【シゴトを知ろう】手話通訳士 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】手話通訳士 〜番外編〜

2017.01.17

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】手話通訳士 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】手話通訳士 編」では、「東京手話通訳等派遣センター」で手話通訳士として活躍している居山知絵さんにお話を伺いました。

記事を読んで、手話のお仕事について、もっと知りたくなったという人もいるのではないでしょうか。そこで、こちらの記事では番外編として、お仕事の「あるある」や知られざる一面についてお話を伺ってみました!

この記事をまとめると

  • 手話通訳士には、勉強熱心で真面目な人が多い
  • 習得時期や地域によって、使う手話は違ってくる
  • 聞こえない方の勤め先の面談では、関係を築くきっかけづくりができた

黒い服の集団がいると、「手話通訳士だ」と分かる

――このお仕事ならではの、仕事上の「あるある」なことを教えてください。
 
手話通訳士には、服装の指定はないのですが、黒っぽい格好をしている人が多いです。通訳する際に、聞こえない方から手や表情を見てもらうためにも、派手な格好をしない方がいいからです。手話通訳士が多く派遣される現場では、黒い服の集団がいると、遠目でも「手話通訳士がいるな」と分かりますよ。クローゼットの中も、黒・紺・グレーといった暗い色の服や、無地ものが多くなりますね。
 
 
――手話通訳士には、どんな性格の方が多いのでしょうか?
 
勉強熱心な方が多いですね。手話通訳者としての登録試験に合格しても、常に技術や知識、動き方といった技術を磨いています。またさまざまなことに関心を持ち、調べたりするような真面目な方が多いです。

国内で使われている手話の種類には、さまざまある

「ありがとう」を表す手話

「ありがとう」を表す手話

――日本と海外で使っている手話が違うということは、よく耳にします。そして、国内でも、使われている手話の種類はさまざまだとお聞きしました。これは本当でしょうか?

本当です。手話をよくご存じでない方からは、「手話って、聞こえない方には全員通じるんでしょ?」と聞かれることがありますが、実際には違うんです。具体的には、生まれたときから聞こえない方と、成人する前に聞こえなくなった方とでは、使う手話には差異があります。手話を、ろう学校で身に付けたのか、社会人もしくは大学等進学後に身に付けたのかという「習得した時期」の違いも影響してきます。また、方言と同じで手話も地域によって異なることもあり、例えば、「名前」を表す手話は、関東と関西で異なるんです。 

仕事においても、このような手話の違いには、苦労することがあります。実際に、聞こえない方に会ってから、相手の手話を把握し、それに合わせた手話で通訳することが多いです。

聞こえない方・聞こえる方の関係性を築くきっかけづくりができた

――最後に、お仕事の中で一番の思い出や達成感を感じたエピソードを教えてください。
 
聞こえない方の勤め先の面談通訳に行かせていただいたときのことです。聞こえない方は、筆談では自分の思いを伝えきれないと感じていたようです。私が手話通訳士として来たとたん、せきを切ったように、自分の思いを話し始めました。内容は、「仕事を続けようかどうか迷っている」という重いものでした。「職場では、自分が聞こえないことが理解されていない」ということを、10~15分ほど話し続けていました。

会社と聞こえない方の間で、勘違いやズレが生じていたのですが、間に手話通訳士が入って会話をしたことによって、会社には「聴覚障がいについて、もっと理解を深めなければいけない」と思っていただけました。また、聞こえない方も、「やっぱり、仕事を続けてみよう」という気持ちになってくださいました。双方の人間関係や信頼関係を築くきっかけになることができ、とてもうれしく感じたのを覚えています。
 

 
国内で使われている手話の種類に違いがあるとは、意外でしたね。手話通訳士の仕事は大変ではありますが、人と人との関係性を築くことができるやりがいのある仕事です。今度、テレビ番組などで手話通訳士の方が出ているのを見たときは、ぜひお仕事ぶりに注目してみてくださいね。
 
 
【profile】東京手話通訳等派遣センター 居山知絵
【取材協力】東京手話通訳等派遣センター
http://www.tokyo-shuwacenter.or.jp/

この記事のテーマ
福祉・介護」を解説

現場で福祉を担う介護福祉士などのスペシャリストや、福祉サービスの企画・提案ができる人材を育成します。通常の生活を営むことが困難な人の生活を助けるための専門知識、技術を身につけ、職種により就業に必要な資格取得を目指します。高齢化が進む中、精神的なケアや寝たきりを防ぐための運動指導など、必要な専門知識や技術も幅広くなっています。

「福祉・介護」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「手話通訳士」
はこんな仕事です

聴覚障がい者と健聴者との円滑なコミュニケーションの橋渡しをする仕事。手話通訳自体は資格がなくてもできるが、厚生労働大臣公認「手話通訳技能認定試験」に合格して初めて手話通訳士を名乗ることができる。通訳士には、話し手の言語を尊重する配慮と障がいを理解する姿勢が求められる。さらに語彙(い)の幅や表現力が聞き手の印象を左右するので、高い国語力と幅広い知識も必要だ。

「手話通訳士」について詳しく見る