【シゴトを知ろう】ディスパッチャー 番外編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】ディスパッチャー 番外編

2016.12.07

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】ディスパッチャー 番外編

「【シゴトを知ろう】ディスパッチャー 編」では、日本初のLCC(※)として人気を集めている「Peach」でディスパッチャーとして働いている大原広一郎さんに、お仕事内容や魅力について伺いました。飛行機を安全に目的地に飛ばすために力を尽くすお仕事に興味を持った人もいるのではないでしょうか。

普段、なかなか知ることのできないディスパッチャーのお仕事。こちらの記事では、番外編として、ディスパッチャーのお仕事の「あるある」や、知られざる一面についてお話を伺ってみました!

この記事をまとめると

  • プライベートで飛行機に乗る際も、滑走路・出発時間などが気になる
  • ディスパッチャーには地理好きで、自己完結している性格の人が多い
  • 会社の初便の運航に関わったときは、言葉では言い表せないほど感動した

準備万端のときに限って、台風も大雪も来ない?

――このお仕事ならではの、仕事上の「あるある」なことを教えてください。
 
台風や大雪など、天候に関するイレギュラー(いつもと違う状態)のときは、各部署との事前準備をきっちりしておく必要がありますが、準備万端の際に限って、結果的に、台風や大雪が運航に大きな影響を及ぼさなかったりします。
 
 
――お仕事とリンクする、休みの日にありがちな「あるある」があれば教えてください。

例えば、プライベートで飛行機に搭乗する際は、離発着する目的地の滑走路を把握しておかないと気が済まないことですね。
また、飛行機に乗っていて、出発時間を過ぎるとソワソワしちゃいます。
飛行機が揺れた際は、雲の影響か、それとも別の影響なのか気になりますし、雲の場合は、どれくらい濃い雲なのか無性に気になって、窓の方を注視してしまったり。

結構「あるある」がありますね(笑)。

ディスパッチャーは、「プロスポーツ選手」並みにサインをこなしている

パイロットがいても、ディスパッチャーがいないと飛行機は運航できない

パイロットがいても、ディスパッチャーがいないと飛行機は運航できない

――このお仕事は、パイロットに指示を出すことから「地上のキャプテン」と呼ばれることもあるとお聞きしました。このように、意外と知られていないこのお仕事の知られざる事実やトリビアを教えてください。

パイロットがいても、ディスパッチャーがいないと飛行機って運航できないものなんです。例えば飛行計画書を有効にするために、Peachでは機長と運航管理者は自筆でサインをしています。そのため年々、路線や便数が増加しているPeachの運航管理者は、プロスポーツ選手並みにサインをこなしていきます(笑)。

また、私の知る限り、ディスパッチャーは社会の科目では地理が好きな人が多いように思います。

ディスパッチャーは、飛行機のフライトを陰で支えているヒーロー

――お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

Peachでは、会社設立時から携わってきたので、会社の初便の運航に関わったことは言葉では言い表せないほど感動的でした。また、現在でも新規就航地の初便は、無事に目的地に到着するとグッときます。

ところで、飛行機が何事もなく目的地まで飛ぶのは当たり前のことでしょうか。確かにある意味では当たり前のことですし、そうでなくては困ります。しかし、その当たり前を継続するためには外からは決して見ることのできないさまざまな仕掛けがあります。ディスパッチャーが特定の変化に気付かず、日常の業務以外に何もせずにいれば、もしかしたら無事に目的地に到着できなかったかもしれない。そんな便も多々あります。しかし、変化に気付く人はどれだけいるでしょうか。ほとんどいないと思います。でも、心の中では自分が最高のヒーロー。本物のプロフェッショナル。毎日変化があり、意識の持ち様で達成感も無限大になる、ディスパッチャーはそんな仕事なんです。



私たちは、飛行機が目的地に着くことは当たり前と思っています。でも、実は安全な運航の陰には、ディスパッチャーの方々の活躍があるということが分かりました。今度、空港に行った際は、ぜひそんなディスパッチャーのお仕事について思い出してみてくださいね。

※LCC…… Low Cost Carrierの略。低コスト運営をベースに、1年を通して低運賃を提供する航空会社。整備効率を上げた単一機種での高頻度運航や、インターネットでの予約、機内食は必要な人にのみ有料で提供するなど、シンプルで革新的なサービスで、FSC(フルサービスキャリア)との差別化を図る。


【profile】Peach Aviation株式会社 大原広一郎
【取材協力】Peach Aviation株式会社
http://www.flypeach.com/pc/jp

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わるスキルを学びます。自動車、飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざまで、特定の資格が求められる職業も多数あります。宇宙については、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ディスパッチャー」
はこんな仕事です

航空機の運航において重要な役割を担うことから、地上のパイロットと呼ばれるディスパッチャー。空路をはじめ、離着陸空港の気象状況、乗客や荷物の重量、非常時の進路変更による代替空港の選定など、あらゆる情報を収集・分析し、目的地までの最も安全で効率のよい飛行プランの作成をする。さらに離陸後も航空機が安全に運行できているか、無線で確認、管理をしている。ディスパッチャーになるには2年以上の運航関係業務を経た後に、国家資格である「運航管理者」と「航空無線通信士」の資格が必須になる。

「ディスパッチャー」について詳しく見る