【シゴトを知ろう】バス運転手 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】バス運転手 ~番外編~

2016.10.21

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】バス運転手 ~番外編~

「【シゴトを知ろう】路線バス運転手 編」では、千葉県県央部で路線バスを運転する下河原崇さんに、お仕事の内容ややりがいについて伺いました。人の命を預かる職業ならではの、厳しい社内ルールが守られているからこそ、普段私たちが安心して路線バスを利用できることが分かりました。

こちらの記事では番外編として、路線バス運転手の「あるある」や、知られざる一面についてお話しを伺ってみました!

この記事をまとめると

  • バス停に掲示されているのは、実は「時刻表」ではなかった!?
  • 運転手の腕時計は、秒単位で狂いなく調整されている
  • 真夏の運転席は常に暑さとの闘いである

めんつゆのみりんにまでアルコール探知機が反応!? 乗車前の厳しいチェック体制

千葉内陸バス株式会社で働く下河原崇さん

千葉内陸バス株式会社で働く下河原崇さん

――実際にバスを運転するまでに、車両の点検や自分の健康状態などの確認をするそうですが、どこまで厳しくチェックするのですか?

そうですね。例えば、アルコールチェックで使う探知機はかなり高精度のもので、ごく少量のアルコールでも検知します。例えば、口臭予防用のタブレットや、ざるそばを食べた後、めんつゆに含まれるみりんで反応してしまうこともあるんですよ。こういう場合は急いで口をゆすげば大体は検知されなくなるのですが、前日の飲酒が原因でアルコールが体内に残っている場合は完全にアウトです。もちろん運転は絶対にNGで、この場合欠勤扱いとなります。減給だけで済むならまだしも、ほかの運転手を用意しなくてはいけなくなり迷惑をかけてしまうので、絶対に避けたいところです。

路線バス運転手は、毎日が時間との闘い

点呼を行なう下河原さん

点呼を行なう下河原さん

――バスの乗客から怒鳴られることが多々あると言っていましたが、やはり時刻表どおりに運転するのって難しいものなのでしょうか?

実はバス停に貼ってあるのって、あれに「時刻表」とは一言も書いていないんですよ。千葉内陸バスでは「通過予定時刻表」と記載するようにしていて、始発のバス停でも同様です。どういうことかというと、道路の混雑状態によってバス停への到着時間を分刻みで守るのはとても難しいことなんです。だから表に記載されている時刻は、あくまでそのバス停を通過する予定の時刻であって、書かれている時刻までにバス停に来てくれればお目当てのバスに間に合いますよ、という目安に過ぎないんです。バス会社によって表記は異なりますが、電車のように「時刻表」と書かれていることは決してありません。


――逆にバス停にギリギリの時間に着いて「間に合った!」と安心したところ、待てど暮らせどバスが来ない……なんて経験もあります。表に書かれた時刻よりも早く発車することもあるのではないですか? 

運転手は、腕時計を見ながら、予定の時刻に合わせてバスを発車させます。運転手の乗車前の確認事項として腕時計のチェックがあります。これは営業所に置かれたソーラー電波時計と秒単位で腕時計の時刻を合わせるようにしているので、運転手の時計の設定ミスで時刻より早くバス停を発車することは100%起こり得ません。なのでそのケースでは、乗る予定のバスが大幅に遅れてまだ到着していないだけだと思われます。

運転中ならではの辛い経験とは?

千葉内陸バスの路線案内図

千葉内陸バスの路線案内図

――例えば運転中、トイレに行きたくなったときはどうするのですか?

トイレは基本ガマンします。排便をコントロールできるようになるのも運転手の腕の見せ所です(笑)。ただし、どうしても我慢できないときは、ターミナル駅のトイレを借りる場合もあります。同僚には下痢止めの薬を携帯している人もいますよ。また新しい路線を担当する前に、実際バスに乗車してテスト運転を行うのですが、経路案内をする試験官から「○○と△△に公衆トイレがあるから覚えとけ」とアドバイスを受けたこともあります(笑)。


――バスはフロントガラスも大きく視界も良好で、運転していてとても爽快なのではないでしょうか?

結構大変に感じるところもあるんですよ。運転席自体が大きなガラスに囲まれているため、日差しの強い日は車内のどの部分より熱を感じやすいんです。だから真夏に冷房をつけるとき、自分がちょうどいいと思った温度に設定してしまうと、後方の客席から「寒い!」という声が聞こえてきます。逆にお客さんが快適に感じる温度に設定するとどうしても運転席は暑くなってしまうんですね。


――そのほか、路線バス運転手ならではの「あるある」を教えてください。

現在の路線バスのほとんどが、電子マネー(ICカード)対応となっていますが、当然バスの運転手もICカードを持っています。ズボンのおしりのポケットにカードを入れたまま、運転席から離れたときに「ピッ!」とカードが料金箱のカードリーダーに反応してしまい、運賃を取られてしまったことが何度かあります(笑)。バスの運転手でも、意外とこんなことがあるんです。



時刻を1分でも守るよう、バス会社と運転手による目に見えぬ努力が重ねられているのです。また運転席に座ってからこそ分かる苦悩も多々あるようです。みなさんも路線バスに乗る機会があったら、バス運転手の仕事ぶりにぜひ注目してみてくださいね。

【profile】千葉内陸バス株式会社 下河原崇

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わるスキルを学びます。自動車、飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざまで、特定の資格が求められる職業も多数あります。宇宙については、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「バス運転手」
はこんな仕事です

大勢の乗客を乗せ運行するバス運転手には、地域住民のライフラインとなる路線バス、団体客を乗せる観光バス、夜間運転もする長距離バスのほか、スクールバスなどがある。どれも多くの人を安全に目的地まで送り届けるのが主な役割だが、運転手は運転だけではなく、運行前後の車内・車両点検、車内清掃などを行い、乗客が快適に乗車できるように努める義務もある。大型バスの運転には大型二種免許が必須だが、21歳以上で普通免許取得後3年以上経過していなければ取得ができない。

「バス運転手」について詳しく見る