【シゴトを知ろう】郵便局員~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】郵便局員~番外編~

2016.12.20

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】郵便局員~番外編~

学生時代のアルバイトがきっかけで正社員になり、現在では課長代理を勤める飯村文浩さん。先輩方のマインドをしっかり受け継ぎ、後輩の指導にもあたる飯村さんに、業界の裏話やキャリアパスなどについて伺いました。

この記事をまとめると

  • 郵便配達は配達に回る順番が決まっており、代々引き継がれている
  • 他の郵便局で働く方との交流の機会もある
  • バイク経験がない人でも郵便配達業務はできる

先人たちが残した効率の良い配達ルート

――業務をされてから、驚かれたことは何ですか?

私が入社したのが平成19年なのですが、年齢が近い方がいませんでした。先輩というと、20年近く勤められている方々でしたので「昔はこの倍の量があった」と言われ驚いたこともあります。郵便物が減ってきているのは感じていましたが、それでもお届け先は減っていませんから、繁忙期ともなればかなり大変です。それを倍の量を扱っていた先輩方は職人とも言えます。

実は配達するときの順序は決まっています。これは今より配達量が多かった時代に、いかに効率よく配達するかを先人たちが編み出したのでしょうね。お客さまになるべく早く届けたい、自分の休憩時間をずらしてでも届けなければという気概を持って配達しているので、そのマインドとともにこの順序が代々引き継がれています。仕事に慣れてくると「ここに何時に居ないと時間内に業務が終わらない」というのもだいたい分かってくるようになります。

他の職場の方の話が刺激に

――では他の郵便局に勤めるの方とはあまり交流が無いのでしょうか?

日常的にあるわけではないのですが、東京都にある郵便局を管理する東京支社が主催する研修などで交流することはあります。やはり受け持つ地域の特色によって、郵便局の取組も少し変わってくるため、他の郵便局社員の話を聞くと非常に刺激を受けます。
また、私は、労働組合に加入していますので、労働組合が主催するレクリエーションなどに参加すると、普段一緒に仕事をしていない人たちとも交流ができます。労働組合では、配達業務以外の仕事をする方とも交流があるため新鮮です。

どんな人でも避けては通れない根幹をなす仕事

――郵便局員にはキャリアパスがありますか?

現在私は課長代理という役割を任されています。私の上には普段は配達を行っていないけれど、お客さま対応や部内の調整をする課長がいます。更に上には総括課長、部長と続きます。

配達担当地区ごとに班が分かれていて、課長代理が班長や副班長になります。班長になった人が、自分から手を挙げて昇格試験に合格すると課長になるという流れです。私は課長代理になったばかりですし、副班長なのでまだまだこれからです。

郵便配達業務を離れるのであれば、営業専門で行う「営業担当」になったり、各部で企画立案事務を行う「計画係」になったりします。また転用試験を受けて支社や本社に行く道もあります。


――バイク経験がない人でも郵便配達業務はできるのですか?

バイクに乗った経験がない方にも、研修として一から丁寧に教えるので、多くの人は乗れるようになります。最近入社した女性は、来たばかりの頃は「バイクには乗れません」なんて言っていましたが、今ではスイスイ乗りこなしていますよ。また、どうしてもバイクに乗れなければ自転車で配達に行ってもらいます。
 


主任から課長代理になったと同時に、班を移り副班長になった飯村さんは、その班の中で最年少でした。副班長とはいえやはり先輩方にはお願いしにくい……。そんな悩みを抱えながらも、持ち前のコミュニケーション能力を発揮して、皆さんの信頼を得ることができたのだとか。配達業務でお客さまとの信頼関係を築くためだけでなく、社内活動を円滑に進めるためにもコミュニケーション能力はこの仕事において欠かすことができないようです。
 
 
【profile】神田郵便局 第一集配営業部課長代理 飯村文浩

この記事のテーマ
ビジネス・経営」を解説

法律などの専門知識を学び、文書作成などの技能を磨くほか、資格取得や検定合格を目指すカリキュラムもあります。小売業や不動産売買、経営コンサルタントや税理士など、各ビジネス分野におけるスペシャリストも育成します。国家試験の合格が求められる高度な資格を必要とする仕事もありますが、専門学校の中には受験指導に実績を誇る学校もあります。

「ビジネス・経営」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「郵便局員」
はこんな仕事です

郵便物に関わる仕事や銀行・保険業務を行う。かつては一つの窓口で全業務を担当していたが、郵政民営化後は分社化され、それぞれ別の窓口で業務を行っている。郵便物に関わる業務は、主に手紙などの受付・集配や配達、切手の販売。銀行業務では「ゆうちょ銀行」の窓口業務、口座管理などを行う。生命保険業務は「かんぽ生命保険」の窓口業務や保険商品の販売・資産運用を担当する。郵便局は、全国各地において生活インフラとして重要な役割を担っており、地域社会にも浸透。やりがいのある仕事だといえる。

「郵便局員」について詳しく見る