方言がつけられた空港発見! 「富山きときと空港」ってどんなところ?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

方言がつけられた空港発見! 「富山きときと空港」ってどんなところ?

2016.09.29

提供元:マイナビ進学編集部

方言がつけられた空港発見! 「富山きときと空港」ってどんなところ?

みなさんは普段、自分の地域の方言を意識していますか? 他の地域に旅行などで行ったときに、自分の地域とは違った印象で話す人を見かけると、少し不思議に思ったりするものですよね。方言に魅力や愛着を感じる人も多いようですが、なんと富山には方言を使った愛称の空港があるのです! 今回はそんな富山の空港の秘密に迫りましょう。

この記事をまとめると

  • 富山県には、方言にちなんだユニークな名前の空港がある
  • 「きときと」という方言の意味と、様々な使い方について知ることができる
  • 方言と地域の関連性と、それを研究する意義について考える機会を得る

富山に方言がつけられた空港があった! その名も「富山きときと空港」

富山県富山市にあるその空港の正式名称は、富山空港。愛称は、「富山きときと空港」となっています。「きときと」という言葉はなかなかユニークな響きですが、なぜそんな愛称がつけられたのでしょうか?

富山空港は、2014年に開港50周年を迎えました。そこで、県民がより親しみや愛着を持って空港を利用できるようにと、富山県が愛称を募集したのです。集まった候補案の中から最終的に「富山きときと空港」が選ばれ、2012年に空港の愛称として正式決定しました。

「富山きときと空港」は、神通川の河川敷に設置された空港です。河川敷に設置された空港は、日本で唯一とのこと。神通川では、シーズン中は飛行機を眺めながら鮎釣りを楽しむ方も多いようです。また、神通川にかかる橋からは、車の頭上スレスレを飛ぶ飛行機を見ることができるなど、ちょっとスリリングな楽しみもあります。

「きときと」ってどんな方言?

「きときと」は、富山弁で「新鮮な」とか「いきいきした」という意味です。日常生活で聞くことは少ないですが、新鮮な魚が集まる富山湾の市場などでは、「この魚きときとやね」などと言って、魚の新鮮さや元気の良さを表現するときに使います。

また、「きときと」という言葉は、色々なキャッチコピーとして用いられることもあります。例えば、新鮮な魚介類が揃う「きときと市場」、回転寿司チェーン店の「氷山きときと寿し」など、新鮮さを売りにしている場所に使われています。

そのほかにも、富山県出身の女優・室井滋さんのエッセイ「キトキトの魚」や吉田康弘監督の映画「キトキト!」のタイトルに使われたりと、「きときと」という言葉はとても親しまれているようですね。

方言を知ってその地域に詳しくなろう!

このように、方言は、その地域の人にとって愛着のあるものであると同時に、地域の外に向けて使われることもあるなど、さまざまな意味あいをもっています。そういった方言の深い魅力に気づいた方は、もっと掘り下げて調べてみるのもおもしろそうですね。

方言に取り掛かる手段はいくつかあります。歴史から見てみるのもいいですし、民俗学という学問から調べてみるのもおもしろいでしょう。特に方言に特化した学問として、方言学というものがあります。言葉を研究する学問である言語学の一種なのですが、アクセントや語彙、発音の違いなどを比較しながら、日本語の歴史を考えたり、生活と言葉の関係を考えたりします。

「方言はなぜ生まれたのか?「地域によって違いがあるのはなぜなのか?」……こういった疑問を抱いて、勉強や研究をしてみると、意外な発見があるかもしれません。方言に興味を持たれた方は、ぜひその謎に迫ってみてください!

※掲載している画像はイメージです


【参考サイト】
富山きときと空港
http://www.toyama-airport.jp/
富山きときと空港のひみつ
http://www.toyama-airport.jp/enjoy/secret
氷見きときと寿し
http://kitokito.jp/
きときと市場 とやマルシェ
http://www.toyamarche.jp/

【参考書籍】
実業之日本社『意外と知らない富山県の歴史を読み解く! 富山「地理・地名・地図」の謎』

この記事のテーマ
社会学・マスコミ・観光」を解説

あまり共通性のないように思われる3分野ですが、じつは密接な関係があります。観光業界にとってマスコミは「広報」そのものです。マスコミの存在なくして観光業界の発展はないでしょう。もともとマスコミは商品を情報化するために社会学を重視しています。社会が求めている漠然としたニーズを精査し、わかりやすいイメージとして変換して提供するのです。今後、観光業などにおけるマスコミの存在はますます大きくなるはずです。

「社会学・マスコミ・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「地域社会」
はこんな学問です

国内外の都市部・農村部を問わず、地域社会の問題にアプローチし、実証的な調査・研究を行う学問。大きく分けると、2つに分けられる。一つは、地域行政のあり方を問い直し、地域住民・地元企業との連携を図って問題を解決する方法を探る地域行政学。もう一つは、グローバル化による急激な変化から地域の文化遺産を意識的に守り継承していく方法について研究する地域文化学である。2つは別々の学問ではなく、同じ問題意識を行政と文化という別の視点から考察している。

「地域社会」について詳しく見る