【シゴトを知ろう】クラシック演奏家 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】クラシック演奏家 〜番外編〜

2016.11.15

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】クラシック演奏家 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】~クラシック演奏家 編」では、チェリスト(チェロ奏者)として活躍している原 永里子さんにお仕事内容や魅力について伺いました。

高校生にとっては、普段なかなか知ることのないチェリストのお仕事。こちらの記事では、番外編として、お仕事の「あるある」や、知られざる一面についてお話を伺ってみました! 

この記事をまとめると

  • お店のBGMや電車の発車メロディーは、すべて「ドレミ」で聴こえる
  • 休みの日も「仕事は入っていないかな?」とスケジュール確認を繰り返す
  • ソロのCDを出したときは、一つの目標がクリアできたと感じた

クラシック演奏家の自宅クローゼットはドレスだらけ

――クラシック演奏家は、人から見られる仕事なので、「見た目」にも非常に気を遣っていらっしゃるとお聞きしました。具体的には、どのようなことに気を配られているのでしょうか?
 
衣装でロングドレスを着たとき、肌が見えるのは、鎖骨と二の腕の部分です。その辺が痩せていると、全体的にもやせて見えるので(笑)、演奏家はみんな上半身に気を遣っています。

ちなみに、ドレスは自前であることが多いので、家のクローゼットはドレスだらけだったりもします。ヘアアレンジも自分でしなければいけないことが多いので、アレンジを得意としている演奏家の方は多いんですよ。
 
 
――ほかにも、お仕事にまつわる「あるある」を教えてください。

お店でかかっている音楽を聴くと、すべて「ドレミ」の音階で聴こえてしまうんです。そういう現象は常に起こっていて、電車が発車するときのメロディーなども全部ドレミで聴こえますね。

また、テレビやCMで音楽が使われると、やたらと真剣に聴いてしまいます。曲の構成などが気になってしまって、ドラマの内容が頭に入ってこないこともあります(笑)。

休みの日の「癒し」は、クラシックではなく「洋楽」

チェリスト(チェロ奏者)の原 永里子さん

チェリスト(チェロ奏者)の原 永里子さん

――お休みの日にまつわる「あるある」はありますか?

この仕事は、休みの日がしっかりと決まっていない仕事なんです。また、急に仕事が入ってくることもあるので、休みとされている日でも、「本当に仕事が入っていないかな?」と繰り返し確認してしまいます。


――このお仕事の知られざる事実やトリビアを教えてください。

私の場合は、意外と家ではクラシック音楽を聴かないです。仕事のために「勉強をしよう」と思って聴くことはありますけど、「癒し」を求めて聴くことはできなくて。いろいろ考えちゃうんで。「癒し」としては、洋楽を聴いていますね。

いろいろな方の支えがあって、ステージに立てている

――お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

2年前に、初めてソロのCDを出しました。長年の私の夢だったので、CDを出すと決まったときは「一つの目標がクリアできたな」と感じることができました。また、いつもステージに立って演奏をするときに、お客さんの顔が見えると、自分のために集まってくださっているということにすごく感激しますね。いろいろな方の支えがあって、自分がステージに立てているんだと感じられることが、この仕事の醍醐味だと思います。


クラシック演奏家の方は、家でもクラシックを愛聴しているのかと思いましたが、そうではないというのは意外でした。この記事を見て、チェリストやクラシック演奏家の仕事に興味を持った人は、インターネットなどを使って詳しく調べてみてくださいね。
 
【profile】チェリスト 原 永里子
【取材協力】森音楽事務所
http://www.mori-music.com/index.html

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「クラシック演奏家」
はこんな仕事です

クラシックのジャンルにおいて、ソロで演唱、演奏する機会のあるソリストのことを指す。演奏に関しては、ピアノ、バイオリン、チェロ、フルートといった楽器演奏者がソリストに選ばれることが多く、スタジオ録音のCDを発表することもある。海外留学やコンクールでの受賞などの経験を重ねることで、実績が評価されることが多い。交響楽団のメンバーから選ばれる場合もあるが、オーディションを開催して広く募集することもある。オーケストラとの共演にも見劣りしない堂々としたソロを演唱、演奏することで、観客の心を魅了することができる。

「クラシック演奏家」について詳しく見る