【シゴトを知ろう】エステティックインストラクター 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】エステティックインストラクター 〜番外編〜

2016.12.15

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】エステティックインストラクター 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】エステティックインストラクター 編」では、トータルエステティックサロン デフィーで講師として働く文城幸治さんに、エステティックインストラクターのお仕事内容や魅力について伺いました。

今回は、番外編としてエステティックインストラクターならではの「あるある」や、エステティシャンの知られざる一面、これまでに達成感を感じたエピソードなどについてお話を伺います。

この記事をまとめると

  • 男性のエステティックインストラクターはまだ少ない
  • エステティシャンはカウンセリングの技術が重要
  • 生徒がエステティシャンになるための最終試験に合格したときが一番感動する

男性講師の認知はまだまだこれから

――最近はメンズエステの需要も増えていると思います。男性も美への意識が高まっているように思いますが、男性のエステティシャン、インストラクターも増えているのでしょうか?

男性のエステティックインストラクターは、まだまだ少ないと思います。エステティックの発祥の地であるヨーロッパと比べると、日本におけるエステティシャンやエステティックインストラクターという職業の位置が低いのが現状です。現在では、日本エステティック機構、日本エステティック試験センターなどの公益性の高い団体がありますが、やはり早い段階で国家資格になる必要性があると思いますね。

最近では、都市部や外資系ブランドを中心に男性美容部員やネイリストは増えてきましたね。しかし、エステティックの世界はまだまだ業界の考え方が追い付いてない感じがします。


――お仕事とリンクする、休みの日にありがちな「あるある」があれば教えてください。

この人こうやればもっと格好いいヘアスタイルになるのに、こういったメイクをすればもっときれいなのに、この人はこういったお手入れをすればもっときれいなお肌や髪になれるのに、とついつい頭の中で無意識にカウンセリングしてしまうことですね。

エステティシャンはカウンセリングが何より重要

「休みの日でも、つい頭の中で無意識にカウンセリングしてしまうことがある」という文城さん

「休みの日でも、つい頭の中で無意識にカウンセリングしてしまうことがある」という文城さん

――生徒さんからは、どんな授業が一番人気がありますか?

座学(理論)では、化粧品学が人気です。「どんな化粧品が肌を美しくするのか?」というのは、共通した関心事のようですね。


――エステティシャンは、カウンセリングも大事な仕事の一つだと思います。言葉遣いや話の聞き出し方など、どのようにアドバイスしていますか?

カウンセリングなくしてエステティシャンはできない、というぐらいカウンセリングは重要なものです。言葉は失礼がない範囲であればそこまで細かな指導はしていませんが、友達言葉にならないようにするのは絶対。話の内容は、エステティシャン側がしゃべりたいことを話すのではなく、お客様の心底にある言葉をお客様自信がどんどん話してくれるような雰囲気作りをしたうえで、お客様の話しを目と耳と心で「傾聴(けいちょう)」するように指導します。

最終試験に合格した生徒の笑顔を見るときが一番感動的

「カウンセリングなくしてエステティシャンはやれない、というぐらいカウンセリングは重要なもの」と話す文城さん

「カウンセリングなくしてエステティシャンはやれない、というぐらいカウンセリングは重要なもの」と話す文城さん

――生徒さんに新しいことを教えるとき、伝わりやすいようにどんな工夫をされていますか?

「やってみせて、言って聞かせて、させてみて」。実技に関してはこれが一番です。そして、少し上達するごとに「褒める」ことですね。理論は、言葉を砕いて砕いて、「繰り返し繰り返し」が大切です。ただ、勉強を怠って「できないまま」の生徒には「それはいけないこと」と、しっかりと伝えます。そうしないと、サロンで通用しないエステティシャンになってしまいますから。


――最後に、お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

生徒がエステティシャンになるための最終試験に合格し、喜びにあふれるみんなの表情を見れたときに一番達成感を感じますね。また、本校では、実務経験者枠で受験される方への対策講座も行っているのですが、合格だった場合にその結果を報告してくださる生徒さんからの報告電話も大変うれしい出来事です。



今回は貴重な男性のエステティックインストラクターにお話を聞くことができました。まだまだ認知度が低いようですが、時代の変化とともに男性のエステティックインストラクターの需要も増えていくはずです。自分が指導した生徒がエステティシャンとしてプロになるまで、その過程を見守れることはとてもやりがいがあることでしょう。誰かに何かを伝えたいという人に向いている仕事だといえるのではないでしょうか。

【profile】トータルエステティックサロン デフィー エステティックインストラクター 文城幸治
http://www.e-defi.com/

この記事のテーマ
エステ・ネイル・リラクゼーション」を解説

ネイルアーティストやエステティシャンなど、美容のスペシャリストを育成したり、アロマセラピストやマッサージ師のように身体のもみほぐしや香りでの癒しに関わる知識と技術を身につけます。あわせて学校では、職業に応じた専門技術と接客能力を磨きますが、新しい技術やトレンドに対応するため、自ら学び続ける好奇心やセンスが求められます。

「エステ・ネイル・リラクゼーション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「エステティックインストラクター」
はこんな仕事です

専門学校の講師として、あるいはエステティックサロンの指導員として、学生や新入社員に知識や技術、心構えを教授し、独り立ちできるように育成する仕事。指導の実務だけでなく、育成プランの企画や進行表の作成などの事務仕事も含まれる。資格がなくてもインストラクターにはなれるが、代表的な民間資格に日本エステティック業協会(AEA)認定講師資格、日本エステティック協会トータルエステティックアドバイザー認定講師資格などがある。自分が育てたエステティシャンが成長した姿を見ることも喜びの一つになる。

「エステティックインストラクター」について詳しく見る