【シゴトを知ろう】学芸員 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】学芸員 〜番外編〜

2016.12.16

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】学芸員 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】学芸員 編」では、学芸員の具体的な仕事の内容について深く知ることができました。こちらの記事では番外編として、学芸員の「あるある」エピソードや知られざる日常について、日本科学未来館の学芸員(キュレーター)である宮原裕美(みやはら・ゆみ)さんにお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 外部の人とのかかわりが多いので、コミュニケーション能力の高さが必要
  • 休日もテレビや映画などメディアをチェックして業務に活かしている
  • スタッフと意見がぶつかることもあるが、仕事に本気で打ち込めることに幸せを感じる

「分からない」ことを、「分かる」「楽しい」にする

――学芸員の仕事を志すにあたって、どんな想いがありました?

私は学芸員の仕事を志した当時、美術館や博物館での展示やイベントをもっと臨場感と納得感を持ってお客さまに伝えられるような、教育普及の仕事をしたいと強く思ったことを今でも思い出します。知識だけあっても作品を楽しむことがまったくできなかった、自分自身の経験が関係していたと思います。また、アメリカで見たギャラリートークの影響も大きかったと思います。

学芸員を目指してからは、いろいろな美術館の試験を受けましたが、見事に落ちて、あるとき科学をテーマにしながらも、アーティストやクリエイターとお仕事ができる日本科学未来館のことを知って、試験を受けました。日本科学未来館はユニークな仕事の進め方をしますので、私にぴったりだと思いましたし、それに、「分からない」というところからスタートして、それを「分かる」「楽しい」にするためにはどうすればいいか、というプロセスを仕事にするので本当に楽しいです。

意外と多い人とのお付き合い。社交好きだと◎

日本科学未来館の常設展、「未来逆算思考」の展示の様子

日本科学未来館の常設展、「未来逆算思考」の展示の様子

――業務の幅が広い学芸員ならではの苦労はありますか?
 
締め切りありきの仕事ですので、スケジューリングが大事です。展覧会オープンの日程から逆算して、そのゴールに向けてどれだけの課題があるかを自分で項目上げし、スケジュールに落とし込むことが必要になってきますね。展覧会のオープン直前になるとメディアの取材も入ってくるので展示の準備をしながら、併行して取材に応じることが結構大変です(笑)。

加えて、展示を制作するクリエイターや研究者、海外のお客様などとご一緒する機会もあるので、打ち上げなど、それらの方々をつなぐような交流の場を上手につくる技量も必要です。細かいところまでおもてなしの気持ちが大事だと思っています。
 

――お休みの日はどんな事をして過ごされるのでしょうか?

お休みの日は美術館、博物館、アートイベントによく出かけますね。あと映画にも行きます。テレビもよく見ます。おもしろいCMがあれば調べて、誰がディレクターかをチェックしたりして、次の展示をご一緒できないか妄想したりします。今抱えている展示企画が、どんなところでリンクするか分かりませんので、なるべくいろんなものを見ることにしています。


――学芸員ならではの知られざる事実を教えてください。

学芸員は幅広い人脈を持っていることが大切です。海外のアーティストのみならず、いろいろな外部の方とお仕事をするので、学芸員を目指している高校生の方も人との付き合いが好きなことが重要かもしれません。展覧会のレセプションに積極的に出かけてネットワーキングをしたり、社交好きだとなおよしですね。

お客さまの「おもしろかった」が励みになる

――お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

やはりお客様からのアンケートで「おもしろかった」といっていただけると達成感を感じます。最近ではSNSもチェックして、みなさんがどんなコメントをしてくださっているのかを確認して、ポジティブな意見に安心します。ネガティブな意見もありがたいご批判として受け止めています。

初めて担当した常設展示では、最初は担当スタッフと馬が合わずいつも意見が対立していたのですが、衝突を繰り返しながらも、最後まで一緒に展示を作り上げたあと、そのスタッフとは本当に仲良くなることができました。今でもよく連絡をとる大事な友人になっているんですよ。

このように本気のやり取りをぶつけ合うことができ、いい展示をつくるために、なりふり構わず打ち込めるのがとても幸せだと思います。



学芸員は研究だけでなく、アーティストや教育関係者など外部の人との連携が大切な職業だということが分かりました。また、宮原さんは休日も美術館やアートイベントに出掛けるなど、新しいことに対する好奇心も忘れないようにされているようです。

学芸員の仕事に興味がある人は、お友だちや家族をはじめ人との関係を大切にし、美術館など気になるイベントに積極的に参加してセンスを磨いてみてもいいかもしれませんね。
 
 
【profile】日本科学未来館 学芸員(キュレーター)宮原裕美(みやはら・ゆみ)

この記事のテーマ
デザイン・芸術・写真」を解説

デザインは、本や雑誌、広告など印刷物のデザイン、雑貨、玩具、パッケージなどの商品デザイン、伝統工芸や日用品などの装飾デザインといった分野があり、学校では専門知識や道具、機器を使いこなす技術を学びます。アートや写真を仕事にする場合、学校で基礎的な知識や技術を身につけ、学外での実践を通して経験やセンスを磨きます。

「デザイン・芸術・写真」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「学芸員」
はこんな仕事です

博物館の展示資料を集め、管理をすることが主な仕事。学芸員とは博物館法によって定められた専門職で、国家資格の名称でもある。民芸博物館や歴史博物館のほかに、美術館や水族館、動物園といった文化施設全般が仕事のフィールドとなる。展示資料の収集・管理のほかに、展示の企画、施設の広報、来場者の案内と、業務は多岐にわたり、地方講演や海外での資料収集に出かけることも珍しくない。さらには、経験を重ねると講演会や大学の講義に講師として招かれることもある。

「学芸員」について詳しく見る