運動部員必見! 伝説のボクサーのストイックすぎる生活!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

運動部員必見! 伝説のボクサーのストイックすぎる生活!

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

運動部員必見! 伝説のボクサーのストイックすぎる生活!

この記事をまとめると

  • トレーニングや稼ぐお金など、スポーツ選手の知られざる部分に注目!
  • プロボクサーのマイク・タイソンはトレーニングもファイトマネーも超一流
  • 華やかなスポーツの裏側に目を向けてみると、見方が少し変わるかも?

プロスポーツ選手のトレーニング量ってどれくらい?

今も昔もプロスポーツ選手はみんなのあこがれの存在。みなさんの中でも華やかなプロの世界を目指し、毎日部活でトレーニングに励んでいる人がいるかもしれません。しかし、実際のプロスポーツ選手たちが毎日どれくらいトレーニングに励んでいるかは、知らない人も多いでしょう。

そこで今回は、プロスポーツの中でも特に派手で華やかだといわれる「ボクシング」の裏側に注目。トップ選手のストイックでハードなトレーニングと、彼らが稼ぎだすオドロキのお金についてご紹介します。

トレーニングとファイトマネー、共に一流のマイク・タイソン

みなさんはマイク・タイソンというプロボクサーを知っていますか? 圧倒的な強さで20年以上前に一世を風靡(ふうび)したヘビー級世界チャンピオンです。18歳でプロデビューしたタイソンはデビュー戦からなんと28連勝を重ね、29戦目でヘビー級の世界チャンピオンになりました。そのときの年齢は弱冠20歳。まさにボクシング界のレジェンドです。

タイソンのトレーニングはハードの一言。毎朝5時に起床し、5キロのジョギング後、仮眠。朝食後にリングで練習(10ラウンドのスパーリング)。昼食を食べてまたリングで練習。1時間エアロバイクをこいで、ハードな筋トレ(腹筋は1日2000回、腕立て伏せは500回行っていたとか)。夕食後またエアロバイクをこいで就寝、とすさまじい練習量だったといわれます。

そんなタイソンですが、トレーニングも一流なら稼ぐお金もまた一流。なんと1試合で22億円のファイトマネー(報酬)を手にすることもありました。生涯で稼いだ報酬は250〜300億円と言われています。まさにチャンピオンにふさわしい金額です。

年収105億円! 最強王者のスゴすぎるファイトマネー

ボクシング界にはさらにスゴいお金を稼ぎだす男がいます。それが現世界スーパーウェルター級スーパー王者のフロイド・メイウェザー・ジュニア。その戦績は47戦47勝! なんと無敗のまま5階級を制覇したボクシング史上最強との呼び声も高い、天才ボクサーです。

2014年にアメリカの経済誌『フォーブス』が発表したスポーツ選手長者番付では、メッシやクリスティアーノ・ロナウドなどサッカー界のスーパースターを抑えて堂々の1位(2014年フォーブス6月号)。その年収はなんと1億5000万ドル(約107億円)!

この年、メイウェザーが戦ったのはたった2試合。どちらの試合も12ラウンドをフルに戦っているので、実質労働時間は2試合で72分。つまり単純計算すると、メイウェザーは72分で105億円ものお金を稼いだことになります。拳ひとつで107億円。まさに、これぞアメリカンドリームという夢のある話です。

しかし、ボクシングに限らずプロスポーツの世界は本当にハードな競争の世界。ここまでたどり着くのは、血のにじむような努力を重ねた中の、さらにほんの一握りだということを忘れてはいけません。

プロスポーツ選手を目指している人、スポーツ観戦が好きな人は、選手たちの陰の努力やそこで動いているお金など、華やかな世界の裏側にも目を向けてみると、より深くスポーツの世界を知ることができるでしょう。スポーツの見方が、少し変わるかもしれませんよ。

この記事のテーマ
健康・スポーツ」を解説

スポーツ選手のトレーニングやコンディション管理に関わる仕事と、インストラクターなどの運動指導者として心身の健康管理やスポーツの有用性を広く一般に伝える仕事に大別できます。特に一般向けは、高齢化の進展や生活習慣病の蔓延が社会問題化する中、食生活や睡眠も含めて指導できる者への需要が高まっています。授業は目指す職業により異なります。

「健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「プロスポーツ選手」
はこんな仕事です

野球やサッカー、ゴルフ、ボクシングなど多種多様なスポーツ分野で、プロとして活躍する仕事。試合や大会でよい成績を残せるように日々トレーニングを積む。また、けがや病気をしないように体調管理をすることも仕事の一つだ。実力主義の面が大きく、結果を残すためには厳しい競争が待っているが、一流選手になると世間からの注目が高まり、やりがいに直結するだろう。プロスポーツ選手になる方法は競技によって異なるが、スカウトされるケースや入団テストを受けるケースが一般的。また、ボクシングなどはライセンスが必要になる。

「プロスポーツ選手」について詳しく見る