【シゴトを知ろう】司会 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】司会 編

2017.02.01

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】司会 編

イベントやパーティー、結婚披露宴などにおいて、会場にいる大勢の人をマイク1本で仕切るのが司会のお仕事。高校生のみなさんは、音楽ライブなどで見たことがあるかもしれませんね。
大学時代のアルバイトがきっかけで司会の仕事をするようになったという長谷川敏子さん。司会という仕事の魅力や難しさ、人前で話す仕事を目指す人へのアドバイスについて伺いました。

この記事をまとめると

  • 同じマイクを持って話す仕事でもアナウンサーとは違う。司会はほぼアドリブ
  • 夢を諦めない! アナウンサー試験は不合格。でも、縁あって話す仕事へ
  • 普段から「きれいな日本語」を話せば、社会人になってから役に立つ

マイク1本、アドリブで仕切る! 予定時間内に終了させるのが重要

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えて下さい
 
さまざまなイベントやパーティーなどで、スムーズにプログラムを進行し、主催するお客さまにとっての大切なセレモニーを滞りなく進め、会場を盛り上げるお手伝いをします。
マイクを持って話す仕事なのでアナウンサーと似ていますが、アナウンサーにはたいてい原稿や台本があります。司会の場合台本があることもありますが、基本的にはイベントなどの進行表を見て、アドリブで話すことが多いです。

<ある一日のスケジュール>
09:00 仕事開始
    発声練習、当日のイベントプログラム確認など
10:30 移動
11:30 会場到着
    イベント担当者と最終の打ち合わせ
12:30 開場
13:00 イベント開始
    プログラムに沿って進行
15:00 イベント終了
    お客さまの退場を促す
15:30 イベント担当者にあいさつし、撤収
16:30 別イベントの打ち合わせ
18:00 帰宅


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
イベントやパーティーを担当した方々から、「司会のおかげでうまくいったよ。ありがとう」と言っていただけたときにやりがいを感じます。
結婚披露宴などのイベントは「一生に一度」という方が多い、とても大切なセレモニーです。主役や主催の方は緊張していますし、パーティーの場合は参加しているお客さまがお酒を飲むことが多いので、ハプニングが付きもの。それをいかにさらりと仕切るかというのも、司会者の腕の見せどころです。
 
 
Q3. 仕事で大変なこと・辛いと感じることはありますか?
 
一般の方は人生の中で数えるほどしか体験しないような場をマイク1本で仕切るので、失敗できません。特に難しいのは固有名詞です。お名前や会社名の間違いは許されないので、事前の確認が欠かせません。

また、司会者はイベントなどを予定時間内に終わらせるのが、最も大切な仕事。スピーチが長い、セレモニーが長いなど、お客さまの都合で時間が延びそうになっても、司会者が時間をやりくりして、きっちりと予定時間内に終わらせなければならないので、工夫が必要ですね。

アナウンサーの就職試験は不合格。それでも夢を諦めなかった

アナウンサーに憧れて高校時代は放送部へ。発音や発声の練習が今も役に立っている

アナウンサーに憧れて高校時代は放送部へ。発音や発声の練習が今も役に立っている

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?
 
子どもの頃からアナウンサーに憧れていました。高校を卒業して大学へ進学し、大学2年生の時から、アルバイトで戦隊シリーズやアニメのキャラクターショーのお姉さんを務めたのが、この仕事を始める直接のきっかけになりました。

就職活動をする時に、憧れていたテレビ局のアナウンサーになる試験をいくつも受けたのですが、全て不合格。それでも諦めきれずにいたところ、知り合いからベテランの司会者を紹介してもらったんです。その方から司会者のノウハウを教えていただきました。
キャラクターショーのお姉さんの経験があったので、マイクを持って人前で話すステージ度胸だけはありました。そのおかげもあって、人づてに司会の仕事をいただくようになり、フリーランスの司会者になりました。


Q5. 大学では何を学びましたか?
 
一応、法律系の学部にいたのですが勉強はあまりしておらず、アルバイトに明け暮れていました(笑)。キャラクターショーのお姉さんの他に、ホテルの披露宴会場でウェイトレスもしていたんです。
今思えば、あの時にウェイトレスをしながら生で司会者の声を何度も聞いていたことが、現在の仕事に役立っていますね。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
高校生の時は、憧れのアナウンサーになろうと、放送部に所属して毎日発声や発音の練習をしていました。明瞭な発音や発声は司会者の基本ですから、高校の部活での練習が現在の仕事の基礎になっています。

私は放送局のアナウンサーにはなれませんでしたが、マイクを持って話す、誰かに何かを伝えるという意味では、司会者もアナウンサーも同じです。今となっては、テレビ局のスタジオの中で原稿を読むよりも、イベントやパーティー会場でお客さまに喜んでいただく方が、私には合っていると思います。

ハプニングや間違いをネタにするくらいがちょうどいい

Q7. どういう人が司会に向いていると思いますか?
 
明るくて前向きで、細かいことを気にしない人が向いていると思います。司会は言葉に気をつけなければならない仕事ですが、リアルタイムでイベントやパーティーを進行しなければならないので、自分が言葉を言い間違ったりしてもくよくよしているヒマはありません。

まだ経験が浅かった頃、イベントの司会でちょっとしたことを言い間違えてしまい、落ち込みました。先輩に相談したら、「あなたが気にするほど、細かいことをお客さまたちは気にしていませんよ。それよりも、イベントを滞りなく進めることの方が大事でしょう?」と言われました。
それ以来、司会の最中は細かいことを気にしないことにしました。ハプニングが付きものなので、間違いもネタにするくらいがちょうどいいのかもしれませんね。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします
 
アナウンサーや司会など人前で話す仕事を目指す方は、普段から自分の話す言葉を意識しておくといいと思います。話すときには誰でも「話し方の癖」があって、無意識に「あの~」「え~と」などの不要な言葉を付けていることがあります。でもその癖は、聞いている人にとってあまり心地のいいものではありません。

話し方の癖は意識すれば直せるので、普段から「きれいな日本語」を話せるようにしておきましょう。口を大きく開ける、お腹から声を出すなど発音と発声の練習をしておくと、アナウンサーや司会だけではなく、社会人になってからさまざまな場面で役に立ちますよ。


司会はイベントなどの進行表を見て、ほとんどアドリブで話す仕事なんですね。ハプニングがあっても予定時間内に終了させること、話す言葉そのものよりスムーズに進行させることが重要だということも分かりました。
マイクを持って人前で話す仕事に興味のある人は、まず「きれいな日本語」を話すことを意識してみてはいかがでしょうか。


【profile】オフィスbinco 代表 長谷川敏子
HP http://www.binco-hasegawa.jp/

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「司会」
はこんな仕事です

イベント、舞台、大規模な会議などの司会進行が仕事。基礎的なアナウンス技術を持ち、スケジュール通りに進行を行えることが大前提。しかし、何より重要なことは何が起こるか分からない現場で、全体の流れと雰囲気を損ねることなく臨機応変に対応できること。そのためには、主催者との事前打ち合わせの段階で、イベントの趣旨や参加者の属性をしっかりと把握しておくことが大切。イベント運営会社の社員として勤務したり、フリーアナウンサーとして所属するプロダクションから、各種イベントへ派遣されるのが一般的だ。

「司会」について詳しく見る