【シゴトを知ろう】ドッグ服デザイナー 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】ドッグ服デザイナー 編

2016.12.26

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】ドッグ服デザイナー 編

可愛い犬を、さらに可愛くするドッグウエア。既製品で売っているものもありますが、今回ご紹介するドッグ服デザイナーの久保さんは、なんと1点1点オリジナルのデザインで手作りしています。どんな毎日をすごし、どんなきっかけでこの職業についたのでしょうか?

この記事をまとめると

  • 良いドッグウエアを作るために、飼い主さんと綿密に連絡をとる
  • 本当にやりたいことを見つけるための2年間
  • まずは服飾全般の勉強をしよう!

ドッグウエアを作るためには飼い主さんとの綿密な打ち合わせが必要

大型犬のシルエットを生かしたドレスは大好評

大型犬のシルエットを生かしたドレスは大好評

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えて下さい
 
基本的にドッグウエアのオートクチュール(1点モノ)を日々アトリエで制作しています。人間の服の場合、初めに仮縫いをしますが、ペットのワンちゃんは飼い主さん以外がさわることを嫌がる子もいます。そのため飼い主さんに採寸してもらい、写真を送ってもらうなどメールのやりとりが中心です。そのため、午前中いっぱいは発注者の飼い主さんと密なやりとりを交わすことが中心になりますね。

<一日のスケジュール>
10:00 アトリエオープン
午前中 注文や質問などメールのチェック
12:00 昼食
午後 依頼作業、サンプル作成など。布の仕入れも行う
18:00 帰宅

※ソーイングレッスンがある日(不定期)は、午前・午後・夜とフルでレッスンが入る。
※愛犬の散歩で出会う飼い主仲間との会話から「レインコートが欲しい」「羽織りやすいものが欲しい」など、情報収集にもなる

Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
ベースになる型紙は何種も用意していますが、犬種や成長具合、毛の長さなどで、そこから大きく変更しなければいけない時があります。変更後を想像して作る時はけっこう大変。ただ、そのぶん出来たウエアをお送りして「ピッタリだったわ」「オーダーした甲斐があった」と喜んでいただけると、本当に嬉しいですね。飼い主さんとワンちゃんの良い思い出の1ページを作れたと思うと、私までジーンときてしまいます。
 

Q3. 仕事で大変なこと・辛いと感じることはありますか?
 
今では笑い話ですが、タレント犬が撮影で養蜂所に行くので全身防護服が欲しいという依頼がありました。さまざまなオーダーに応えてきた自負はありましたが、こればかりは経験がなくて人間用の防護服の資料を見たり、プラスチック版を取り寄せ加工したりと、何もかも手探りで作りました。あれは緊張しました。後日、無事に撮影を終えたと聞いて、心の底からホッとしました。オーダー服を扱っていると、たまにこんな突拍子もない依頼があるので、ちょっとした試練ですね。

自分が本当にやりたいことを見つけるための、フリーター期間

夢を探した時期のことを語る久保さん

夢を探した時期のことを語る久保さん

Q4. どのようなきっかけ・経緯でドッグ服デザイナーに就きましたか?
 
最初はもちろん人間の洋服の(笑)服飾専門学校に行きました。その後アパレル業界に就職して、何社かで仕事をした後、独立しました。私ならではの特徴を出してやっていきたいと思っていたところ、ちょうど犬を飼っていたこともあり、ドッグ服の製作を始めることにしました。元々仕事の合間に犬用の服を作ってあげたりしたので、楽しみと実益を兼ねられたら、というのが発端です。


Q5. 専門学校では何を学びましたか?
 
私が行った専門学校には「オートクチュール科」があって、そこに進学しました。ですので、最初に就職した会社もオートクチュール専門でした。芸能人の方や格式の高い場所に出る方などのために、1点モノの洋服を作るんです。その後、オートクチュールではない会社でも働きましたが、最初に学んだ「個々に適したデザインの服を作る」という経験は、今の仕事にとても生きています。今のアトリエのキャッチフレーズも“あなたのワンちゃんに世界で一着のオートクチュールを”なんです。
 

Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
元々洋服は好きでしたが、職業にするとまで思えなくて……高校卒業後2年間ほどフリーターをしていた期間がありました。その結果、ファッションの道に入りたいと心を決めたんですが、じっくりと自分と向き合う期間を過ごしてよかったと思います。やりたいという意志のないまま服飾学校に通っても、きっと何も身についてなかったのではないかと思います。服飾学校って華やかなイメージがあるかもしれませんが、実際はひたすら地味です(笑)。心が決まってからの入学だったので、頑張り通すことができました。今の仕事もその時の決心があったから踏み出せたステージだと思います。

ファッションと犬が好きな人に、こんな職業もあると知ってほしい

店長犬・ペコちゃんを連れて嬉しそうに語ってくれた久保さん。

店長犬・ペコちゃんを連れて嬉しそうに語ってくれた久保さん。

Q7. どういう人がドッグ服デザイナーに向いていると思いますか?
 
やっぱりファッションに興味のある方が向いていると思いますよ。犬でも人でも人形でも、服を作る基本は同じ。服飾学校などでしっかり学ぶことが大事だと思います。人間でも背の高さや体型によって、ベストな服が変わってくるものでしょう? それをしっかりと知ることが、犬種や体型に合った、本当に喜んでもらえるドッグウエアを作れるようになる第一歩だと思います。
 

Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします
 
犬が好きで、いずれ犬に関わる仕事をしたいと思う高校生の方は、獣医やトリマーを志望されることが多いようですが “ドッグ服デザイナー”という道もあると心に留めておいていただけると嬉しいですね。獣医さんはもちろん勉強が必要ですし、トリマーも修行が大変だと聞いています。ドッグ服を作る道にもまずは服飾の基本を学ぶという道が待っていますが、大好きな犬の生活を豊かにする職業として、目指す方が増えてくださったら嬉しいです。
 

ひとまとめに「犬」といっても犬種の違い、成長具合、毛の色や質など個性はさまざま。しかし、どのワンちゃんも飼い主にとってはかけがえのない“ウチの子”。その愛をしっかり受け止めて世界にひとつのドッグ服を作る久保さんは、とても幸せそうでした。

【profile】
ドッグ服アトリエ「バタフライ ドッグキャンディ」デザイナー・講師 久保江理子(Butterfly dogcandy)
バタフライ ドッグキャンディHPはこちら

この記事のテーマ
動物・植物」を解説

ペットなど動物や観賞用の植物に関わり暮らしに潤いを提供する分野、食の供給や環境保全を担う農業・林業・水産業などの分野があります。動物や植物の生態や生育に関する専門知識を身につけ、飼育や栽培など希望する職種に必要な技術を磨きます。盲導犬や警察犬、競走馬、サーカスの猛獣などの調教・訓練や水族館や動物園で働く選択肢もあります。

「動物・植物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ドッグ服デザイナー」
はこんな仕事です

犬専門のファッションデザイナーである。普通のファッションデザイナーと同じように、デザイン画を元にパターン(型紙)を作成して、パターンに合わせて布をカットしてから縫い合わせる。ほかに犬のためのアクセサリーや小物もデザインする。犬はサイズなどの個体差が大きく、既製品でカバーするのが難しい。セミオーダーやオーダーメードでの対応が必要になることが多く、犬に余計な負担をかけないように、細やかな調整が必要である。

「ドッグ服デザイナー」について詳しく見る