【都会の学校VS地方の学校】地方出身の先輩が語るそれぞれのメリット

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【都会の学校VS地方の学校】地方出身の先輩が語るそれぞれのメリット

2016.10.12

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【都会の学校VS地方の学校】地方出身の先輩が語るそれぞれのメリット

みなさんは、もう進路について考えていますか?
地方に住んでる高校生は、地元の学校に進学するか、それとも県外の学校に進学するかどうか。
今回は、そんな高校生のために地方出身・地方在住の先輩に都会と地元の学校のメリットとデメリットを聞いてきました!

この記事をまとめると

  • 都会の学校は選択の幅が広がる分何事も自分次第
  • 地方の学校は選択肢がない分誘惑が少ない
  • 自分が何をしたいか考えて進路選択はしよう

都会の学校のメリット

まずは、上京して都内に通う地方出身の現役大学生の意見から聞いてみましょう!

・いろんな人に出会えること。田舎だと決まった相手との付き合いが多くなりがちだけど、都会はいろんな都道府県の人が集まっているので自分が今まで気づかなかった見方や世界をもってる人がたくさんいて視野が広がる。
(大分県出身/女性/大学4年生)

・1人暮らしだから門限がないので、親にいちいち言われなくて楽。
(静岡県出身/男性/大学2年生)

・地方にはないオシャレなお店が多くて、大学の友達とのランチが楽しい。
(秋田県出身/女性/大学1年生)

・交通機関が充実していてどこに行くにも便利。大学にも通いやすい。
(山形県出身/女性/大学2年生)

・保育について学んでいるが、地方で感じるよりも待機児童の問題や保育園の需要を身近に感じられる。
(長野県出身/女性/大学2年生)

・たくさんの大学があるので、自分にあった大学を選べた。
(福島県出身/男性/大学1年生)

都会の大学のメリットは、自分が今までにない経験を多くできることと、親から門限について言われなくて楽なこと、自分がいた地方では出来ない勉強ができることなどがあるようですね。

都会の学校のデメリット

・お金が貯まらないこと。ついつい楽しくて友達と遊ぶお金に使ってしまう。
(新潟県出身/男性/大学2年生)

・誘惑が多くて、勉強よりも遊びに走りやすくなる。
(兵庫県出身/女性/大学1年生)

・1人暮らしの家事がめんどくさい。家族の大切さや親がいつもしてくれてたありがたみをすごく感じる。
(大阪出身/男性/大学3年生)

誘惑が多く、家事など今まで家族にやってもらっていたことを1人でやらなければならないのは1人暮らしの大変なところですね。

地方の学校のメリット

次に地方在住で、地方の学校に通っている先輩達が感じるメリット・デメリットを見てみましょう。

・遊びなどの誘惑が少なく勉強に没頭できる。
(鹿児島県在住/男性/大学1年生)

・なんでも安く、都会で一人暮らしをしている人よりは大変さがあまりない。
(長崎県出身在住/女性/大学4年生)

・人と人とのつながりの温かさを感じられる。地域の方とのつながりがつくりやすく、市民祭りのボランティアに出たり、子供と触れ合ったりする機会が多い。
(青森県在住/女性/大学3年生)

・自然が多く、自分がしてこなかった経験ができる。登山、川下り、海水浴などのアウトドアの遊びがしやすい。
(埼玉から長崎県在住/男性/大学3年生)

・都会と違って落ち着いて生活できる。
(長野県在住/女性/大学2年生)

・地元の人との絆が強くなる。横のつながりも歳を増すごとに増えるので、みんな知り合いみたいな状態になる(笑)。
(愛知県在住/男性/大学1年生)

・やっぱり育った町が好きなので、特に不便さも、飛び抜けてここが自慢ということもないけれどとにかく落ち着きます。東京は遊びに行くところという認識。
(岐阜県在住/男性/大学4年生)

勉強のしやすさや自分に合った環境を作りやすいことが田舎のメリットみたいですね。

地方の学校のデメリット

・移動するのが大変。実家から浜松市の大学に行くために新幹線を使っていて、鈍行だと2時間くらいかかる。
(静岡県在住/男性/大学2年生)

・卒業後、都会で働いたときに、田舎で育った自分が周りの人に埋没してしまいそう。
(宮城県在住/女性/大学3年生)

・違う地方の大学に入学すると、その地方の文化の理解が難しい。
(鳥取県在住/男性/大学2年生)

・お店が早く閉まってしまうのが不便。大学で遅くまで研究をしたときにお腹が空いても周りになにもやっているお店がなくてつらい。
(長崎県在住/女性/大学3年生)

地方の大学のデメリットは、公共交通機関があまり発達していなくてどこにいくにも時間がかかったり、お店がすぐ閉まってしまったりという生活の中での不便さというのが目立った意見でした。 


遊びたい気持ちやオシャレをしたい気持ち、今の自分に無い刺激が欲しいと思っているのに田舎にいても間違った選択になるでしょうし、誘惑なんていらないから勉強したい、人とのつながりをもっと感じたいと思っているのに都会に出てもあまり意味はないのかもしれません。
一番は、自分のしたいこと・やりたいことが何なのかを決めて、都会に出るか地方に行くかを決定するのがいいことのようです。
進学してから後悔しないためにもしっかりとメリット・デメリットをふまえて進路を考えましよう。