【シゴトを知ろう】オーケストラ団員 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】オーケストラ団員 〜番外編〜

2016.11.15

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】オーケストラ団員 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】オーケストラ団員 編」では、神奈川フィルハーモニー管弦楽団で首席ホルン奏者として活躍している豊田実加さんにお仕事内容や魅力について伺いました。オーケストラ団員の方は、お休みの日にも練習を重ねなければいけないと知って、驚いた人もいるかもしれません。

こちらの記事では番外編として、オーケストラ団員のお仕事の「あるある」や、知られざる一面についてお話を伺ってみました! 

この記事をまとめると

  • 休みの日にも練習することは、周囲の人になかなか理解されづらい
  • 電車に楽器を置き忘れそうになった結果、サイフを落としてしまった
  • 中学の先生が演奏を聴きに来てくれたことは、最高の思い出

お休みの日や旅行中も、楽器の練習は欠かせない

――オーケストラ団員の方は、休みの日も練習をしているそうですね。なかなか、そのことを周囲の方には理解してもらえないと聞いたことがありますが、実際はどうでしょうか?
 
もちろん、そういうことはあります。純粋に疑問に思って聞いているんでしょうけど、「なんで、休みの日なのに練習するの?」と聞かれます。仕事がない日に、何人かで集まって練習をすることもあるんですが、その話をすると、「なにそれ?」って言われてしまうことも……。でも、休みの日だからこそ、やらなきゃいけない準備がたくさんあるんですよ。

この業界じゃない人とお付き合いして、「なんで、休みの日なのに一緒に出かけられないの?」と言われて、ケンカになってしまった知人の話も聞いたことがあります。そうなってしまうと、お互いにつらいですよね。

 
――練習が欠かせないために、旅行にも楽器を持っていく方もいるとお聞きしました。

私も、「もう、この旅行期間中は楽器にはさわらないぞ」って思って、楽器を置いていくこともありますが、やっぱり心残りになるくらいなら持っていきますね。ホルンのような金管楽器は「マウスピース」という吹き込み口がついているんですけど、せめてその部分だけは持って行って、くちびるの感覚がなくならないようにしています。
 

テレビのBGMを聴いて「自分が吹いた曲だ」と気づくことも

――お仕事にリンクする、休みの日にありがちな「あるある」を教えてください。

お仕事で、ドラマや映画の音楽の録音をさせていただくこともあります。休みの日にテレビを見ていて、BGMが流れてきて、「なんか聴いたことあるな。これ、なんだっけな~」と思っていると、実は自分が吹いた曲だったりすることも。いろいろな曲をたくさん録音するので、どうしても忘れてしまうんですよね。

「サイフより、楽器が大切な自分」に驚いた

――お仕事をされていて、一番驚いてしまった経験は何ですか?

以前、電車を降りる際に、楽器を置き忘れそうになったことに気づき、慌てて楽器を担いで降車した結果、サイフを落としてしまったことがあります。そのときは「サイフより、楽器が大切な自分」に驚いてしまいましたが、その日は本番がありましたし、今考えると、落としたのが楽器じゃなくてよかったな……と思います。



お仕事の中で一番の思い出は、「中学校のときにホルンをおすすめしてくれた部活の顧問の先生が、演奏を聴きに来てくれたとき」だと話す豊田さん。一番お世話になった先生に恩返しできるきっかけができてうれしかったそうです。日頃の真剣な練習の姿勢が美しい音色を生むのだということが、豊田さんのお話から分かりました。

この記事を読んだみなさんも、今度オーケストラを聴きに行ってみてはいかがでしょう? きっと、今までとは違う感覚で音楽が楽しめるようになると思いますよ。
 
【profile】神奈川フィルハーモニー管弦楽団 首席ホルン奏者 豊田実加
【取材協力】神奈川フィルハーモニー管弦楽団
http://www.kanaphil.or.jp/

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「オーケストラ団員」
はこんな仕事です

交響楽団のメンバーとして演奏する。入団は欠員が出た楽器ごとにオーディションが行われることが多い。音楽大学などではオーケストラはもちろん、多様な編成のアンサンブルのカリキュラムが組まれている。豊富な経験を持った指導者や切磋琢磨する仲間と出会うきっかけにもなるだろう。交響楽団では数多くのコンサートが行われ、演奏される曲もさまざま。大きなホールから地方の学校訪問まで、幅広い企画が組まれることも多いので、コンディションの管理やバリエーションに富んだ演奏への対応力に加えて、クラシックの素晴らしさを広く世の中に広めたいという強い気持ちが求められる。

「オーケストラ団員」について詳しく見る