【文理選択】ヘルスケアマイスター 社会人インタビュー

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【文理選択】ヘルスケアマイスター 社会人インタビュー

2016.10.04

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【文理選択】ヘルスケアマイスター 社会人インタビュー

ライオン株式会社でヘルスケアマイスターとして活躍する山岸理恵子さんに、高校時代や大学時代にどのような夢を持ち、それに向かってどのような勉強をしていったか。また、就職活動はどのように行ったのかなどお伺いしました。

この記事をまとめると

  • 最初は獣医になりたかった
  • 就職先は女性が長く務められそうな会社を選んだ
  • 大学と仕事で使う分野が違ったが、大学での学びは無駄にならなかった

小さい頃から理系へ進学することを考えていた

――まずは、高校生時代のことからお伺いしたいのですが、やはり文理選択は理系を選ばれたのでしょうか?

はい、子供の頃は獣医になりたかったので、中学の時から理系に進もうと考えていました。そのため、高校を選ぶ際も理系に強い学校を選択しました(実際に入った高校は7割が理系という学校)。子供の頃から仕事を一生続けたいと思っていて、それであれば理系のほうが良いのだろうと漠然と思っていたんですよね。高校に入ってからは、理系ならどんな仕事があるかということも調べたりしました。

――大学はどのようにして選びましたか?

獣医になるのは子供のころからの夢ではあったのですが、大学を選ぶ頃になると、「獣医になった人全てが開業できるわけではない。企業や研究機関で働くという選択もあるのでは?」と思い悩み始めました。
生物が好きで、実際に得意でもあったので、大学選びの際には獣医学部以外にも、生物を勉強できる学部を探して受験しました。具体的にどんな勉強ができるかなども調べましたが、就職率もかなり重視して選びました。大学の学生課に行って就職率の資料をもらい、進学する学校はそれらをもとに決めたほどです。
とにかく理系ならではの仕事につきたいという思いが強かったため、今思うと視野が狭かったかな? と。もっと視野を広げて色々な事を見てから決めても良かったのではという思いもあります。

大学時代は女子が少なくちょっぴり肩身の狭い思いも

――実際に大学に入ってみてはいかがでしたか?

あの頃は理系というと女性が少なく、女子トイレが少ないなど困ったこともありました。でも、勉強は好きな生物学だったのでとても楽しかったです。講義と実験に明け暮れていたという感じですが。

いざ就職活動をする時には、長く続けられる仕事でかつ、今までの勉強が生かせる仕事は何か? といろいろ考えました。大学の卒業生の就職先を調べたり、OBに話を聞いたりもしました。

――どのような就職活動をされましたか?

会社を選ぶ際にポイントに置いたのが、女性の勤続年数です。長く仕事を続けたいという思いが本当に強かったのだと思います。

就職活動はかなり早くから始めました。ライオンの面接はトントン拍子に内々定がもらえて、それで就職活動は終了。結果、試験を受けたのはライオン1社のみでした。実は、選択の1つに公務員も入っていたのですが、結局受けずじまいでした。

ライオンに決めた理由は、何より大学卒で研究職に就けたというところです。当時から大学卒で研究職になれる企業は少なかったんです。例えば、マスター以上でなければダメとか、大学のコネクションが強くこの大学からでないと取らないとか。だから私は本当に運が良かったと思います。

分野は違っても勉強してきたことは無駄ではない!!

――ライオンに入社してみて、大学で勉強してきたことは活かせましたか?

最初に配属されたのは皮膚用の洗浄剤を開発する部署でした。私が配属された時は、ちょうど植物物語を立ち上げる頃だったと思います。大学で勉強した分野と業務内容が違ったため、新しく覚えなければならないことも多く、戸惑いもありました。でも3年目ぐらいには必要な知識は身につけられ、業務をスムーズにこなせるようになっていたので、まさに石の上にも3年ということを実感。
また、大学で学んだことと仕事の分野は違いましたが、研究方法などは同じなので大学での勉強も無駄ではありませんでした。どんな勉強でも無駄なことはなく、いつか生かせる時が必ず来るので、高校生のみなさんも今できる勉強を一生懸命して欲しいと思います。

もともと獣医を目指していた山岸さん。理系を選択することは初めから決めていらっしゃいましたが、その後の経験や学びを通し、方向性はどんどん変わっていったようです。既に文理選択を決めてしまっている方も、大学での学びや将来就きたい仕事のことを含め、改めて考えてみてもいいかもしれませんね。



プロフィール
ヘルスケアマイスター:山岸理恵子(やまぎしりえこ)
毛髪診断士、睡眠改善インストラクター
身体洗浄剤、スキンケア剤の研究・開発に約20年携わってきた知識と経験を活かし、
みなさんのからだの衛生・美容に役立つ情報を発信