【シゴトを知ろう】バッグデザイナー 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】バッグデザイナー 〜番外編〜

2017.01.10

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】バッグデザイナー 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】バッグデザイナー 編」では、GRANESSの創業者である伊藤妃実子さんにバッグデザイナーのお仕事内容や魅力について伺いました。

今回は、番外編としてバッグデザイナーとして働いている中で感じる「あるある」や、バッグデザイナーの知られざる一面、これまでに達成感を感じたエピソードなどについてお話を伺います。

この記事をまとめると

  • バッグの縫製はステッチを0.5mm単位で調整するなど非常に繊細な技術が必要
  • バッグデザイナーはどんな分野からも参入できる
  • これからはバッグデザイン+αの知識や経験を持った人が活躍していく時代

日本トップレベルの職人が仕立てたバッグは海外からも高評価!

――国産のバッグは、世界的にも高い評価を得ていると伺いました。国産のバッグのどんなところが高く評価されているのか教えてください。

日本のトップレベルの職人が仕立てたバッグは、縫製が本当に美しく、他国のブランドと比べても素晴らしい完成度です。縫製の技術は、経験だけではなくセンスが問われる部分でもあります。ステッチ(縫い方や縫い目)を0.5mm単位で微調整しつつ、革の質感や厚みに応じて表糸と裏糸の張りの強さを変えたりして、非常に繊細な技術を必要とします。

こうした技術がベースにあるからこそ、かわいらしいデザインやおしゃれなデザインが形になり、お客様に喜んでいただけるクオリティまで高まるのだと思います。

休日のショッピングでも、つい消費者ではなく、プロの目線になって商品を眺めてしまう

「ショッピングに出かけたときに、ついプロの目線になって商品を眺めていることがある」と話す伊藤さん

「ショッピングに出かけたときに、ついプロの目線になって商品を眺めていることがある」と話す伊藤さん

――お仕事とリンクする、休みの日にありがちな「あるある」があれば教えてください。

休日にショッピングに出かけたときに、つい消費者ではなくプロの目線になって商品を眺めていることがあり、「ああ、仕事モードになってしまっているな」と思ってしまいます。ステッチをチェックしたり、コバ塗り(革の端の処理の方法)を細かく確認したり、価格と素材のバランスを分析してみたり……。

それから、みなさんは美容院に行ったときにファッション誌を眺めて楽しい時間を過ごせるのではないかと思うのですが、私の場合はファッション誌を見ると、バッグの情報があふれていてつい仕事モードになってしまい、休憩になりません。ですので、美容院ではおいしいものや旅行など、違う分野の雑誌を読むようにしています。


――バッグデザイナーの意外と知られていない、このお仕事の知られざる事実やトリビアを教えてください。

バッグデザイナーは、どんな分野からでも参入できると思います。ファッションデザインの知識を生かすこともできるし、建築士の資格を持った人でもバッグデザイナーとして活躍している人がいたりします。これからの時代は、バッグデザイン+αの知識や経験を持った人が活躍していくのではないかと思いますね。

一人の女性からのメッセージが背中を押してくれた

「GRANESSの目標は100年後も愛されるブランドであり続けること」と話す伊藤さん

「GRANESSの目標は100年後も愛されるブランドであり続けること」と話す伊藤さん

――最後に、お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

GRANESSを創業して間もないころのことです。NHKのテレビ番組に出させていただいたときに、おなかに赤ちゃんのいらっしゃる女性がGRANESSのバッグをオーダーし、メッセージをお寄せくださったことがありました。

その女性は、おなかに宿った命に幸せいっぱいだったにも関わらず、妊娠をきっかけに東京への栄転の話が無効になってしまい落ち込んでいらしたそうです。そんなときにGRANESSの存在を知り、私のことを発見。「好きなことを一生懸命やっている人独特の瞳を持っている」と共感してくださり、「おなかの中にいる子どもにも、そんな瞳を持った子に育つよう頑張って育てたい」というメッセージをいただいたのです。まだ創業から数年で色々迷いもあった時期だったので、この言葉が本当に胸に響きました。一人の女性を勇気付けられたこと。そのおなかに宿った大切な命に、恥じない生き方をしたいと思いました。

GRANESSの目標は100年後も愛されるブランドであり続けることです。2017年には無事に10周年を迎えることができました。これからも、お客様の大切な日や記念のときにふさわしい製品を生み出し続けたいです。



若いころに自分のブランドを立ち上げた伊藤さんは、仕事の中で関わるさまざまな人に支えられてきたそうです。特に自社ブランドの製品を買ってくださったお客様からの言葉は、デザイナーにとって宝物のようなものなんですね。バッグデザイナーに興味を持った人は、まずは身近にあるバッグをよく眺めて、どんなこだわりがあるバッグなのか研究してみてはいかがでしょうか?

【profile】GRANESS代表 伊藤妃実子
http://www.graness.co.jp/

この記事のテーマ
ファッション」を解説

ファッションの専門知識や業界のビジネスノウハウを学び、感性やセンス、基礎技術を磨きます。作品の発表会や学外での職業実習などを通して職業人としての実践力を身につけるほか、資格取得を目指すカリキュラムもあります。仕事としては、素材づくりや縫製など「つくる仕事」と、PRや販売促進などファッションビジネスに関わる仕事に分かれます。

「ファッション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「バッグデザイナー」
はこんな仕事です

服飾小物メーカーやアパレルブランドなどに勤め、袋物のデザインをする職種。見た目はもちろん、収容力、ポケットや間仕切り、開閉や持ち運びやすさなど、機能面も考慮する。ファッションセンスだけでなく、使う人の立場からデザインする能力が求められる。装飾性の高いパーティーバッグや手づくりの革製バッグを専門にする場合を除き、デザインを起こした後は工房で生産を行う。メーカー勤務の場合は、仕様書の作成や発注指示にも関わる。専門コースを設けているファッションや被服系の専門学校で腕を磨くことができる。

「バッグデザイナー」について詳しく見る