【シゴトを知ろう】DIYアドバイザー 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】DIYアドバイザー 〜番外編〜

2016.12.16

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】DIYアドバイザー 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】DIYアドバイザー 編」では、DIY彩女の代表を務める鈴木ひろ子さんにDIYアドバイザーのお仕事内容や魅力について伺いました。

今回は番外編として、DIYアドバイザーとして働いている中で感じる「あるある」や、DIYアドバイザーの知られざる一面、これまでに達成感を感じたエピソードなどについてお話を伺います。

この記事をまとめると

  • 塗料や電動工具に詳しいなど、男性のDIYアドバイザーは「DIYオタク」が多い
  • 自宅の簡単な補修やご近所さんの家の修理などを手伝ってあげることもある
  • DIYアドバイザーはそれぞれの得意分野を持っている

自分で自宅リノベーションや補修をしている人も多い

――DIYアドバイザー同士で話しているときなどに「あるある!」となることを教えてください。

DIYをしている方は、自宅リノベーションや水回り・壁などの補修をしている方が多いです。特に、男性はDIYオタクの方が多く、よくいろいろなことを教えてもらいます。塗料に詳しい人、電動工具に詳しい人なども多く、人のつながりに感謝しています。

ご近所さんの家の修理をしてあげることも

――お仕事とリンクする、休みの日にありがちな「あるある」があれば教えてください。

私の場合は、家族がまったく住まいのことに手を出さないので、つい補修や手直しをしてしまいます。「網戸が外れた!」から始まり、「お風呂場の鏡が汚れている」など、そのくらいは自分でやってよ!!と思うことがよくあります。ご近所さんからも、「網戸を張り替えて」とか、「網戸がすっきり収まっていないので調節してほしい」「トイレの水が出ない」など、小さな補修をよく頼まれます(笑)。先日もテーブルがガタガタして怖いと言われ、少し手を入れたら直せるので直してあげました。

テレビ出演のときの経験は今でも一番の思い出

――では、DIYアドバイザーの意外と知られていない、このお仕事の知られざる事実やトリビアを教えてください。

DIYアドバイザーでもそれぞれの得意分野があるので、興味が無い分野についてはよく知らない方もいます。お互いに知識を分け合いながら助け合っています。


――最後に、お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

やはり、最初にNHKの番組に出演したときのことでしょうか。多くの人の前で話すこともなく過ごしてきた生活から、急にTV出演。失敗したらどうしようか、作業手順に問題は無いか、不安で不安で周りの皆さんにずいぶん助けられたと思います。スタジオにはディレクター・プロデューサー・カメラマン・照明の方・スタッフ、みなさんがいるのに、カメラが回ったとたん一人になる、このときのドキドキ感は今でも初心に戻る一番の材料です。



DIYといえども幅広いので、得意分野を持った人同士教え合ったり、情報交換をしたりしているようです。ご自身も楽しみながら、より多くの人にDIYを楽しんでほしいという気持ちが伝わってくるインタビューでした。ぜひ、みなさんも身近なものからDIYに挑戦してものづくりの楽しさを味わってみてくださいね。


【profile】DIY彩女 代表 鈴木ひろ子
http://diysaijyo.jimdo.com/

この記事のテーマ
建築・土木・インテリア」を解説

建築や土木に関する技術を中心に学ぶ分野と、インテリアコーディネイトなどデザインを中心に学ぶ分野の2つに大きく分かれます。資格取得のために学ぶことは、建築やインテリアの設計やプランニングに必要な専門知識、CADの使い方などが中心です。どちらの分野も依頼主の要望を具体化できる幅広い知識とコミュニケーション能力も求められます。

「建築・土木・インテリア」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「DIYアドバイザー」
はこんな仕事です

休日に自宅で行われる住宅の簡単な補修や家具の自作などを行う「日曜大工」。昨今では使いやすく安全な工具が開発されたこともあり、日曜大工は誰でも手軽にできるDIY(Do It Yourself)と呼ばれるようになった。このDIYの指導をするのがDIYアドバイザーだ。DIYを始めたい初心者や、高度な製作に挑戦する人たちに用品の使い方、選び方、製作方法などのアドバイスをする。日本DIY協会の「DIYアドバイザー資格試験」に合格すると認定資格が付与される。

「DIYアドバイザー」について詳しく見る