【シゴトを知ろう】雑貨カフェクリエイター 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】雑貨カフェクリエイター 編

2016.12.05

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】雑貨カフェクリエイター 編

「雑貨カフェクリエイター」という資格はあまり耳慣れませんが、実践的な雑貨店やカフェの店舗計画から経営、物販に関わる部分まで学ぶことができる資格です。
今回は、東京・調布にあるカフェを経営しながら、カフェを開業したいという方へのアドバイスもしている雑貨カフェクリエイターの上薗正美さんにお仕事について伺いました。

この記事をまとめると

  • カフェ経営・運営と平行して、カフェ開業に関する相談を受けている
  • 実は人見知り。でも、アルバイトをきっかけに接客のおもしろさに気付く
  • お客様やスタッフ、自分自身が楽しめる店作り。客観的な視点を持ち、先を見て考えられる人が向いている

カフェ開業を目指すなら、現実を見てつぶれないお店を目指すことが大切

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えて下さい

経営しているカフェの店舗運営と平行して、カフェなどの開業に関する相談をいただいた場合には、メールでアドバイスなどをしています。
資格を取得された方の中には、雑貨カフェなど複合店をされている方もいるのですが、私のお店はカフェのみです。今は店舗の経営がメインで、スタッフがいる時間帯にはスタッフを中心に接客してもらい、雑貨カフェクリエイターとしての相談にメールで対応しています。

<一日のスケジュール>
10:00 仕込み・開店準備
11:00 開店
    接客・調理、カフェ開業相談などに対するメール対応
    夕方ぐらいからは翌日の仕込みなど
22:00 閉店
22:10 帰宅


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

女性から、カフェを開きたいと相談いただくことがよくあるのですが、どうしても「お店を持ちたい」という夢が大きすぎてしまって、なかなか現実的な部分まで考えられていないという方も多くいらっしゃるんです。
そういう方に「つぶれないお店を作るための勉強をした方がいいよ」とアドバイスさせていただくと、すごく真剣に聞いていただけます。「もう一回勉強します」としっかりと現実を見て開業について考えてもらえる瞬間というのは、雑貨カフェクリエイターをさせていただくかいがあるなと感じます。


Q3. 仕事で大変なこと・辛いと感じることはありますか?

接客や雑貨カフェクリエイターの仕事という部分には、そこまで大きな苦労はないと思います。
実際に店舗を運営していると自分一人では回らないことも起こるので、店舗経営という面では、スタッフの管理や「人を雇う」ことに対して、慎重になる場面もあります。

ファストフードのアルバイトで飲食に興味を持つ。最初は移動カフェから

店頭では手作りのシフォンケーキなどを販売

店頭では手作りのシフォンケーキなどを販売

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?

若いときに、「お店をやりたいな」という想いは持っていたと思います。祖父母がおせんべい屋さんをしていて、母も居酒屋さんをしていたことが影響しているかもしれません。

最初は、カフェワゴンのような移動販売のスタイルでコーヒーとクレープを出すお店をしていたのですが、主人が「頭金を貯めてあるから」と言ってくれたことがきっかけで、店舗を構えようと思いました。
カフェでの勤務などもしていたのですが、多くのお客様に来ていただけるお店を作りたいと思ったので、雑貨カフェクリエイターの勉強をしようと思って資格を取得しました。


Q5. 専門学校では何を学びましたか?

高校は普通科に進んで、専門学校では秘書課で勉強をしました。
勉強のことでは直接的なつながりは無いとは思うのですが、学生時代にファストフード店でアルバイトをしていたこともあって、そこから飲食に対する興味というものが強くなっていったように思います。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

知り合いに美容師のお姉さんがいたので、美容師になりたいと思ったことがありました。ちょっと教わって、妹の髪を切ったりしていましたね。

元々人の輪の中に入っていくことが苦手なタイプで、人見知りという面があったと思います。
ただ、学生のときにアルバイトをして気付いたのは、「お仕事なら人と話せる」ということ。そこから、接客を仕事とすることがおもしろいと思えるようになりました。
接客という意味では、もしかすると美容師という夢とは、ほんの少しだけつながっているのかなと思います。

夢は「見つけるもの」ではなく「見つかっていくもの」

Q7. どういう人が雑貨カフェクリエイターに向いていると思いますか?
 
カフェを自分で経営するだけではなくて、オーナーになりたいという人が向いていると思います。私自身も、「お店は人に任せて、複数の店舗を持つ」というのが夢ではあるので。

実際に店舗経営をしていると、もちろん見たくないけど赤字といったこともあると思います。ただ、それに対して一喜一憂してしまうのはよくないことなので、冷静かつ客観的に現実と向き合いながら、先を見て考えることができる人というのも重要ですね。
お客様やスタッフにも楽しんでもらわなくてはいけないですし、自分自身も楽しむということが大切なことだと感じます。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします

私にも高校生の息子がいるのですが、よく言っているのは「やりたいことをやりましょう」ということです。
今はまだ夢が見つかっていなかったり、目的がなかったりという人でも、必ず「やりたいこと」は見つけることができると思います。夢というものは、見つけようと思って「見つけるもの」ではなくて、生活する中で「見つかっていくもの」だと思うので、やりたいことをやってもらうのが一番いいかなと思います。


店舗経営で積んだ経験を生かしていくことで、将来的にはカフェのコンサルティングなどもしてみたいという上薗さん。「雑貨カフェクリエイター」という肩書だけで仕事をするのはなかなか難しいようですが、店舗経営と平行して目標を目指すことはできるようです。
飲食業や物販業に興味があるという人は、実践的な知識を得るために資格取得を考えてみてはいかがでしょうか?


【profile】Cafe bar LAPOT(ラポット) 代表 上薗正美
HP https://lapot-cafe.com/
Facebook https://www.facebook.com/sengawalapot
Twitter https://twitter.com/lapot_cafe
Instagram https://www.instagram.com/lapot_cafe/

この記事のテーマ
食・栄養・調理・製菓」を解説

料理や菓子などの調理技術や、栄養や衛生などに関する基礎知識を身につけます。職種に応じた実技を段階的に学ぶほか、栄養士などの職種を希望する場合は、資格取得のための学習も必須です。飲食サービスに関わる仕事を目指す場合は、メニュー開発や盛りつけ、店のコーディネートに関するアイデアやセンス、酒や食材に関する幅広い知識も求められます。

「食・栄養・調理・製菓」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「雑貨力フェクリエイター」
はこんな仕事です

雑貨とカフェのプロとして、店舗のコンセプトを立案し、経営やカフェメニューを提案する民間の資格。雑貨カフェは、カフェの中でも雑貨とカフェを結び付けた比較的新しいスタイルの業態である。主なビジネスの相手は、飲食店や雑貨ショップのオーナー、百貨店や大手カフェチェーンの企業など。また、企業の商品開発関連の部署で活躍したり、自ら雑貨カフェを経営したりする人もいる。時代の雰囲気や流行を敏感に察知して、こだわりの空間をつくり上げる喜びがある。

「雑貨力フェクリエイター」について詳しく見る