとも、とても誇り高い職業なのだと、大久保さんの凛々しい表情が語っていました。
 
 
【profile】
皇宮護衛官 皇宮巡査部長
吹上護衛署兼護衛部護衛第一課 大久保匡洋

この記事のテーマ
公務員・政治・法律」を解説

公務員採用試験などの対策や司法書士など法律関係の資格取得のための学びが中心で、官公庁や行政機関の採用試験科目を段階的に学び、各種試験の合格を目指します。将来は公務員として行政に携わるほか、政治活動を支える政党職員などの仕事が考えられます。弁護士や検察官など法曹の道へ進みたい場合は、大学や法科大学院への進学が必須です。

「公務員・政治・法律」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「皇宮護衛官」
はこんな仕事です

天皇陛下をはじめとする皇室の方々と、皇居を守ることが仕事。警察庁に所属する国家公務員であり、皇室の方々を守る「護衛」と、皇居や御用地を守る「警備」とに大別される。いずれも高い教養と折り目正しい振る舞いが求められ、採用後に入学する皇宮警察学校では法学や武道に加え、語学や書道、華道などの知識も身に付ける。とくに天皇陛下や皇族の方々の最も近くで護衛する「側衛官」は、皇宮護衛官の中でも重要視されていて、語学力や日本の伝統文化の素養など、幅広いスキルを求められる。

「皇宮護衛官」について詳しく見る