【シゴトを知ろう】コーディネーター 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】コーディネーター 編

2017.01.04

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】コーディネーター 編

美術館やギャラリーをはじめ、さまざまな場所で個性豊かな展覧会が開催されています。日本画や西洋美術に現代アートなど、ジャンルやテーマもいろいろ。こうした展覧会の企画や運営、予算管理などを総合的にプロデュースするのがコーディネーターのお仕事です。
今回は、渋谷ヒカリエ(東京)やニューヨークで2013年から毎年開催している「MONSTER展」、オンラインポスターショップ「awesome! creators shop」を企画、運営されている庄司みゆきさんに、コーディネーターのお仕事内容などについて伺いました。

この記事をまとめると

  • コーディネーターには、アートと人とをつなげる役割がある
  • 起業のきっかけは、ビジネスプランコンテストに入賞したこと
  • 経験を重ね人脈を広げれば、仕事の可能性も広がっていく

さまざまな人との出会い、そして、理想を形にする楽しさが魅力

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えて下さい

コーディネーターの仕事は、簡単にいえばアーティストやクリエイターと人とをつなげること。アートをもっと身近に感じてもらうためにはどうしたらいいかを考え、形にしたものが展覧会です。

会社勤めの方とは違って、毎日同じ時間に起きて、同じ場所へ行って……という生活スタイルではなく、仙台(宮城県)を拠点に全国各地を行ったり来たりしていますね。事務所で仕事をしていることもありますが、仙台市のクリエイティブディレクターを務めているので、企画したイベントに参加したり、企画展の出店場所を探しに海外へ行くこともあります。

<ある一日のスケジュール>
09:00 起床
午前中 スポーツジムやヨガに行ったり、家の掃除や洗濯
12:00 出社
午後 打ち合わせ・企画や制作作業など
22:00 帰宅
25:00 就寝


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

一つ目は、出会いが多いこと。さまざまな分野で活動するアーティストやクリエイターをはじめ、業種を超えてたくさんの出会いがあります。
もう一つは、自分の力で切り開き、やり遂げる楽しさ。「MONSTER展」を例に挙げると、企画の立ち上げや作品の公募、予算や展示場所はどうするか、展示場のレイアウトは……と一つひとつ課題を解決し、思い描く理想を形にすることができます。


Q3. 仕事で大変なこと・辛いと感じることはありますか?

何か大きなことをやり遂げるには多くの方の協力が必要ですし、責任も伴います。企画展開催の前日からは、緊張のあまり、ほとんど何も食べられなくなってしまうことも。
作品を出展してくださるアーティストの方々や、協力してくださったみなさんに恩返しをするためにも、いい展示会にしたいといつも考えていますね。

働く楽しさを知ることで芽生えた「独立したい」という想い

2016年に開催された「MONSTER展」の様子

2016年に開催された「MONSTER展」の様子

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?

以前は、IT企業でプロジェクトマネージャーとして仕事をしていました。
大きなプロジェクトを自分で動かす楽しさを覚えると同時に、「独立したい!」という気持ちが芽生え始めて。どんなに辛くて大変な仕事でも、いつか独立するための修業だと思えば頑張れました。

そんな時に、起業を目指す女性を対象にしたビジネスプランコンテストに応募したところ、5位に入賞することができたんです。
その時に応募したのが、現在、運営している「awesome! creators shop」で行っているアーティストから預かった作品(ポスター)をオンラインで委託販売するという企画です。

「MONSTER展」の企画が生まれたきっかけは、2011年の東日本大震災でした。
「awesome! creators shop」に作品を提供してくださっているアーティストの方々から、収益を復興に役立ててほしいという申し出がありました。その気持ちが本当にうれしくて、お礼の意味を込めて、東京・原宿で「ありがとう展」を開催したんです。

この企画をさらに発展させたものが「MONSTER展」です。最大の目的は、「何かしたいけれど、何ができるのだろう」から「自分にも何かできるかもしれない」と感じてもらうこと。
アーティストも来場者も、楽しみながらチャリティに参加できるエキシビジョンを目指しています。


Q5. この仕事に就いてから何を学びましたか?

専門的な知識がない状態で就職したので、独学でデザインやWeb制作、マーケティング、経営やプロジェクトマネジメントにまつわることなどを学びました。
とにかく知識と技術を身に付けようと、MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)や情報処理技術者試験 プロジェクトマネジメント・スペシャリスト、ウェブ解析士など、さまざまな資格も取得しました。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

高校生の頃は、まさか自分が今の職業に就くなんて想像もしていませんでした。
高校生の頃から絵を描くことは好きでしたが、学校の美術部はなんだか怪しくて入部しなかったんです(笑)。学生時代はバンド活動とアルバイトに明け暮れていました。

社会人になってから、本当の勉強がスタートする

Q7. どういう人がコーディネーターに向いていると思いますか?

「コーディネート」という言葉には、物事を調整すること、間に立ってまとめることという意味があります。企画立案・運営はもちろん、PR活動からお金の管理に至るまで、一つのイベントをトータルで管理する能力が求められます。
それから、コミュニケーション能力。出会いに恵まれているので、人脈を広げれば広げるほど、チャンスも仕事の幅も広がっていきますよ。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします

大人になったら、あるいは社会人になったら勉強しなくてもいいと思っているかもしれませんが、それは大きな間違い!
私自身が、アートやデザインの知識が何もないまま今の職業に就いたからということもありますが、むしろ社会人になってからの方が断然、勉強量は多いです。
現在も、学芸員の資格を取得するために、大学の通信講座を受講しているほど。

知識や技術を身に付けてもどんどん進歩していくし、その度にアップデートが必要になります。それはきっと、どんな職業にもいえることではないでしょうか。
ただし、学生の頃と違って、自分が好きなことややりたい分野に特化して勉強できるから、すごく楽しいですよ。


近年、さまざまな展覧会が話題を集め、長時間の入場待ちの行列ができたというニュースもよく見聞きしますが、アーティストの表現活動は、コーディネーターの活躍によって支えられていたんですね。
アートやものづくり、イベントのプロデュースに関わる仕事に興味のある人は、展覧会やギャラリーを訪れた際、「どんな意図でこの企画が生まれたんだろう」「どんな工夫がされているんだろう」と想いを巡らせてみてくださいね。


【profile】awesome! creators shop 代表 庄司みゆき
HP http://www.awesome-create.jp/

この記事のテーマ
デザイン・芸術・写真」を解説

デザインは、本や雑誌、広告など印刷物のデザイン、雑貨、玩具、パッケージなどの商品デザイン、伝統工芸や日用品などの装飾デザインといった分野があり、学校では専門知識や道具、機器を使いこなす技術を学びます。アートや写真を仕事にする場合、学校で基礎的な知識や技術を身につけ、学外での実践を通して経験やセンスを磨きます。

「デザイン・芸術・写真」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「コーディネーター」
はこんな仕事です

美術展やイベントの企画、運営、進行などを総合的に行う。主催者の目的や意向に沿ってスケジュールを調整して予算も管理する。美術の知識とともに事務能力やビジネスマナーなど、一般的な知識を要する。学芸員の資格を持つ人もいるが、とくに必須資格はない。すでに活躍しているコーディネーターに付いてアシスタントをし、経験を積んだ後に独立する道もある。フリーランスとしてイベントごとに契約することが多く、芸術関係者のみならず幅広いネットワークと人脈が役立つ。海外との取引も多いので、語学力を磨いておきたい。

「コーディネーター」について詳しく見る