【シゴトを知ろう】~ネイリスト ベテラン ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】~ネイリスト ベテラン ~番外編~

2016.10.19

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】~ネイリスト ベテラン ~番外編~

ネイル業界を牽引する・黒崎えり子さんが主宰するネイルサロン「erikonail(エリコネイル)」表参道店の店長を務め、スクール講師としてもご活躍されている吉竹綾子さん。ネイリストとして働く中で感じる「あるある」や、知られざる一面、これまでに達成感を感じたエピソードなどについてお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • ネイルについて深く学んでいくと、基本技術やネイルの奥深さに気づくようになる
  • ネイリストは他業種から転職してくる人が意外と多い
  • コンテストなど目標を持って練習をすることもやりがいの一つ

基本技術の難しさや奥深さにハマってしまう人が多い

――まず、ネイリストとして働いている中で、「あるある」と感じることがあれば教えてください。

ネイリストは華やかな職業に見られますが、実際はアートを施す前のベースづくりが大事で、職人的な地味なお仕事です。ベースづくりにおいては、お客様の手足の爪や指の手入れ、爪と皮膚の知識なども必要です。

最初はネイルアートの魅力をきっかけにネイルを始める人が多いですが、実際にネイルの勉強をはじめると、ネイルアートはあくまでプラスアルファの要素で、基本技術の難しさや奥深さにハマッてしまう人が多くいます。私も日々練習をしていますが、サロンワークではその成果が見えづらいですし、練習が独りよがりになってしまわないようにコンテストという目標をもって、練習に励んだり、技術を磨いたりする人がたくさんいると思います。


――お仕事とリンクする、休みの日にありがちな「あるある」があれば教えてください。

街を歩いていても、雑誌を見ていても常にネイルのデザインにできないか、ネイルにつながるアンテナを高くはっています。基本的に細かい作業やかわいいものが好きなので、休みの日でもアクセサリーづくりのレッスンに行ったりしていますね。

やっぱり好きな仕事をしたい!と転職してくる人が多い

――では、ネイリストの意外と知られていない、このお仕事の知られざる事実やトリビアを教えてください。

美容師さんは、高校を卒業してすぐに美容の専門学校で学ばれ、国家資格を目指される方が多いですが、ネイルはいつからでもネイリストの道を目指すことができます。

ネイリストは国家資格ではありませんが、全国のネイリストの技術や安心・安全なサービスをお客様に提供できるよう指針をまとめる日本ネイリスト協会という組織や、全国レベルで普及をしているネイリスト技能試験などの資格も整っているのでしっかりと手に職をつけることができます。

私もそうですが、まったく別のお仕事からの転職してくる人が多いです。社会人として一度働いてみて、『やっぱりずっと仕事を続けるなら好きなことを仕事にしたい!』とネイリストになる方が多いと思います。それから、ご指名をいただいたり、取材の依頼をいただいたりと替わりが効かない部分も多いお仕事ですので、体力や健康管理も大切です!

コンテストという目標をもって練習することはやりがいがある

――最後に、お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

私はスクール生のころからコンテストにチャレンジしていましたが、コンテストという目標をもって練習することはとてもやりがいがありますし、結果が出ても出なくても同じ目標に向かってみんなで練習をすることもとても楽しいです。プロ部門ではじめて入賞をした時は本当にうれしかったですし、目標に一つ近づけたという達成感がありました。


スクール講師として教える立場でありながら、自らの技術向上のために今も練習を欠かさないという吉竹さん。コンテストにチャレンジするなど、技術習得のために意欲的にネイルに取り組んでいる姿は多くのネイリストのお手本となっています。

ネイルに興味が湧いてきたら、休みの日にスクールの体験入学などに行ってみるといいかもしれません。そのときは、ぜひ吉竹さんのような講師の方にネイリストという職業について色々質問してみてくださいね。将来のために役立つお話が聞けると思いますよ。

【profile】erikonail OMOTESANDO 吉竹綾子
http://www.erikonail.info/nailsalon/

日本ネイリスト協会 
http://www.nail.or.jp/
http://nailevent.jp/nailexpo16/

※メイン画像はイメージです

この記事のテーマ
エステ・ネイル・リラクゼーション」を解説

ネイルアーティストやエステティシャンなど、美容のスペシャリストを育成したり、アロマセラピストやマッサージ師のように身体のもみほぐしや香りでの癒しに関わる知識と技術を身につけます。あわせて学校では、職業に応じた専門技術と接客能力を磨きますが、新しい技術やトレンドに対応するため、自ら学び続ける好奇心やセンスが求められます。

「エステ・ネイル・リラクゼーション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ネイルスペシャリスト」
はこんな仕事です

ネイルサロンやエステティックサロンなどで、来店者の手足の爪および指の手入れをする仕事。最新の流行を取り入れたい人、地爪が弱い人、日常的に水仕事をする人などサロンを利用する人の要望や爪の状態、ライフスタイルに応じてラメやストーンを飾ったり、ジェルネイルや人工爪を施したりする。ファッション性の高さはもちろん、爪と皮膚の知識や衛生管理、法規の理解なども必要。国家資格は存在しないが、公的資格のJNECネイリスト技能検定試験と民間資格のネイルスペシャリスト技能検定試験の2つが代表的である。

「ネイルスペシャリスト」について詳しく見る