【シゴトを知ろう】水中フォトグラファー 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】水中フォトグラファー 編

2016.12.22

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】水中フォトグラファー 編

海の中にはどんな生き物が暮らしているか、皆さんは知っているでしょうか? 爪の先ほどの小さな魚から、十数メートルはありそうな大きな魚、さらには貝類やイカ類など、さまざまな生き物たちが暮らしています。そんな生き物たちの姿をカメラに収め、雑誌などで発表するのが「水中フォトグラファー」です。今回は、水中フォトグラファーとして活動する杉森雄幸さんに、その仕事内容などを伺いました。

この記事をまとめると

  • 撮影した写真は、雑誌などで公開される
  • 自然相手の撮影なので、どんな写真が撮れるか予想できない部分も
  • 海や生き物が好きな人が向いている

お目当ての生き物に出会えた時の喜びは大きい

Q1.まず、お仕事の内容と、一日のおおまかなスケジュールを教えてください。

ダイビング機材(浮力調節機能のあるBC、タンク、マスク、フィンなど)を使って海に潜り、海の中の風景やそこで暮らす生き物たちを撮影しています。
雑誌社から依頼され、“取材”という形で潜ることも多く、その際に撮影した写真は雑誌に掲載されます。また、僕の場合はテレビ局から依頼を受けて、水中で動画を撮影することも多いのですが、その動画は後ほど編集され、テレビ番組で放映されます。
撮影地は国内だけではなく、海外になることも。また、自分の作品のための撮影日数も含めると、一年の半分以上は、国内もしくは海外のどこかの海で撮影をしていることになります。

<一日のスケジュール>
7:00 起床、朝食、打ち合わせ、撮影機材準備
9:00 海へ移動、水中撮影
12:00 昼休憩
13:00 水中撮影
17:00 片付け、陸上撮影など
19:00 夕食
20:00 画像処理、メールチェックなど
22:00 就寝


Q2.どのようなときにやりがいを感じることが多いでしょう?

いい写真や映像が撮影できた時はうれしいです。基本的に僕らは自然を相手に撮影をしているので、その日にどんな写真や映像が撮れるかあまり予想がつかない部分があります。海のコンディションや現れる生き物などによって、撮影の出来は大きく変わると言ってもいいでしょう。それだけに海のコンディションがよく、「会いたい」と思っていた生き物に出会えた時の喜びは大きいです。


Q3.お仕事をするなかで、どんなことが大変だと感じられますか?

好きなことを仕事にしているので、大変だとか、辛いと感じることはあまりないのですが。取材の内容によっては、朝早くから夜遅くまで撮影をしないといけない時もあります。体力的にちょっときついな、と思う時はありますね。

自分の“好きなこと”を大切にしてほしい

Q4.どのようなきっかけで水中ダイビングというお仕事に就かれましたか?

僕が大学に入学した時、ちょうどダイビングが流行していたということもあり、友人に誘われるまま何の気なしにダイビングクラブに入部したんです。でも海に潜ってみたら、あっという間に水中の世界にハマってしまって。大学を卒業した後、一度は一般の企業に就職したのですが、海への思いを捨てきれませんでした。その後、縁あって小笠原諸島の父島でダイビングガイドの職を得ました。小笠原にはさまざまなプロカメラマンが撮影のためにやってくるのですが、彼らのアシストをするうちに、自分も撮影する側になりたいと思うようになったのが、この仕事を目指したきっかけです。


Q5.大学に進学する際、どのような学部を選択しましたか?また、なぜその学部を選択しましたか?

大学には“キャンパスライフ”に憧れて入学したようなものですが(笑)。高校時代、理系の科目を得意としていたということもあり、工学部を選択しました。


Q6.高校生のときに経験したどんなことが、現在のお仕事につながっていると思いますか?

高校時代はバスケ部に所属し、日夜練習に明け暮れていました。その時に体力がずいぶんとついたのですが、それが今の仕事に活きていると感じます。また、バンド活動もしていて、学園祭でパフォーマンスしたこともあります。1つの目標を見つけると、それに向かって一生懸命頑張るタイプでした。


Q7.どのような人が水中写真家に向いていると思いますか?

まず、海と生き物が好きな人がいいでしょう。また、場合によっては撮影が深夜にまで及ぶこともあるので、体力もあると有利だと思います。あとは、“プロ意識”。仕事として撮るからには、常に一定以上のクオリティの写真を撮らなくてはいけないので、覚悟も努力も必要です。


Q8.最後に、これを読んでいる高校生に向けて、メッセージをお願いします。

皆さんも好きなことが1つはあると思います。その好きなことを仕事にしたいと考えているならば、ぜひ諦めずに続けてほしいと思います。ただ、もしもランナーとして五輪に出たいとか、プロ野球選手になりたいと考えている場合。それは誰もがなれるものではないので、その夢はどんなに頑張っても叶わないかもしれません。でも、五輪やプロ野球に関わる仕事には、努力すれば就くことができると思うんです。
僕は自分が好きな“海”や“生き物”と直接触れ合える、水中写真家として活動できて、すごく幸せだと感じています。将来やりがいのある仕事に就きたいと考えている人には、自分の“好きなこと”を大切にしてほしいです。


小さな頃は昆虫採集や川遊びが大好きだったという杉森さんは、根っからの自然と生き物好き。ひょんなきっかけから水中の世界を知ったものの、一気に引き込まれたのは当然のことだったのでしょう。「自然や生き物が好き」という人は、今度の夏は海に出かけ、水中メガネで海の中をのぞいてみてはいかがでしょう。地上とは全く違う景色に驚くのと同時に、もっと海のことを知りたくなるかもしれません。


【Profile】水中写真家 杉森 雄幸
杉森さんのHPはこちら

この記事のテーマ
デザイン・芸術・写真」を解説

デザインは、本や雑誌、広告など印刷物のデザイン、雑貨、玩具、パッケージなどの商品デザイン、伝統工芸や日用品などの装飾デザインといった分野があり、学校では専門知識や道具、機器を使いこなす技術を学びます。アートや写真を仕事にする場合、学校で基礎的な知識や技術を身につけ、学外での実践を通して経験やセンスを磨きます。

「デザイン・芸術・写真」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「水中フォトグラファー」
はこんな仕事です

水中の被写体を撮影し、雑誌、新聞、広告などの媒体に提供する仕事。海中や河底を撮影するため、ダイビングのライセンスは必須となる。クジラやイルカなど保護対象生物の撮影には、国や地域によるルールもある。したがって撮影技術だけでなく対象物の生態、各地域のルールなどの知識が必要。光の加減による水の色の変化など、経験によって得られる技術も数多い。スポーツフォトグラファーと兼業で、マリンスポーツなどを扱う場合がある。近年では、水中写真を通じて生態系や環境問題について世の中の人々に伝える役割も担う。

「水中フォトグラファー」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける