【シゴトを知ろう】空間デザイナー 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】空間デザイナー 編

2016.10.18

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】空間デザイナー 編

みなさんはショッピングをしているとき、デパートのウインドウがハロウインやクリスマス風に変化しているのを見て、季節を感じることはありませんか? このようにデパートやショッピングモールなどの商業施設やテレビ番組のセットなどをデザインするのが空間デザイナーの仕事です。

今回は、空間デザイナー・専門学校講師の持木慎子さんに空間デザイナーのお仕事について詳しく伺いました。

この記事をまとめると

  • デパートなどのショーウインドウをつくるのが空間デザイナーの仕事
  • 好きなことを通じて出会った大人たちが業界との接点になった
  • 好奇心旺盛でものづくりが好きな人に向いている

ショーウインドウで“ワクワク”を演出

Q1. 現在のお仕事内容について教えてください。

私は、空間デザイナーとして、ショーウインドウを始めとする商業空間を、企画・デザイン・制作・施行までトータルに行っています。「空間をデザインする」と言われても、みなさんは何のことやら? と思われるかもしれませんが、その空間に一歩足を踏み入れた時に感じるワクワクやドキドキを演出するのが私たちの仕事です。

空間デザイナーが活躍する場所は、ショーウインドウだけではなく、ショッピングモールやイベント会場などの商業空間、TVセットなどのエンターテインメント空間まで幅広く手がけています。仕事の規模によって2週間〜半年と制作期間もさまざまです。


Q2. お仕事の中で、魅力ややりがい、楽しさを感じるのはどんなときですか?

仕事のご依頼主であるお客様が喜んでくれるのはもちろんですが、デザイン・制作したものが世に出て、多くの人に見て、評価してもらえる時はやりがいも感じます。ショーウインドウのオブジェの位置に子供の手形がたくさん付いているときなど、うれしくなりますね!

自分のつくったもので人が楽しんでくれたり、作品が自分の手を離れて誰かとコミュニケーションできていると思うとワクワクします。

徹夜仕事が終わって見た朝焼けに感動

Q3. 一方で、お仕事の中で大変さや苦労を感じるのはどんなときですか?

仕事にもよりますが、例えば、デパートのウインドウディスプレイを変更する場合、お店が閉店して、人々が寝静まった夜のうちに作業をします。そういうときは、準備で疲れている上に、ほぼ徹夜で搬入作業をすることになりますので体はとてもキツイです。

でも、夜のデパートなど、普段は絶対に入ることができない静かな時間帯を体験できるので得した気分になることもありますよ。

六本木ヒルズの展望台で仕事をした時は、仕事が終わって窓の外に目をやると朝焼けがキレイに見えました。仕事をやり遂げた達成感も相まってすごく感動したのを覚えています。


Q4. 現在のお仕事を志すようになったきっかけを教えてください。

きっかけは、学生時代に図書館に置いてあった「年鑑日本の空間デザイン」という本を見たことです。ウインドウディスプレイのページを見て、「この業界に入りたい!」と目標にしたんです。

最初は、学生時代に夢中になったバンド活動で、たまたま同じような仕事をしている方に出会い仕事を紹介してもらいました。そこで、スタイリストのアシスタントや、NHKの工作番組の美術、ショーウインドウのデザイン制作などをするうちにノウハウを現場で体得したという流れです。

短大卒業後は就職をせず、親を説得し、さまざまなアルバイトをしながらフリーの活動を続けていたのが今につながります。


Q5. 短大ではどのようなことを学びましたか?

短大では、生活芸術科で金工を学びました。空間デザインには、衣装づくりも入るのですが、CDジャケットの仕事が来たときに、たまたまつくっていたアクセサリーを使ってもらいました。ものづくりが好きなことは現在の仕事にもつながっていると思います。

また、バンド活動を通して出会った、レコード会社の社員など、さまざまな大人から影響を受けました。今の仕事を選んだことも、「好きなことを仕事にする」という姿勢も彼らから学びました。「憧れのあの人たちと、早く同じ舞台で仕事がしたい!」という思いが、この仕事で一人前になるまでのモチベーションでした。


Q6. 高校生のころはどんな夢を持っていましたか?

高校生のころは、バンドを始め、自分の好きなことしかしていませんでしたよ。ただ漠然と「発信する側の人間になりたい」とは思っていました。好きなことに夢中になれることは、仕事に対する集中力として今の仕事に役立っているかもしれません。


Q7. 空間デザイナーのお仕事はどんな人が向いていると思いますか? 仕事を前向きに取り組めそうな、適した性格や考え方、心の持ち方などがあれば教えてください。

文化祭など季節ごとのイベントを盛り上げるための装飾が好きな人や、ものづくりが好きな人。人を驚かせたり、喜ばせたりするのが好きな人に向いていると思います。

性格としては、好奇心が強い人がいいと思います。空間デザイナーの仕事はチームで進めるので、人の意見を取り入れる柔軟性があることも大切です。

心が動く瞬間をたくさん体験して

Q8. 空間デザイナーを目指している高校生へ向けて、一言メッセージをお願いします。

自分の好きなことをたくさんしましょう! 自分はどんなことに興味を持っているかを知り、“心が動く瞬間”を何度も体験してください。空間をデザインすることは、体験から得る情報が重要になります。自分の心が動く瞬間を味わうことで、人の心を動かす作品をつくることができるようになるのです。その感動の体験が、デザイナーになったときに役に立ちます。心の中のアイデアの“引き出し”を今のうちから増やしておきましょう。



空間をデザインする上で、「体験から得る情報が重要になる」と持木さんはお話してくださいました。空間デザイナーの仕事に興味が湧いた人は、心の中のアイデアの“引き出し”を今から増やせるよう、ぜひさまざまな体験をしてみてくださいね。

【profile】持木工房 持木 慎子さん

この記事のテーマ
建築・土木・インテリア」を解説

建築や土木に関する技術を中心に学ぶ分野と、インテリアコーディネイトなどデザインを中心に学ぶ分野の2つに大きく分かれます。資格取得のために学ぶことは、建築やインテリアの設計やプランニングに必要な専門知識、CADの使い方などが中心です。どちらの分野も依頼主の要望を具体化できる幅広い知識とコミュニケーション能力も求められます。

「建築・土木・インテリア」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「空間デザイナー」
はこんな仕事です

ショーウインドウやディスプレー、マンションなどの建築物のエントランス、屋外でのイベントなど、さまざまな空間をデザインする仕事。具体的には、まず利用目的をしっかりと把握することから始まる。その上でインテリア、ディスプレー、展示、ビジュアル表現など多岐にわたるデザイン要素を組み立てていく。斬新なセンスのあるアイデアや企画力が求められるほか、完成までには多くの人との共同作業が必要なためコミュニケーション能力はもちろん、全体を指揮するリーダーシップも必要とされる。

「空間デザイナー」について詳しく見る