【都会の学校VS地方の学校】先輩が語る今後の進路とは

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【都会の学校VS地方の学校】先輩が語る今後の進路とは

2016.10.19

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【都会の学校VS地方の学校】先輩が語る今後の進路とは

実際に東京と地方それぞれの道へ進み大学生活を過ごした先輩たちは、その後の進路についてどう考えているのでしょうか。
そのまま東京で就職する人、就職で上京する人、Uターンする人……。どんな経験し、その選択肢にたどり着いたのか、意見を聞いてみました。

この記事をまとめると

  • 東京の大学に進学した人は、どちらかというとそのまま東京で就職する人が多い
  • 地方の大学に進学した人は、地元に貢献したいという思いが強い
  • 職種の幅を考えるならば東京の方が有利

都会の学校に進学した先輩

東京で就職を考えています。
地元だと、就職先や職業の幅自体も少なく感じるので。また、アパレルの仕事に就きたいのですが、ファッションといえば東京だと思っているからです。地元だと、トレンドとかが降りてくるスピードも違うし、おしゃれだなと感じる人も圧倒的に少ないので。
(長野県出身/女性/大学3年生)

都会に上手く馴染めなかったので地元での就職を考えています。
しかし今就活中ですが、東京から地元まで出る交通費がすごくかかる事と、地元で就職活動をする場合はその土地の大学を出た子が有利なので苦しいです。
(新潟県出身/女性/大学4年生)

自分のしたい職業がこっちにしかないこともありますが、今の刺激がある環境を変えてまで、華やかなことも特にない地元で就職しようとは思えません。
(岡山県出身/男性/大学2年生)

都会に流されすぎて自分がしたい勉強ができなかったです。遊びすぎました。東京は誘惑が多い街だし、勉強するって強く決めてないと無駄に過ごしてしまう人が多い印象です。
こっちでニートになるか地元の親の会社を継ぐか検討中です。
(栃木県出身/男性/大学4年生)

宮城から震災でやむなくこっちに進学しましたが、向うでは出会えなかっただろう仲間に出会って数学がもっと好きになりました。これからもっと勉強するために大学院に行く予定です。
(宮城県出身/男性/大学3年生)

地元に戻る予定です。東京での生活は楽しかったですが、実家の安心感や、地元の友達の安定感はやっぱこっちの友達じゃ補えないものがあるというか、地元が最高だなと気づくことができました。
Uターンは企業から喜んでもらえると聞いたこともあるので、Uターンして地元が盛り上がるように貢献して働きたいなと思います。
(愛知県出身/女性/大学3年生)

地方の学校に進学した先輩たち

東京で就職したいと思っていますが、地元の住みやすさにも惹かれてきて迷っています。
好きなことや楽しいと思えることを仕事にしたいと考えているので、選択肢が多くある東京に行って、もっと色々なことを勉強したり触れたりしたいです。
(岡山県出身/男性/大学2年生)

栃木から長崎へ来るという異例のパターンですが、大学で見つけた「自分のやりたいこと」「自分に向いていること」を活かして行きたいなと思うと、別に地元に戻る必要もないのかなと。
住みやすさや居心地のよさを感じているので、同じ九州圏での就職をすることにしています。
(長崎県出身/女性/大学4年生)

地元で就職しようと考えています。地域のつながりは感じていたいし、地元に貢献したいとずっと思っているので。もう就職先で飛ばされない限り、生まれて死ぬまでこの地で生きるという覚悟はできました。
(大阪府出身/男性/大学3年生)

東京での就職を考えていますが、親が支援してくれないので金銭面でとても苦労しています。
でも、都会の大学生は自分とは違ったものを持っているように見えるし、私は自分の個性の主張があまりできていないように感じるので、バイト代を貯めてどうにか上京したいです(笑)。
(秋田県出身/女性/大学3年生)


東京での就職を考えている人は、職業の選択肢の多さを地元と比較すると圧倒的に違うようですね。
地方でそのまま就職するという人は、地元愛や、居心地の良さを感じているようです。
しかしもう一方で、就職時に上京したい人や、Uターンを考えている人は、交通費のような金銭的な面で苦労もありそう。
将来の選択肢を増やすためにも貯金はある程度しておいたほうがいいのかも……?
なりたい自分をイメージして、本当にやりたいことは何なのか、一度きりの人生を後悔しないよう思い切り挑戦できるようにしましょう。