【文理選択】国際社会学部 先輩インタビュー

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【文理選択】国際社会学部 先輩インタビュー

2016.09.20

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【文理選択】国際社会学部 先輩インタビュー

文系か理系の選択は、将来就く職業にも影響してきます。やりたいことを探し中だという人にとっては難しい選択ですが、大学生の先輩たちはどうやって決めたのでしょうか。国際社会学部に通う4年生の安藤麻里菜さんにうかがいました。

この記事をまとめると

  • 得意科目だけでなく苦手科目もバランスよく勉強することが大事
  • 文系は「華のキャンパスライフ」といった印象だったが、意外とそうでもなかった
  • やりたいことは大学でガラッと変わる可能性がある

苦手科目を放置せず、バランスよく勉強時間を割くことが肝心

ーーなぜ文系学部を選んだのですか?

中2のときに初めて短期留学をしてから海外に興味を持ち、将来は外交官になりたいと思うようになりました。おまけに、理系科目よりも英語や現代文、世界史といった文系科目が得意だったことから理系という選択肢はほとんどなかったです。

ーーいつ文理選択を考え始めましたか?

実際に選択をしたのは高2のときですが、将来の夢も決まっていたので中学生のうちから文系に行こうと決めていました。

ーー理系が苦手という意識はありますか?

あります。国立大学を志望していたので数学も勉強していたのですが、とくに数ⅡBは大の苦手でした。ただ、中学生のころはそれほど苦手意識がなかったんですよね。多分、高校では好きだった英語の勉強ばかりで、興味がなかった理系科目の勉強を疎かにしていたんだと思います。得意科目を武器として磨くことは大切ですが、高校生のみなさんには苦手科目を放置せず、バランスよく勉強時間を割くことをアドバイスしたいです。

文系は「華のキャンパスライフ」といった印象だった

ーー文系の学部にどのようなイメージを持っていましたか?

理系の学部に比べると、「遊べる」というイメージを持っていました。都内の大学を志望していたので、勉強以外にもサークルやバイトで充実した、「華のキャンパスライフを過ごしているんだろうな」と思っていましたね。

ーー実際に進学してみて、そのイメージはどうなりましたか?

たしかに大学生活は楽しいですが、思ったよりも遊ぶひまはなかったです(笑)。私の大学の専攻では、少人数で授業をするので予習をしてこないとバレますし、欠席なんてもってのほか。テニスサークルに所属していますが、私の大学はいい意味でみんな真面目だし、練習もそれなりにハードなのでチャラチャラした一般的なイメージと全然違ったサークルライフですね。

ーー文理選択のときは、進学先の学部を考慮して考えましたか?

そうですね。国際系か法律系の学部に行きたかったので文系しか頭になかったです。

やりたいことは大学でガラッと変わる可能性がある

ーー文理選択をするとき、就職のことなどは調べていましたか?

少しだけ調べていましたが、今考えると十分ではありませんでした。当時は外交官になりたかったので資格がとりやすい法律系や国際系の学部に進みたいと思い、結果として大学では国際系の学部で中東地域の勉強をしました。ただ、大学に入ってインターンを経験し、ITやコンサルティングの分野に興味を持つようになりました。今はコンサルタントになりたいと考えているので、皆さんもやりたいことが大学でガラッと変わる可能性があると思います。高校生のときの自分が、大学に入ってコンサルタントになりたいと思うようになったと知ったらびっくりすると思います。将来何になりたいかなんて高校生のときにわからなくても大丈夫です。先輩として皆さんにアドバイスできることは、自分が何をやりたいのかがはっきりしたときにその道に進めるよう、選択肢を最大限に広げておこうということ。そして「何でもチャレンジしてみよう」ということです。自分が何に向いているか、何に興味を持つかなんてやってみなければわからないので。

ーー文系に進んで良かったと思う点はなんですか?

理系の友達を見ていると長期休みでも研究室にこもったりしていて、自由な時間があまりない印象です。もちろん、それは自分が研究したい分野を追究できる最高の環境であると思います。ただ、私の場合はインターン以外にも、個人でサイトを作っていたりと学外での活動を多くしていて。文系は時間に余裕があったのがよかったなと思います。好奇心が旺盛で興味の対象が目移りしやすいタイプなので、文系に進学して勉強以外のことにもいろいろ挑戦できたのが合っていましたね。


卒業後は晴れて希望だったコンサルタントとして働く予定の安藤さん。大学入学後に、希望する職業が大きく変わることもあります。幅広く勉強できる文系に進んだことと、大学時代にいろいろなことにチャレンジした経験が、職業選択の幅を広げたのかもしれませんね。