【シゴトを知ろう】アニメーター 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】アニメーター 〜番外編〜

2016.11.15

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】アニメーター 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】アニメーター 編」では、東京都の吉祥寺にあるアニメ制作会社「絵梦(えもん)株式会社」で、アニメーターとして活躍している道下亮太さんに、お仕事の内容や魅力について伺いました。記事を読んで、「アニメ業界の実情をもっと知りたい!」と思った人もいるでしょう。

そこで、こちらの記事では番外編として、アニメーターのお仕事の「あるある」や、知られざる一面についてお話を伺ってみました!

この記事をまとめると

  • アニメ業界において、スケジュールが当たり前のようにずれていくことがある
  • 突如「総集編」や「番外編」が挟み込まれのは理由があった!?
  • 自分の考え方や技術が向上するにつれて、「アニメの粗」が見えてくる

仕事をせかされて、リテイクになってしまうことも

――アニメーション業界を描いたアニメ作品に『SHIROBAKO』があります。道下さんと同じ「作画セクション」に就いているキャラクターもいましたが、観ていて「あるある」と感じたことはありますか?
 
そうですね、けっこうありましたね。特に、「制作進行」(作画の進捗管理や回収などを行う仕事)の業務に就いている主人公から、原画をせかされて、荒い仕事をしてしまい、リテイク(やり直し)になってしまう……、というエピソードは「あるな~」と思いました。自分も、突然「今日までに3カットほしいな」などと言われて、急いで仕事をしたこともあるので。そういうときは、どうしてもクオリティは下がってしまって、描きもらしが出てしまったりもするんです。
 
 
――ほかに、お仕事における「あるある」があれば、教えてください。
 
あるあるというか、むしろ常識なのですが、アニメ業界において「スケジュールはどんどんずれていく」ものです。気づいたら、1か月も、2か月もずれていきます。大体、納品日当日に、ギリギリ納品することになるのですが、間に合わない場合もあります。アニメを観ていて、ストーリーは盛り上がってきているのに、突如「総集編」や「番外編」が挟み込まれたことはありませんか?「5話」の次に、6話ではない「5.5話」が放送されたり。あれは、「落としてしまった(間に合わなかった)」可能性が非常に高いんですよ。

出来がいいアニメ作品でも、粗が見えてしまう

――プライベートで、アニメを観ているときに、「お仕事目線」で観てしまうことはありますか?

一般的には、出来がいいといわれているアニメ作品でも「粗が見えてしまう」ことはありますね。例えば、「あれ、今の動き何か飛んだな」「あそこ、影の色じゃなくて髪の毛の色になっているよね?」などと、普段仕事に携わっていなければ見えてこないようなことが見えてきます(笑)。

しかも、自分の考え方や技術の向上ともリンクしているようで、どんどんどんどん見えてくるんですよ。1年前観たときはそうでもなかったのに、今観ると「あれ!?」みたいな……。そうなると、あまりアニメが楽しく観られなくなってくるという恐ろしさがあります(笑)。

アニメーターのほとんどは、フリーランス(自営業)である

――このお仕事の知られざる事実やトリビアを教えてください。
 
会社にいるアニメーターでも、たいていの人は「フリーランス(自営業)」です。「会社の席を借りている」状態だと考えると、分かりやすいかもしれませんね。私も前にいたスタジオで電話対応を行っていたときに、よく「あなたは社員じゃないの?」と聞かれて、フリーランスだと説明しても、なかなか納得していただけなかったこともあります。アニメーターを社員扱いで、雇っているという会社のほうが珍しいんですけどね。



「関わった作品の放映を観て、エンディングクレジットに名前が載っているのを観たときは、『仕事をやったんだなー』と感慨深い気分になります」という道下さん。多忙で苦労も多いアニメーターの仕事ですが、自分の描いたイラストが動くのを観た瞬間は、何物にも代えがたい達成感を感じるようです。アニメーターを目指しているみなさんは、道下さんのお話を参考に、今から仕事の心構えを作っておくとよいかもしれませんね。
 
【profile】絵梦株式会社 道下亮太
【取材協力】絵梦株式会社
http://www.haoliners.jp/

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「アニメーター」
はこんな仕事です

セルアニメの作品をつくるにあたって、何百枚もの透明なシートに連動する静止画を描き、アニメ動画に仕立てる。種類は“原画”と“動画”の2つ。原画マンが連続するポーズ(中割り)を描き、動画マンがその繋がりを描く。着色は領域外。原画マンは、監督や演出家がつくった絵コンテを基にカメラワークや背景画、ラフをつくるのも仕事だ。動きの速さを想定した分割の指示も行う。技量が認められ、作画監督を経て数々の人気作品を手がける売れっ子や、監督になる人もいる。

「アニメーター」について詳しく見る