【シゴトを知ろう】作詞家 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】作詞家 編

2016.11.14

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】作詞家 編

みなさんは音楽を聴くときに、メロディだけでなく歌詞も気になると思います。うれしいとき、悲しいとき、自分に置き換えて音楽を聴くことができるのは、心に残る歌詞があるからこそ。

そんな歌詞を作る仕事が、「作詞家」です。今回は、ゆいかおりさん、吉木りささん、斉藤由貴さんなどの曲から、『おジャ魔女どれみ』『けいおん!』『Go!プリンセスプリキュア』といったアニメ曲の歌詞までを手掛けている作詞家・大森祥子さんにお仕事の内容について詳しく伺いました。

この記事をまとめると

  • レコーディングに立ち会い、その場で歌詞を変える場合もある
  • 心の機微を表現する仕事なので、感受性が豊かな人が向いている
  • メロディに合わせてまずは詞を書いてみると良い

レコーディングに立ち会い、その場で歌詞を変える場合もある

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えて下さい

私は作詞家として、レコードメーカーのディレクターさんなど、音楽制作の方から依頼を受けて詞を書きます。曲が先に出来ていて、それに合わせて詞を書くことがほとんどですが、ごくまれに、詞を先に書く場合もあります。何の歌なのか、誰が歌うのか、どのような人に届けたいかなどに沿って、歌詞の内容が決まります。アニメの主題歌などでは、詞を書くより前に、その作品についての資料読みなどもします。

レコーディングでは、歌手の方が歌ってみた感じを聴き、協議の末、その場で詞を変える部分が出ることもまれにあります。また、歌のタイトルは、基本的に作詞家が考えます。名前をつける感覚で楽しいですが、タイトルはその楽曲の顔となるものですので、重要な作業です。

締め切りに合わせて動くので、一日の流れは非常に不規則です。私は夜に詞を書くことが多いので、夜中じゅう仕事をして、朝から寝て、昼頃起きる、というパターンが多いです。PCに向かってずっとお仕事をされる方もいらっしゃるようなのですが、私の場合は、まずは手書きをします。リラックスした状態の時に、ふっと歌詞のフレーズが浮かぶことが多いので、ソファやベッドの上でくつろぎながらや、カフェやファミレスで書いたり、愛犬の散歩中やお料理をしながら思いついたりすることもありますね。


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

私は“言葉”が好きで、“歌”も好きなので、それを作らせていただけて、会うことのかなわないたくさんの人と共有できるのは、素敵なことで、幸せだなと思います。作詞を始めた時、武道館で自分の書いた歌を聴く、ということを目標の一つに掲げていたのですが、それがかなった時は、とてもうれしかったのを覚えています。


Q3. 仕事で大変なこと・辛いと感じることはありますか?

苦労は、ないです(笑)。歌詞を書くことは、苦しくても、楽しいですから。

ディレクターに詞を送り続け、初めて仕事の依頼を請けたのは高校2年生のとき

作詞家・大森祥子さん

作詞家・大森祥子さん

Q4. どのようなきっかけ・経緯でその仕事に就きましたか?

“書く”という作業がとても好きだったので、将来は、何か書く仕事をしたい、と思ったのが高校1年生の時でした。作詞家はどうだろう、とふと思って、持っていたCDのクレジットでレコードメーカーのディレクターさんの名前を調べて、その方宛に詞を5つ書いて送ってみたら、それをたまたま読んでいただけて。「もっとあるよね? これからも送ってください」と連絡をいただいたことがきっかけで、詞を書き始めました。

仕事として本格的に取り組むようになったのは、大学を出てからでした。ちょうど卒業の年に、作家事務所に所属することが決まって、最初の頃はダブルワークを認めていただける会社に、新卒で就職もしました。作家事務所は最初の3年間所属して、以来、現在までフリーで活動しています。


Q5. 大学や専門学校、またはそれにあたる過程で学んだことは、どのように生きていますか?

作詞のために、と特に意識をしたことはないですが、子どもの頃から国語が得意でした。古文や漢文も好きでしたし、英語もわりと好きでした。大学では第二外国語でフランス語を専攻しましたが、それもやはり楽しかったです。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

当時から書く仕事をしたいと思っていました。毎日詞を書いて、連絡をくださったディレクターさんに見てもらい続けていたら、高校2年生の終わりに、初めてお仕事として頼んでいただけました。そのCDが発売されたのが、高校3年生になった春のことでした。

また、当時大好きだったのが、雑誌では『Olive』、音楽では松田聖子さん、渡辺美里さん、斉藤由貴さん、遊佐未森さん、作家では吉本ばななさんと銀色夏生さん。うまくいえないですが、その頃の大好きだったものが、全部、今につながっている気がします。

心の機微を表現する仕事なので、感受性が豊かな人が向いている

大森さんが作詞で使われている、打ち合わせノート及びネタ帳のスケッチブック、携帯、ペン

大森さんが作詞で使われている、打ち合わせノート及びネタ帳のスケッチブック、携帯、ペン

Q7. どういう人が作詞家に向いていると思いますか?

資格が必要ではないので、基本的には誰でもなれると思うのですが、心の機微を表現することが求められる仕事ですので、感受性が豊かな人が向いているのかなと思います。同業者の方はみなさん、優しくて繊細な方が多い印象を受けます。

あとは共感力が高いというか、感情移入しやすい人は向いていると思います。アーティストがご自身で歌うための歌を作るのと違って、作詞家はいろいろな人の歌を書くので、歌の主人公になりきれる力、それには想像力ももちろん必要ですが、プラス共感力が大事なのかな、と。

また、競争が激しく、厳しい世界でもあるので、ちょっとのことではへこたれない、コンペ(ひとつの曲に、何人もの作詞家が書く)で選ばれなくても、「次がまたある」と頑張れるしぶとさも必要です。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします

作詞には、どんな経験も知識も役立ちますから、高校時代は興味や好奇心のアンテナを広げて、うれしいや楽しい、悔しいとか悲しいという感情をたくさん感じてください。勉強も、部活も、恋愛も失恋も、友だちと遊ぶことも、全部、後々役に立ちますよ。

いろいろな歌を聴いて、詞を読むだけでも勉強になると思いますが、実践的なこととしては、既存の曲を替え歌感覚で、メロディに合わせて、自分の言葉で書いてみてはいかがでしょうか。



大森さんは、将来書く仕事をしたい、自分の詞を誰かに見てほしい、という思いが行動力につながり、現在に至ったようです。作詞家のお仕事に関心がある人は、まずは音楽に合わせて自分なりの歌詞を書いてみてはいかがでしょうか。

【profile】作詞家 大森祥子
ツイッター
https://twitter.com/shokooomori
ブログ
http://ameblo.jp/marjoram-nail/

大森さんが手掛けた作品
提供アーティスト:
喜多村英梨、ゆいかおり、小倉唯、三森すずこ、加藤英美里、吉木りさ、柿原徹也、椎名へきる、植村花菜、新妻聖子、杉山清貴、斉藤由貴など(敬称略)

アニメ:
『おジャ魔女どれみ』OP&ED主題歌
『デジモンアドベンチャー』挿入歌
『けいおん!』・『けいおん!!』OP&ED主題歌・劇場版挿入歌
『Go!プリンセスプリキュア』OP主題歌・劇場版挿入歌
『プリンスオブストライドオルタナティブ』ED主題歌・全キャラクターソング
『どちゃもんじゅにあ』OP&ED主題歌など

※メイン画像:スタジオにて音を聴きながら、歌詞をチェックしている大森さん

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「作詞家」
はこんな仕事です

楽曲の歌詞を制作する仕事。時代性を描き、人の心を揺さぶり、同時に曲のリズムにもフィットする詩をつくり、ヒット曲をめざす。ヒット曲が出れば、印税が入り高収入も夢ではない。作業は歌詞先行でつくることもあれば、曲に合わせて詩を付けることもある。昨今は歌手自ら作詞、作曲をすることもあるが、発表される楽曲が多いので作詞のニーズは減っていない。プロのへの道は専門学校で技術を磨いたり、作詞家に弟子入りしたり、コンテストに応募したり、レコード会社に作品を売り込んだりすることで開かれる。

「作詞家」について詳しく見る