【シゴトを知ろう】時計職人 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】時計職人 〜番外編〜

2016.12.13

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】時計職人 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】時計職人編」では、腕時計を組み立て、調整して完成させる時計職人のお仕事内容について、日本時計協会の竹岡一男さんにお話を伺いました。

今回は、番外編として時計職人として働いている中で感じる「あるある」や、時計職人の知られざる一面、これまでに達成感を感じたエピソードなどについてお話を聞いています。

この記事をまとめると

  • 時計が自分の個性を引き出すツールとなり、時計に興味を持つ若い人が増えている
  • 若手の職人を支援するための教室や大会が各地で行われている
  • 時計職人は自慢できる時計を複数持っている

時計職人はモノを大切に、長く使う気持ちが大切

――時計職人の方にとって、モノを長く使うことは大切なことですか?

時計職人に限らず、モノを大切にする気持ちは大切です。世の中にモノはたくさんありますが、必ずそれを作った人がいます。心を込めて作ったモノを粗末にしてはいけないと思います。特に、日本は資源が少なく、原材料を輸入して、加工し、付加価値を付け、輸出して成長・発展してきた国です。資源を有効に使わなくてはならないと思います。お金の価値だけでなく、全体の事を考えてみてください。使い捨ての文化は、職人(時計を作る職人や修理する職人を)を減らす結果につながってしまいます。


――時計職人に憧れて、専門学校や職業訓練校に通う若者が増えていると聞きました。時計に興味を持つ若い人が増えたきっかけなどありますか?

時計が時間を見る事だけのモノから、自分の個性を引き出すツールになってきています。ファッション性だけでなく、新しい機能や仕上がりのよさなどに魅力を感じる若い人が増えていることも実感しますね。昔は車に憧れる若者が多かったですが、今はいろいろな制約が多く敬遠されてきてしまっているようです。その点、時計は自由なので人気が高まってきているのかもしれないですね。また、一時期は安くて手軽なものが好まれる傾向にありましたが、最近はいいモノを、長く使おうという機運が高まってきていることも影響しているのではないでしょうか。

若手支援も積極的に行っています

一般社団法人 日本時計協会の竹岡一男さん

一般社団法人 日本時計協会の竹岡一男さん

――竹岡さんは現在若手の育成を行っているとのことですが、若い職人を支援するために行っていることなどはありますか?

若手支援のために、さまざまなイベントや教室、大会などを行っています。たとえば、「キッザニア」という子ども向けの職業体験型テーマパークで、夏休み特別企画としてオリジナルの腕時計を作る時計職人体験を開催することもあります。子どもたちは、職人の指導のもとで「時計職人」としてキッザニアオリジナル腕時計を組み立てることができます。このような子ども時計教室は、ほかにも多く開催しています。また、「技能五輪全国大会」という大会ににおける時計修理職種の継続開催・選手育成なども行っております。


――お仕事とリンクする、休みの日にありがちな「あるある」があれば教えてください。

テレビやラジオの時報と自分の時計を見比べて、秒針までぴったり合っているかどうかの確認は普段からしています。また、人の時計を見せてもらうときに、相手に時計を外してもらい自分の手に持って、まず裏側を見て時計の番号・性能・仕様等をチェックしたりもします。テレビに映る人たちがはめている時計の観察も普段から何気なくしていますね。

腕時計をしたままお風呂に入ってしまうことも!

――意外と知られていない、時計職人の知られざる事実やトリビアを教えてください。

普段から細かい部品を見て仕事をしているため、年を取っても細かな物がくっきりと見えます。裸眼の視力は年齢とともに低下しますが、拡大鏡や顕微鏡を使えば、若いときのようにくっきり見えますよ。

また、時計職人は価格だけでなく、珍しい時計や、自慢できるこだわりの時計を持っています。複数個持っていることは当たり前で、ちなみに私は50個位持っています。めったにはめない時計もありますが、どれも大切な思い入れのある、気に入った時計です。

それから、時計に関する話し合いのとき、○○社のキャリバー〇〇とキャリバーナンバー(固有の機種コード)で話すことや、いろいろな時計の部品形状を覚えていることもあるあるんです。また、時計の寸法単位であることから1/100mmを1と言い、1mmは100と言うのも時計職人ならでは。

時計職人にとって腕時計は体の一部になっているため、たまに腕時計をはめたまま入浴し、金属バンドや、ケースをボディーソープで洗ってしまうこともあります(笑)。


――最後に、お仕事の中で一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

技能五輪全国大会で、自分の教え子が優勝し、金賞を取ったとき、確かに襷が受け継がれたと実感しました。自分も先輩に教えて頂き、技能五輪全国大会で金賞を取ったので、同じことを自分ができたときは嬉しかったですね。


若手を支援する教室や大会もたくさん開催されているので、職人としての腕を磨くチャンスがたくさんあります。身に付けた技術は一生もの。さらに、その技術は後の世代に受け継いでいくべきものです。若いうちに頑張って技術を磨いて、優秀な職人を日本に残していきたいですね。時計作りの仕事に興味がある人は、ぜひ一度近くで行われている教室や大会を見学に行ってみてはいかがですか?


【profile】一般社団法人 日本時計協会 竹岡一男
http://www.jcwa.or.jp/

この記事のテーマ
ファッション」を解説

ファッションの専門知識や業界のビジネスノウハウを学び、感性やセンス、基礎技術を磨きます。作品の発表会や学外での職業実習などを通して職業人としての実践力を身につけるほか、資格取得を目指すカリキュラムもあります。仕事としては、素材づくりや縫製など「つくる仕事」と、PRや販売促進などファッションビジネスに関わる仕事に分かれます。

「ファッション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「時計職人」
はこんな仕事です

時計のメカニズムを理解し、一から組み立てられる職人。内部構造の設計、修理、部品制作といった仕事がある。勤務先は時計店や時計メーカーなどが主になる。取り扱うのは腕時計から置き時計、壁掛け時計など幅広く、最近は電池駆動のクォーツ式やストップウォッチ機能付きのクロノグラフが主流。それに対応した専門知識と技術の需要が高まっている。機械工学が得意で手先が器用、時計のデザインにも関心があれば適性がある。「時計修理技能士」という国家資格や時計の本場スイスへの留学などで、本格的なスキルを学べる。

「時計職人」について詳しく見る