【シゴトを知ろう】警備員 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】警備員 ~番外編~

2017.01.27

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】警備員 ~番外編~

警備員の業務の一つに“万引きGメン”という、店内を巡回して万引き犯を捕まえるお仕事があります。この“万引きGメン”のパイオニアである会社で働く綱島雅夫さんに、業界の裏話や、最近の万引き犯の実態について伺いました。

この記事をまとめると

  • 巡回して捕まえるだけではなく、未然に防ぐシステムが今後は主流に
  • 万引きGメンは年代や性別に関係なく活躍できる仕事
  • グループで大量に万引きしていく悪質な万引き犯には精鋭部隊で対応

出来心でやってしまう人がほとんど

――万引きをしてしまう人にはどういう人が多いのでしょうか

例えば100人の万引き犯を捕まえたとして、悪質な常習者はそのうち1~2人程度。ほとんどはお店の商業圏に住んでいる方で、出来心でやってしまった方なんです。僕たちの仕事は罪人をつくることではないので、万引きさせない環境づくりにも力を入れています。


――それはどんな取り組みですか?

“NPシステム”といって、防犯カメラを店内に取り付けて僕たちGメンがそれを遠隔で監視し、不審者がいたら店員さんに連絡をするシステムです。店員さんが不審者の近くで品出しを始めるだけで抑止力になるんです。また顔認証システムも取り入れていく予定で、同じ不審者が来店したらすぐわかるようになります。巡回して捕まえるだけのスタイルは今後は古いものになっていくでしょうね。捕まえたことで恨まれ、店のネガティブキャンペーンをされるというリスクもありますから。

動体視力も求められる

――万引きGメン業界の独特な用語はありますか?

「かごぬけ」はよく使います。精算せずに商品を持ってレジの外へぬけることを言います。堂々とカートを押していく人もいます。常習者ほど顔に出ないんですよ。ただ棚から商品を取った現場を見ていないと、万引き犯とは確定できません。例えば家から電球を持ってきて、これと同じものを……と探すこともありますよね。もしバッグの中に商品が入っていたとしても、そういった可能性があるからです。そんなときは顔を覚えておいて後日来店したときに見張るしかありません。今は精算の前後でかごの色を変えているお店も多いので、かごぬけされることも減りましたけどね。


――警備員になるためには何か必須条件があるのでしょうか

警備業法という法律のもと成り立っている職業なので、実はいくつか条件があります。破産宣告を受けている人はなれません。また、診断書を提出する義務があります。当たり前ですが指名手配されている人もなれません。あとは必須ではありませんが動体視力が求められるので、うちの会社では趣味で球技をやるよう勧めています。

おじいちゃん・おばあちゃんGメンも活躍

――万引きGメンにはさまざまな年代・性別の方がいらっしゃるのでしょうか

うちには70代のおじいちゃん・おばあちゃんのGメンもいて、すごく元気ですよ。巡回で毎日歩くのが健康にいいんでしょうね。巣鴨のような場所だと年配のGメンのほうが浮かなくていいんですよ。ランジェリーコーナーや化粧品売り場の仕事もあるので女性のGメンも活躍していますよ。


――服装も巡回する場所に応じて変えているのでしょうか

誰がどう見てもGメンには見えない格好をしないといけませんので、場所によって服装も意識します。お店によってはスーツではおかしいので、修理工の方が着ているようなつなぎを着たり伝票を挟んだバインダーを抱えたりと、別の職業の人を装ったりします。眼鏡などの変装小物も持ち歩いています。


――悪質な万引き犯に手こずることもありますか?

今は昔と比べてやり方も巧妙になってきています。3人1組になって、1人は見張りをして、1人はかごに入れ、1人はバッグに詰めるというように役割分担して、いろんなお店を渡り歩いているグループもいます。1対3だと追いかけられなくて泣く泣く見逃すこともあります。お酒などをネットで転売する目的で万引きする人たちも増えました。うちの会社ではそうした大量に万引きしていく常習犯は“HISAT(ハイサット)”という特殊部隊が対応します。僕もそのメンバーなのですが、4~5人の精鋭Gメンを編成し、同時に複数の不審者を追って捕まえます。


――今後はどんなことに取り組んでいきたいですか?

結局は、来た人が自分のお店だと愛着をもってもらえるお店になれば、悪さをする人は自然と減っていくのだと思います。うちの社長がよく言っていることなのですが、「一人ひとりが、思いやりという心の文化を広げていく発信基地になりましょう」というスタンスで、万引きのない環境づくりをお店の方々と一緒につくっていきたいですね。


万引きは出来心でやってしまう人がほとんど。綱島さんの会社は長年さまざまな被疑者を見てきた経験から、万引き犯を捕まえるのではなく未然に防ぐ方向にシフトしているそうです。最終的には“人の思いやり”が鍵になるというのも素敵な話ですね。


【profile】株式会社エスピーユニオン・ジャパン 綱島雅夫
HP:http://www.spujapan.com

この記事のテーマ
ビジネス・経営」を解説

法律などの専門知識を学び、文書作成などの技能を磨くほか、資格取得や検定合格を目指すカリキュラムもあります。小売業や不動産売買、経営コンサルタントや税理士など、各ビジネス分野におけるスペシャリストも育成します。国家試験の合格が求められる高度な資格を必要とする仕事もありますが、専門学校の中には受験指導に実績を誇る学校もあります。

「ビジネス・経営」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「警備員」
はこんな仕事です

人や車が行き交う場所のほか、建物や運搬物の警備を行うのが主な仕事。ショピングセンターや遊園地、駐車場など、施設の警備を行う施設警備業務、工事現場やイベントなどの警備を行う交通誘導警備業務、現金や貴金属などを警備する貴重品運搬警備業務などがある。警備する場所において、事故・事件を未然に防ぐのが最重要課題。瞬時に安全な判断を導き出せる知識と強い責任感、体力が求められる。警備員になるための必須資格はないが、交通誘導や施設警備などの知識を身に付けられる国家資格「警備業務検定」がある。

「警備員」について詳しく見る