モテる人は「ラ・ポール」に成功している?聞き上手のコツとは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

モテる人は「ラ・ポール」に成功している?聞き上手のコツとは?

2016.10.27

提供元:マイナビ進学編集部

モテる人は「ラ・ポール」に成功している?聞き上手のコツとは?

さて皆さん、モテる条件とは何でしょうか。顔が良い、背が高い、スタイルが良い、スポーツが出来る…いろいろあるかと思いますが、「話を聞いてくれる」というのもポイントが高くありませんか?
相手が聞き上手だと、ついついお喋りしてしまい、その人と一緒にいるのが楽しくなるもの。「聞き上手」になってモテるために、ちょっと勉強してみましょう!

この記事をまとめると

  • 人は話がしたい生き物。だからこそ聞き上手がモテるのかも
  • 聞き上手になるにはどうしたら良いの?
  • 「ラ・ポール」を生かしたお仕事紹介

話し上手より聞き上手

「話し上手より聞き上手が良い」「話を聞く人はモテる」ということを聞いたことはありませんか?人は誰しも、自分の話しをしたいもの。昨日観たドラマのことや家族の話題、友達への恋バナや人間関係の相談など、自分のことを人に伝えたいという欲求があるようです。そんなときに、聞き上手の人がそばにいてくれると、つい嬉しくなってあれこれとお喋りを楽しむものです。
恋愛においても同じことが言えます。マシンガントークで話をされるよりも、適度に相槌を入れて話を聞いてくれる人のほうがモテる傾向にあるのだとか。ずっと聞き役だけでは飽きてしまうかもしれませんので、お互いが聞き上手になると、より良いコミュニケーションが取れるようになりそうですね。

聞き上手になるには?

では、どうしたら聞き上手になれるでしょう?
あまり難しく考えすぎる必要はありません。例えば、あなたが何かの説明をするためにクラスの前に出るシーンを思い浮かべてみてください。ちゃんと話が出来るかな。みんな話を聞いてくれるかな。と緊張するかもしれませんね。このように、何かの話をする人は、「相手が自分の話を聞いてくれるか」「つまらないと感じて苦痛ではないか」と心配することが多いです。あなたが一生懸命に話しているのに、友達同士でお喋りされたり、スマートフォンを操作されたりしたら、ちょっとショックですよね?
聞き上手になるためには、その反対のことをすれば良いのです。相手の目を見て、相槌を打ちながら話を聞く。たったこれだけで、話し手の緊張をほぐし、心を軽くできるのです。
また、少人数で話を聞くときには、「つまりそれは○○ってこと?」「それからどうなったの?」と相手の話を要約したり、先を促したりすることもポイントです。こういった行為が出来るのは、相手の話をちゃんと聞いているから。すぐに実践することは難しいかもしれませんが、何度も話を聞いていく中で、だんだんと上達していくものです。
こうしたことを繰り返していくと、「ラ・ポール」の関係が築かれていきます。「ラ・ポール」とは心理学の用語で、「信頼関係」を意味します。自分の話を聞いてくれなかったり、一方的にあれこれ言ってきたりする相手とは、あまり良い関係を築けないもの。でも、「あなたの話を聞いていますよ」という雰囲気が伝わるだけで、相手は心を開き、信頼しやすくなるといわれています。
聞き上手なモテる人は、知らないうちに「ラ・ポール」の関係をうまく築けているといえるのですね。

「ラ・ポール」を生かして

聞き上手になればモテる!と、すぐに効果が出るわけではありませんが、聞き上手であることはさまざまな場面で役に立ちます。
例えば「営業」という仕事を考えてみましょう。営業といえば、自分たちで作った商品を売り込む職業ですので、話し上手のほうが良いと考えるかもしれませんね。でも、相手の話を聞き、「相手が本当は何を求めているのか」を知ることで、「その悩みを解決できるのが私たちのこの商品です」と売り込むことが出来るのです。また、しっかりと相手の声に耳を傾けることで信頼を獲得し、「ラ・ポール」の関係を築くことも出来ます。
ほかにも、人の悩みを聞き、心の支えとなる仕事として「社会福祉士」や「カウンセラー」、「セラピスト」などが挙げられます。会社が抱える悩みを把握して解決する「経営コンサルタント」といった職業もあります。大変と思うかもしれませんが、とてもやりがいのある仕事です。
「ラ・ポール」を生かしたお仕事はほかにもたくさんあります。「聞き上手」について、ちょっと調べてみませんか?

この記事のテーマ
サービス・インフラ」を解説

多くの人に便利、快適、感動などをもたらす業界です。人が何を望んでいるかというニーズを先取りし、サービスとして提供します。サービス業は「飲食、宿泊」「医療・福祉」「教育」「情報」や、それらを組み合わせた「複合サービス」があります。インフラはインフラストラクチャーの略で、電気やガスを供給する「エネルギー」、ヒトやモノを移動させる「交通・物流」など生活基盤を支える産業です。

「サービス・インフラ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「医療機関・調剤薬局・介護・福祉サービス」
はこんな業界です

医療業界は、病院や診療所だけでなく医薬品メーカー、医療機器・器具メーカーなど医療に関わる企業や団体全般を指す。また、一般医薬品や処方箋(せん)医薬品を扱う調剤薬局やドラッグストアも含む。介護・福祉業界では、加齢・病気・障がいなどにより日常生活を送ることが難しい人たちや、その家族に支援サービスを提供。これらの業界では、医師、看護師、MR(医療情報担当者)、薬剤師、介護福祉士といった専門職に就く人が連携し、業務を行うことが多い。

「医療機関・調剤薬局・介護・福祉サービス」について詳しく見る