【文理選択】教育学部 先輩インタビュー

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【文理選択】教育学部 先輩インタビュー

2016.10.04

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【文理選択】教育学部 先輩インタビュー

高校1年生のみなさんは、そろそろ文理選択について考えている時期なのではないでしょうか?
そんな時に役立てたいのが先輩の声。今回は、福岡にある大学の教育学部2年、小原あゆみさんにインタビューしました。
教育学部というと、教師になることを想像しがちですが、小原さんは社会福祉士を目指して進路選択をしたそう。
文系を選んだときにも、なりたい職業が決まっていたの? 教えて先輩!

この記事をまとめると

  • 就職に有利な理系を目指すも、理系科目の苦手さから文系を選択
  • 子供たちの役に立ちたくて、社会福祉士を目指し教育学部を選択
  • 周りには教員を目指す人が多く、将来の目標に対して頑張っているので刺激になる

社会福祉士を目指し教育学部を選択

——いつ頃、どんな理由で文理選択を考え始めましたか?

高校2年生から文理で分かれるため、1年生の夏頃には就職に有利そうな理系に行きたいと思っていました。ですが、数学が本当に苦手で……。英語や国語などの文系科目の方が得意だったため、1年生の終わり頃、文系を選択することを決めました。

——現在は理系科目を学ぶことはないですか?

理系要素のある授業に関わることは特にないので、今勉強していることは文系科目ばかりです。

——数学が苦手、という理由以外でなぜ文系を選んだ理由を教えてください。

高校に入学したばかりの頃は、漠然と薬剤師になりたいという気持ちがあり、塾の先生からも理系の方が就職に有利だと言われていたこともあって理系にしようかな……と思っていました。
しかし、高校の授業では数学や理科基礎などの理系科目が特にできない上に、英語や国語の方が楽しかったことと、数学ができない人が理系に行くと苦しむと学校の先生に聞いて、文系でやりたいことを見つけようと思い、文系にしました。

——教育学部を選んだ理由を教えてください。

中学の頃の英語の先生が、教え方がとても上手で。その先生のおかげで英語を好きになったので、私も先生のように子供に英語を好きになってもらえるような教師になりたいと思っていた時期がありました。
しかし高校の時に不登校気味になったことがあり、この経験を活かして勉強を教えること以外で子供たちの役に立ちたいと思うようになりました。
文系に進み、いろいろな職業を調べていくうちに、この想いを叶えられる職業はが社会福祉士かもしれない! と考えついたため、社会福祉士国家試験の受験資格が取れるコースがあり、なおかつ教育に関することを学べるこの学部に決めました。

興味のなかった学問を学べることが楽しいと思えるようにもなりました

——高校生の時、文理選択するときは進学先の学部を考慮していましたか?

文理選択の段階では、まだ自分の将来について明確な目標などもなく、できるだけ自分の得意なことが多い方を選んだため、考慮していませんでした。

——大学の学部は、就職のことを考慮しての選択でしたか?

はい。社会福祉士になって子供のために働きたいと思っていたため、国家試験の受験資格が取れるコースがあり、教育という自分の興味があることを学べるという点を考慮しました。

——実際に進学してみて、事前に持っていたイメージとどう変わりましたか?

事前には大学で学ぶことについて見当がついておらず、ただ社会福祉士になるためのことだけを学べるのだと思っていました。
入学してみると、学部が教員養成をメインにしているため、必修の授業で日本国憲法や体育があったり、興味がある分野以外のことも学ばなければならなかったりすることには少しもどかしさを感じました。
しかし、元は興味がなかったけど勉強したらおもしろかったこともあって、今はもっと自分の知らないことに触れてみたいと思うようになりました。

——現在の学部でよかったと思うことはありますか?

教員になりたいという目標が明確にある人たちが多いので、自分も将来のことをしっかり考えなければいけないと気がつくタイミングが多かったり、良い刺激を受けられることです。

——大変なことはありますか?

教員養成をメインにしている学部なので、教員採用試験に関する支援は手厚いのですが、就活は自分でキャリアセンターに行くことから始めて、自分でやっていかなければいけないそうなので、現地点ではそこが不安です。それ以外は、楽しみながら取り組めています。

——その学部にいて、得られる資格はありますか?

教員免許の他に、コースによって心理士や社会福祉士国家試験の受験資格、学芸員などを取ることができます。

まずは学校について調べることから始めてみること

——現地点で、就職する職業はどんなものを考えていますか?

私は子供の心理面への援助がしたくて社会福祉士になろうと思ったのですが、授業の中で先生から「社会福祉士は心のケアというよりも、生活面の援助をするのが仕事」と聞いて、自分のイメージとは少し違っているかも? と思いはじめました。
現在大学2年生なので、具体的な就活は来年からになりますが、現状では公務員として子供を支える仕事に就くか、教育関連の一般企業への就職を考えています。

——今後この学部でやってみたいことや挑戦したいことがあれば教えてください。

先日受けた人権問題の授業で、日本が抱えている差別に関する問題を知り、このことについてもっと勉強したいと思うようになりました。
授業で使われた映像に自分の出身校の近くが出てきて、どこか遠いものだと思っていた差別問題に苦しんでいる人が、知らなかっただけで自分の近くにいたことに衝撃を受けて。また、今回の授業で初めて在日問題や部落差別の問題について学び、自分も差別をなくすためになにかできたらと思いました。でも、差別問題に関する知識が全然ないため、まずは色々学びながら自分にできることを探そうと思っています。

——教育学部を目指す高校生へのアドバイスがあったら教えてください。

教育学部でも、取れる教員免許が決まっていたりするため自分が取りたい教員免許が取れるのか、どんなことが学べるのかを資料請求して確認するといいと思います。また、オープンキャンパスに行くと学校の雰囲気を肌で感じることができるし、モチベーションも上がるのでおすすめです!


自分の気になる学部や学科がもしあるならば、まずは調べて、どんな授業があるのか、どんな資格が取れるのか、そしてあなたの身近な先輩に尋ねてみるといいかもしれません。

ご協力いただきありがとうございました!