【シゴトを知ろう】ネイリスト 新人 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】ネイリスト 新人 編

2016.10.17

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】ネイリスト 新人 編

おしゃれが好きな人の中には、いつかはネイルサロンに行って、「プロのネイリストにおしゃれなネイルをしてもらいたい!」と思っている人も多いかと思います。

今回は、日本人で唯一「全米ネイリストランキング」第1位に輝いた経歴をもつネイリスト・黒崎えり子さんが主宰するネイルサロン「erikonail(エリコネイル)」表参道店でネイリストとして働き始めたばかりの杉岡佳織さんに、ネイリストを目指すようになったきっかけやお仕事内容、ネイリストという職業の魅力などを伺いました。

この記事をまとめると

  • ネイリストはサロンワークのほかに、技術向上のために日々練習を欠かさない
  • 大学時代にしたデザインの勉強がネイリストという仕事に活きている
  • 華やかに見えるネイリストだが、お客様の希望をかなえるために地道な努力も重ねている

サロンワークだけでなく、技術アップのために日々練習

Q1. ネイリストのお仕事内容について教えてください。

お客様に施術するサロンワークのほかにも、朝は開店準備(清掃、備品のチェック、予約の確認など)や在庫の管理など、個々に分担している係りの仕事があります。私はまだ入社2年目の新人なので、もっともっと技術が上達するように、退勤後には練習をして、先輩ネイリストのみなさんに技術の指導をしてもらっています。

サロンワークでは、お客さんのリクエストに応じて、デザインの提案をしたり、爪や手のケアをしています。今サロンでは、UVライトやLEDライトで硬化をして仕上げるジェルネイルが中心です」


Q2. では、お仕事の中で魅力ややりがい、楽しさを感じるのはどんなときですか?

「お客様が喜んでくださったときや、ご指名をいただくことができたときはすごくうれしいです。たくさんいるネイリストの中から自分を選んでくださる方がいると思うと、もっと頑張ろうという力になりますね。


Q3. お仕事の中で大変さや苦労を感じるのはどんなときですか?

ネイリストは『こんなネイルにしたい』というお客様のご要望をかなえることが仕事ですので、初めて見るアートややったことがないデザインでも『できません』とは言わず、ご満足いただけるように頑張らないといけないことがあります。どこまでの完成度で再現できるか、プレッシャーを感じることはあります。

大学で学んだデザインがネイリストという仕事にも生きている

Q4. 現在のお仕事を志すようになったきっかけを教えてください。

大学生のころからネイルが好きで、セルフでジェルネイルを楽しんでいました。就職のことを考える時期になり、自分の好きなことを仕事にしたいと思いネイルスクールに通い始め、ネイリストになるための勉強を積み重ねました。


Q5. 大学や専門学校ではどのようなことを学びましたか?

大学では芸術学部に在籍し、デザインの勉強をしていました。専門はデザインでしたが、絵画から彫刻までいろいろなことに挑戦できる大学でした。それを直接仕事にすることはなかったですが、いまネイルデザインを考えたりするときにさまざまな部分で生かされていると感じることがあります。


Q6. 高校生のころはどんな夢を持っていましたか?

正直なところ、高校生のうちはまだやりたいことや将来の夢は具体的にはありませんでした。ただ昔から絵を描くことは好きでしたから、好きなことを生かした仕事ができればと考えていました。

自分の技術でお客様を笑顔にできることが喜び

Q7. このお仕事はどんな人が向いていると思いますか?

ネイルは小さな爪にアートを施すので、細かい作業が好きな人というのは大前提だと思います。それから、お客様とコミュニケーションがきちんととれないといけないので、人と接することが好きな人ということも重要だと思います。


Q8. 最後に、ネイリストを目指している高校生へ向けて、一言メッセージをお願いします。

一見華やかに見られがちなネイリストですが、実際は地道な練習の積み重ねやお客様にネイルを施す以外にもたくさんの雑務があります。ですが、ネイリストの仕事だけでなくどんなお仕事にも華やかな面と地道な努力を重ねていく面があると思います。そうした中で自分の好きなネイルに携わることができることは幸せですし、とても楽しいです。また、自分の技術でお客様を笑顔にできたときはとてもやりがいを感じることができますから、ネイリストを目指している高校生のみなさんにもぜひその気持ちを味わってみてほしいと思います。


「ネイルが好き!」という人にとってはとてもやりがいがあるネイリストですが、華やかな一面もありつつ、お客様の希望を叶えるために日々地道な努力が必要な仕事でもあります。ネイリストという職業に興味が湧いた人は、まずはネイルだけでなくファッションやメイクなどいろいろなことに興味をもって、今どんなネイルやファッションが流行っているかチェックするところから始めてみてはいかがですか?


【profile】erikonail OMOTESANDO 杉岡佳織
http://www.erikonail.info/nailsalon/

日本ネイリスト協会 
http://www.nail.or.jp/
http://nailevent.jp/nailexpo16/

この記事のテーマ
エステ・ネイル・リラクゼーション」を解説

ネイルアーティストやエステティシャンなど、美容のスペシャリストを育成したり、アロマセラピストやマッサージ師のように身体のもみほぐしや香りでの癒しに関わる知識と技術を身につけます。あわせて学校では、職業に応じた専門技術と接客能力を磨きますが、新しい技術やトレンドに対応するため、自ら学び続ける好奇心やセンスが求められます。

「エステ・ネイル・リラクゼーション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ジェルネイリスト」
はこんな仕事です

ジェルネイリストとは、客の要望に基づき、ネイルケアやジェルネイルといった技術を施し、爪を美しく仕上げる技術者のこと。ジェルネイルは、LEDライトで固まる合成樹脂でつくるネイルを指し、マニキュアよりも耐久性・持続性がある。ほとんどのネイルサロンで取り入れられており、客のリクエストに応じてデザインの提案をしたり、爪や手のケアをする。流行のネイルデザインを学び続けることはもちろん、爪だけでなく、手指のケアを知り、長時間にわたる施術の間、客を飽きさせない接客スキルなども求められる。

「ジェルネイリスト」について詳しく見る