【シゴトを知ろう】フレグランスコーディネーター ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】フレグランスコーディネーター ~番外編~

2016.10.31

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】フレグランスコーディネーター ~番外編~

「【シゴトを知ろう】フレグランスコーディネーター 編」では、フレグランスコーディネーターの仕事の中身についてお伺いしました。自己表現の手段でもあり、癒やしや元気をもらうこともできる香りの世界に、興味を持った人も多いのではないでしょうか?

こちらでは番外編として、フレグランスコーディネーターの仕事の「あるある」や普段の生活について、MAHOさんにお話を伺いました!

この記事をまとめると

  • いろいろな香りの製品を実際に使用するのも仕事の一つ
  • たくさん香りを嗅いで疲れたときは、コーヒー豆でリフレッシュしている
  • 石鹸やシャンプーなど、どこに行っても香りが気になってしまう

シャワージェルやリネンフレグランスを使い分ける

――フレグランスコーディネーターというお仕事をしているので、香水やアロマについても詳しいかと思います。香水やアロマなど、お気に入りのものがあれば、その理由や使い方も合わせて教えて下さい。

いろいろなブランドの香水や香りの製品を試すのも仕事の一つなので、かなりたくさんの製品に触れています。そのため、お気に入りはコロコロ変わりますね。最近気に入っているのは、「ロジェ・ガレ」というブランドの「ジャンマリファリナパフューム」です。朝のシャワータイムにこのシャワージェルを使うと、多少不調があっても活力が湧く、フレッシュで奥深い香りです。また、夜眠る前には「ゲラン」の「オーデリ」というリネンフレグランスです。シーツがネロリやセージのうっとりする優しい香りになり、ベッドルームの空間まで上質になったようです。

鼻が疲れないようにケアをする

サロンでのトレーニングの風景

サロンでのトレーニングの風景

――また、お仕事とリンクする、休みの日にありがちな「あるある」があれば教えてください。

土日や祝日はサロンのお客様への対応や販促イベントで仕事になることが多く、サロンのほかにカフェの経営もあるので、なかなかゆったり休日を取ることができません。仕事の合間に見つけた時間を有効に使って気分転換したり、出張の帰りに旅行気分を味わう工夫をしています。香りの仕事はエレガントですてきなイメージを持つ方が多いのですが、なかなか忙しく大変な仕事なんですよ。

仕事柄、周囲の人の香りや、化粧品の香りはとても気になります。海外に出張にいった時は、スーパーの石鹸からホテルのエントランスやシャンプーの香りまでくまなくチェックします。また、いろいろな香りを嗅いでいるとどうしても鼻が疲れてしまうので、鼻のケアにも気をつけており、鼻の周りをマッサージしたり、保湿ティッシュを使用するなど工夫しています。香りをたくさん嗅いで、どの香りがよいか分からなくなったときは、コーヒー豆の匂いを嗅いでリフレッシュします。実は、一般的な香水売り場にもコーヒー豆は置いてあるんですよ。

決して、人より鼻がいいというわけではない!?

――このお仕事の知られざる事実やトリビアを教えてください。

日本人は体臭がないというのは間違いで、人それぞれに少なからず匂いというのはあります。身だしなみに気をつけるのと同じように、香りのヴェールをまとって、周囲が快適に過ごせる配慮が必要です。

フレグランスコーディネーターだからといって、私が人より鼻がいいというわけではなく、訓練と知識で香りが分かるようになります。たくさんの香りを嗅ぎ疲れることも多いので、香りに対して敏感過ぎると
職業にするには体力的に厳しいかもしれませんね。


――最後に、お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

香りのカウンセリングを受けてくださったお客様が、「自分では出会うことができなかった香りを見つけた!」と言ってくれたり、年配のお客様が「ずっと求めていた香りが見つかった」と笑顔になってくれたことが特に思い出に残っています。



香りへの関心があまりないといわれる日本ですが、国際化が進むにつれ、香水の世界も広まりそうです。香りのことを知り、作法をきちんと守って、すてきな自分を演出したいものですね。香りの仕事に興味が湧いた人は、まずは身の回りにある香りを持つ製品を調べてみてはいかがでしょうか。

【profile】フレグランスコーディネーター MAHO
日本フレグランス協会
http://japanfragrance.org
プライベートトワレ
http://private-toilette.com/menu
Le Sillage
http://le-sillage.com/free/concept

この記事のテーマ
美容・理容・メイクアップ」を解説

美容師や理容師、メイクアップアーティストなど、確かな技術と感性を備えた「美」の専門家を目指します。理容師や美容師の国家資格取得を目指すほか、それぞれの職種に応じた技術力や表現力の習得、接客能力を身につけます。従来のように美容室や理容店で働くだけでなく、高齢者や障害者のもとへ出張する技術者へのニーズも高まっています。

「美容・理容・メイクアップ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「フレグランスコーディネーター」
はこんな仕事です

小売企業や企画会社などに所属し、個人または企業に対してイメージや好み、シーンに適した香りを提案する仕事。香料に関する幅広い知識を武器に、香水や化粧品、ルームフレグランス、入浴剤、アロマオイルなどの商品選択の手助けを行う。たとえば、信頼感を訴求したい人に落ち着ついたウッディ系の香水を勧めたり、ショップの入り口に華やかなイランイランの香りを漂わせて来店を促したりするなど、香りがもたらす効果を踏まえた提案が必須だ。本能に直接作用するという嗅覚で、人を動かし感動を与える仕事である。

「フレグランスコーディネーター」について詳しく見る