【文理選択】工学部建築系学科 先輩インタビュー 

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【文理選択】工学部建築系学科 先輩インタビュー 

2016.09.20

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【文理選択】工学部建築系学科 先輩インタビュー 

今回は工学部建築学科に進学し、建築士を目指している大学1年生、中田隼(なかだはやと)さんに文理選択や大学での勉強内容について、お話を伺いました。
先輩の経験やアドバイスを参考にし、納得のいく文理選択をしましょう!

この記事をまとめると

  • 文理選択は、以降の学習分野を左右する大事な選択
  • 将来やりたいことに役立つ学問を選ぶ
  • 専門的に学んでいく中で、将来のイメージが具体化していく

文理選択は“興味がある分野”を掘り下げるための環境選び

——中田さんは現在建築学科に進んでいますが、高校の文理選択ではどちらを選んだのでしょうか?

もともと理系科目が得意だったことに加え、幼いころからものづくりに興味があったので理系を選びました。

——理系に進むことはどの段階で決めていたのでしょうか?

高校1年生の3学期に文理選択を行うのですが、中学生のときから理系科目が得意だったので、はじめから理系に進むつもりでいました。

——文系が苦手だから理系に進む、という気持ちもあったのでしょうか?

そうですね。文系の科目はどれもそこまで好きになれなかったので、大学に進学してまで勉強する気にはなれませんでした。

——理系に進んでよかったと思った点などはありますか?

物理や数学など、自分が興味を持っている分野を掘り下げることができる環境に進めたことがよかった点だと思います。

将来から逆算し進路選択を行う

——中田さんはどのような形で現在の大学に進学したのでしょうか?

私は指定校推薦を利用して進学しました。早い段階で指定校推薦を考えていたので、数学や物理など、建築学科に進むために必要な科目の成績を高めることを意識していました。

——進学先を決める際、どのようなことを調べましたか?

基本的なことですが、どの学校に建築学科があるのか。また、建築学科はどのような内容を学び、将来どのような仕事に就く人が多いのかということを調べました。

——学校を決めるにあたり、特に重視した点はどこでしょうか?

就職率や建築士の輩出率を重視しました。この2つはネットを使ってしっかりと調べました。

——文理選択の段階で、大学の理系学科にはどのようなイメージがありましたか?

「高校で学んだことの基礎を応用し、専門的なことを学ぶ」というイメージでした。

——実際に進学してみてそのイメージに差はありましたか?

特になかったのですが、中学から高校に上がったときとは比べ物にならないくらい勉強が難しくなったと感じています。大学生ってこんなに難しいことを学ぶんだ……と日々感じています。

——現在、1年の前期が終わったタイミングだと思いますが、すでに建築に関する専門的な授業は始まっているのでしょうか?

徐々にではありますが、すでに始まっています。前期の授業では図面の見方を学び、GW中の課題で模型の作成を行いました。
1年生の段階では、図面を見て、図って、写して、模型を作る、というだけなのですが、学年が進むと自分で考えた部屋の模型の作成をしたりするそうです。

将来の選択肢は学びながら具体化していく

——就きたい仕事など、将来の進路は決まっているのでしょうか?

建築士になりたいと考えています。私が通っている学科の先生はほとんどが建築士の方で、中には雑誌に掲載されるような建築を担当している方もいます。そうした方々を身近で見ていると「大変そうだな……」と感じることもありますが、今は憧れが勝っているので、大変さを覚悟した上でしっかり学んでいきたいと思っています。
ただ、建築学科とはいえ、建築士以外の選択肢も多く存在します。大学で学ぶ中で他の仕事に興味を持つタイミングも出てくるかもしれないので、その都度将来についてしっかり考えようと思います。

——同じ建築学科の中でも、将来やりたいことによって履修する授業に差が出たりするのでしょうか?

1年生のときはさまざま分野のことを幅広く学べるようになっています。3年生になると研究室を選ぶので、そのとき今後学ぶ専門分野を絞ることになります。そのため、3年生になるまでに将来のことをしっかり考えなければいけないなと思っています。

——建築の中でも専門が分かれると思うのですが、現段階で興味のある分野などはありますか?

木造に関する分野に興味があるので、3年次の研究室の選択では木造建築を行っている先生の研究室に所属しようと考えています。

——では最後に、文理選択に悩んでいる後輩に向けて、先輩からのアドバイスをお願いします。

文理選択のときは、科目の先生や担任の先生に相談するようにしました。その会話の中で不安が解消されることもあったので、何か悩みや不安が出てきたら、先生に相談してみるといいかもしれません。
先生以外でも、自分の進みたい学科に進んだ先輩などに話を聞くのもいいと思います。実際に経験している人からもらうアドバイスはとても具体的ですからね。

——ありがとうございました!


中田さんのように、早い段階で文理選択を決めると「推薦に向けて注力する科目を絞ることができる」といったメリットが得られることが分かりました。

とはいえ、誰しもが早い段階で決定できることではありません。もし文理選択で悩んでしまったときは、学校の先生や先輩に相談したり、「将来就きたい仕事」や「自ら率先して学べるもの」を考えてみるといいかもしれませんね。