【シゴトを知ろう】航空業務スタッフ(マーシャラー、グランドハンドリング) 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】航空業務スタッフ(マーシャラー、グランドハンドリング) 編

2016.11.04

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】航空業務スタッフ(マーシャラー、グランドハンドリング) 編

みなさんに快適な空の旅を楽しんでもらうために、空港ではさまざまなスタッフが働いています。その中でも、航空機の誘導や、荷物の積み下ろしなどをしている方のことを「グランドハンドリング」といいます。

今回は、広島県に本社がある「広電エアサポート株式会社」の航空部で、グランドハンドリングとして活躍をしていらっしゃる竹尾尚士さんにお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 航空機の誘導、搭乗橋の着脱、荷物の積み下ろしをするのが、グランドハンドリングの仕事
  • 竹尾さんは、高校卒業時「多くの人とつながりを持てる仕事がしたい」と考えていた
  • 仕事選びにおいては、「自分が楽しめる」職種に就くことが大事

航空機を安全に、定刻通りに離陸させるのがグランドハンドリングの重要な役目

「広電エアサポート株式会社」で、グランドハンドリングとして活躍されている竹尾さん

「広電エアサポート株式会社」で、グランドハンドリングとして活躍されている竹尾さん

Q1. 現在のお仕事内容について教えてください。

私は広島空港で、グランドハンドリングの業務をしています。具体的には、航空機を安全に停止させるための所定位置への誘導(マーシャリング業務)、離陸する際の誘導、お客様が乗り降りするための搭乗橋の着脱、お客様の荷物・貨物の積み下ろしといった仕事を行っています。1日あたり、大体6~7便の航空機を対応します。


Q2. お仕事のどんな点に、魅力ややりがい、楽しさを感じますか?

広島空港では、さまざまな仕事に携われるので、そこにやりがいを感じています。ほかの大きな空港の場合、同じグランドハンドリングの仕事でも、「マーシャリング業務だけを行う」というように、各自の持ち場が決まっているようです。でも、うちはそういったことはないので、資格を取ることによって、いろいろな仕事を担当することができて、幅が広がっていくのが楽しいですね。


Q3. 一方で、お仕事の中で大変さや苦労を感じるのはどんなときですか?

私たちは、航空機が到着してから発着するまでの35分以内の「グランドタイム」と呼ばれる時間に、荷物の積み下ろしをしています。ところが、飛行機は遅れて到着することもありますし、積み下ろしの荷物が多いこともあります。安全に気を付けながら、短い時間の中で作業を進め、航空機が定刻に出発できるようにしなければいけません。そんなときには大変さを感じます。

専門学校で勉強したことは、今の仕事にも生きている

「『航空部』に移ってから、グランドハンドリングの仕事をするようになった」と話す竹尾さん

「『航空部』に移ってから、グランドハンドリングの仕事をするようになった」と話す竹尾さん

Q4. 現在のお仕事を志すようになったきっかけを教えてください。

もともとはグランドハンドリングを志していたというよりも、旅行関係の仕事に就きたいと考えていました。人のお世話をすることが好きな父の影響で、多くの人々とつながりが持てる旅行業を志望するようになったんです。現在の会社は、旅行業も行っていたので就職を決めました。会社に入った後、「航空部」に異動し、グランドハンドリングの仕事をするようになりました。


Q5. 専門学校ではどのようなことを学びましたか? 

当時は「旅行業務取扱主任者」という資格取得に向けて勉強をしていました。簡単にいえば、ツアーの企画をする責任者になるための資格です。船や観光バスの料金設定と計算方法、各観光地の歴史、地名の由来といったことを覚えました。また、各空港のスリーレターコード(※)のような航空業に絡む内容も勉強しました。これは、今の仕事にも生きていると思います。

※スリーレターコード……各空港や都市名などをアルファベットで表したもの。例:成田空港「NRT」、羽田空港「HND」、広島空港「HIJ」。


Q6. 高校生のころはどんな夢を持っていましたか?

高校生のとき、あまり夢は持っていませんでした。でも、卒業するころには、父の影響で「たくさんの人とふれあえる仕事に就きたい」と考えるようになりました。

「集中力を持つ」ことと、「仕事と遊びの切り替えができる」ことが大事

Q7. このお仕事はどんな人が向いていると思いますか? 

今、私がいる職場には、航空機に詳しい人もいれば、車好きもいますし、釣りバカ(釣り好き)もいます。だから、何か好きなものがあって、それに没頭する「集中力」を持っている人はこの仕事に向いていると思います。ただ集中力は仕事にとって大切ですが、なかなか続かないものです。ですので、『仕事と遊びの切り替え』が効く人も、この仕事向きだと感じます。


Q8. グランドハンドリングの仕事に興味を持っている・目指している高校生へ向けて、一言メッセージをお願いします。

私たちはグランドハンドリングとして、常に安全を守り抜く意思を持って仕事をしています。この仕事は裏方なので、直接お客様と接する機会は無いに等しいですし、働いていく中で大変なこともあります。でも、仲間同士お互いをフォローしあって楽しくやっています。私は高校生のみなさんに、「自分が楽しめる」職種を目指してもらいたいです。仕事が楽しくなければ、1日1日がつらくなってしまうからです。もし、みなさんが「楽しい」と思える仕事がグランドハンドリングなのであれば、ぜひいつか一緒に仕事をしましょう!


普段、私たちの目にはつきづらいですが、グランドハンドリングは、飛行機が安全に飛ぶためにはなくてはならない仕事です。空の旅を陰から支えているグランドハンドリングに興味を持った人は、ぜひ仕事内容について、もっと詳しく調べてみてくださいね。

【profile】広電エアサポート株式会社 竹尾尚士
http://www.has-hij.co.jp/index.html

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わるスキルを学びます。自動車、飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざまで、特定の資格が求められる職業も多数あります。宇宙については、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「空港業務スタッフ(マーシャラー、グランドハンドリング)」
はこんな仕事です

航空機が発着する空港で、飛行機の誘導や給油、搭乗口の取り付けといった地上作業を行うのが仕事。これらの業務を総称してグランドハンドリングともいう。また、地上業務スタッフの中で、パドルと呼ばれる棒やライトを使って離発着時の航空機に合図を送る担当者はマーシャラーと呼ばれる。航空機を定刻通りに飛ばすためには、地上業務がスムーズに進行するかどうかが重要なカギを握っており、とくに過密スケジュールの中ではプレッシャーも大きい。それだけに、定刻通りに航空機を送り出せたときのやりがいはひとしおだ。

「空港業務スタッフ(マーシャラー、グランドハンドリング)」について詳しく見る