デンマークの医療は無料ってホント?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

デンマークの医療は無料ってホント?

2015.09.09

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

デンマークの医療は無料ってホント?

北欧は社会福祉制度が充実していることで有名ですが、特にデンマークは福祉や医療制度が充実していることから「世界一幸福な国」にも選ばれたことがあります。デンマークの国を挙げての制度に注目してみましょう。

この記事をまとめると

  • デンマークは毎年さまざまな幸福度調査で高順位をキープしている
  • デンマークにはいつでも手軽になじみの医者に受診できる手厚い医療制度がある
  • デンマークの高税率・高福祉は日本の未来の希望となるかもしれない

デンマークは世界でも有数の幸福な国

「幸せな生活を送りたい!」ということは誰もが思うことです。しかし「幸せ」と聞いて思い浮かべる姿は人それぞれで、一言では表しきれません。その「幸せ」を国連が指標化し、ランキングにしているのは知っていますか? その名も「World Happiness Report(世界幸福度報告書)」。各国の制度に反映させることを目的として2012年に初めて発表しました。これは、裕福度(国民1人あたりの実質GDP)、健康度(健康寿命)、人生選択の自由度、汚職レベルの低さ、寛容度などを多面的に指数化し、評価したものです。そして、2015年に発表された最新の調査結果で1位となったのはスイス。次いでアイスランド、デンマークと続きます。さらに、国連以外にもさまざまな機関が幸福度の調査を発表していますが、中でもデンマークは軒並み高順位を獲得しています。デンマークがこれだけの高評価を得るのはなぜでしょうか。

手厚さが魅力のデンマークの医療制度

教育、仕事、環境など暮らしをつくるキーワードはたくさんありますが、なかでもデンマークが独自の仕組みを確立している医療制度は世界からも特に注目されています。その代表的なものがホームドクター制です。
デンマークの医療は原則的に地域が提供しています。住民には開業家庭医であるホームドクターがいて、緊急時以外はほぼどのような病気でも最初はホームドクターの診察を受けます。必要に応じてホームドクターは、専門医院や病院などに招待状を書いてくれるため、重い病気や大きなけがのときは高度な医療機関にかかることができます。その他にも、当番制で緊急医療サービスを24時間体制で運営したり、妊娠時には出産前後定期健診も行ったりします。そして、デンマークの医療制度の一番のポイントは、基本的な診療は無料で受けることができるということです。住民にとってみれば、これはいつでも手軽になじみの医者にかかることができる手厚い制度であり、デンマークは幸せな国といわれる大きな理由だと考えられています。

デンマークは日本の未来の希望となるのか

デンマークの医療制度のことを聞くと、なんと素晴らしい制度! と感嘆しますが、同時にこれだけの充実した制度を維持できるのは何か秘密があるのでは? と疑問に思いますよね。もちろん、デンマーク国民は無条件でこのような恩恵を受けられるわけではありません。この制度を保つための莫大なお金は、全て税金によってまかなわれています。実はデンマークは世界で随一の高税率国家でもあるのです。
例えば、累進課税をとる所得税は最高税率60.2%、そして日本の消費税にあたる付加価値税はなんと25%にもなります。日本では昨年所得税・消費税増税に大きな反対運動が起こり、不況をもたらすのではと心配されました。しかし実際には増税された今も所得税が最高45%、消費税も8%とデンマークに比べて非常に低税率なことが分かります。たしかにデンマークと日本は国土面積や人口、経済状況など条件は全く一緒ではありません。しかし、税率が高くてもを幸せな国になれることをデンマークが立証しているのです。皆さんが大人になるころには日本の消費税はもっと上がるともいわれています。もし相次ぐ増税に不安を覚えるなら、デンマークの成功が参考になるかもしれません。もちろん、どのような制度でも良いことづくめというわけではないでしょう。日本の医療や福祉は政治や政策とも大きく関わっています。デンマークの制度に興味を感じるなら、政治学を学び、より深く研究することが日本の未来に対する明るいヒントを導き出してくれるかもしれませんね。

この記事のテーマ
法律・政治」を解説

国家は通常、多数の国民によって構成されています。それぞれ考え方が異なる国民をひとつの国家としてまとめようと考えれば、法律によって義務や権利を定め、政治(行政)によってそれらをきちんと運用していくことが必要になります。歴史上、多くの国家がこうしたことを目指し、あるものは成功してあるものは失敗してきました。どのようなときにあっても、道しるべとなるべき法曹家や政治家や評論家などの専門職は不可欠です。

「法律・政治」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「政治学」
はこんな学問です

社会制度の基礎となる枠組みを決めるのが政治であり、政治理論、政治思想史、政治史、公共政策、国際政治などについて総合的に研究するのが政治学である。具体的には、国内の少子高齢化と介護福祉の問題などの目の前の問題から、世界の平和を危うくする海外の紛争と難民の問題まで、政治学的なアプローチによる幅広い研究がなされている。また、より公正な政治を実現するために、国によって異なる国家を統治する仕組みや制度についての比較研究も行う。

「政治学」について詳しく見る