気になる社会人にインタビュー! 第78回:カフェスタッフに聞いてみた10のコト!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

気になる社会人にインタビュー!
第78回:カフェスタッフに聞いてみた10のコト!

2016.09.14

提供元:マイナビ進学編集部

気になる社会人にインタビュー!
第78回:カフェスタッフに聞いてみた10のコト!

ショッピングの休憩や友だちとのおしゃべり、またランチや勉強など……いろいろな利用方法ができるカフェは、みなさんにとって身近な存在だと思います。手ごろな価格が人気のチェーン店から、内装やメニューに個性が光る個人店まで、街中にはいろいろなカフェがありますね。

カフェで注文をオーダーしたりドリンクやフードを運ぶ仕事を「ホールスタッフ」といいますが、実際にどういう仕事をしているのでしょうか? 町田で人気の「カフェカツオ」で勤務中の永田ゆり子さんにお話を聞いてみました!

この記事をまとめると

  • お客様がくつろぐ時間を提供するためにサービスを行う
  • メニューの知識やコーヒーの淹れ方など、勉強することがたくさんある
  • 休みの日は、他店舗の接客や空間づくりをみて学ぶこともある

大学時代の居酒屋のアルバイトがきっかけで、接客業を目指すことに

「カフェカツオ」で働く永田ゆり子さん

「カフェカツオ」で働く永田ゆり子さん

Q1. 普段のお仕事について教えてください。

「私はカフェのホールスタッフとして働いています。ホールスタッフは、お客様へのメニュー説明からテーブルへのお料理の提供、お見送りまでの一連のサービス、接客を行います。また、現在は後輩への指導も担当しています」

Q2. 現在のお仕事に就くまで、どのような勉強や経験をされてきたのでしょうか?

「私の場合は、普通科の高校を卒業した後、4年生の大学に進学しました。大学生時代に居酒屋のアルバイトをしていて、お客様と関わる事の楽しさや、自分の行ったことで喜んでいただけることのうれしさを感じて、接客業を学びたいという気持ちが強くなりました。それから接客に関する経験を重ね、現在のカフェスタッフに至ります」

Q3. お仕事の中で、魅力ややりがいを感じるのはどんなときですか?

「お客様が帰る時、『ありがとうございました』と声をかける際に、笑顔で振り返っていただけたり、声を掛けていただいたりと、お客様の反応でいい時間を過ごしていただけたと実感出来た時はすごくうれしいです。お客様それぞれの言葉や笑顔が、日常的に私のやりがいとなっています」

お客様のニーズに合わせて、心地よい時間を過ごしてもらえる工夫を

「カフェカツオ」のおしゃれな内観

「カフェカツオ」のおしゃれな内観

Q4. お仕事を取り組む中で大切にしていることを教えてください。

「1組ずつ、それぞれのお客様に寄り添うことを心がけています。お客様の中にはスタッフとコミュニケーションを取ることが好きな方もいれば、お友だち同士の時間を楽しみたい方、ゆっくりと過ごされたい方など、お客様によってさまざまです。お客様と小さなコミュニケーションを楽しむこともありますが、基本的には自分は黒子に徹し、いかにお客様が居心地良く過ごしていただけるかを考えています。この空間で、素敵な時間を過ごしていただきたいと想いながら働いています」

Q5. 一番の思い出や達成感のあったエピソードはなんですか?

「ある日、『留学いってらっしゃい』のプレートをご予約してくださったお客様がいました。プレートをお出しした際にお話をしていると、明日から留学との事で、主役の方とお友だちの方たちは、しばらく会えなくなってしまうんだなぁと私も寂しい気持ちになり、伝票にメッセージを添えさせていただきました。すると、お客様がすごく喜んでくださり『留学が終わったら絶対にまた来ます!』と笑顔で仰って頂けました。本当にうれしかったことをすごく覚えています。

入社初期のころ、自分が全然動けずに、働いているスタッフの方にもすごく迷惑をかけてしまって、泣いたり、不安な表情で働いてしまうときもありました。しかしそのとき、目の前のお客様には私の状況はまったく関係のないこと、プロとしてお客様の前では常に最高の笑顔でいなければいけないことを学びました。まだまだ自分の気持ちが表情に出てしまうことも多いのですが、失敗を教訓として日々頑張っています」

Q6. 今後、カフェスタッフとしてやってみたいことはなんでしょうか?

「コーヒーを淹れるバリスタにも挑戦したいです! 私のお店では、試験に受かった人でないとコーヒーを淹れられません。きれいでおいしそうなラテアートのコーヒーを見た時のお客様の表情をいつも見ているので、私もいつかあんなおいしそうなコーヒーを淹れたいと思っています」

休みの日は、他店舗の接客や空間づくりをみて学ぶことも

おいしそうなスイーツも楽しめる

おいしそうなスイーツも楽しめる

Q7. お休みの日はどのように過ごしていますか?

「職場の仲間や友だちとご飯に行くことが多いです。ご飯に行くときも、やっぱりカフェが好きなので、カフェを選んでしまいます。多店舗の接客や空間づくりを見て、学ぶことも多いです」

Q8. 高校時代はどのように過ごしていましたか?

「ダンス部での部活動を頑張っていました。自分たちで曲を編集したり、振付を考えていたので、いい作品にしたいという気持ちは同じでも、意見がぶつかる事もよくありました。しかし、思っている事をしっかりと伝えて、みんなで協力し、たくさん練習した一つの作品を満足に発表できた時の達成感は本当に大きい物でした。これはお店でのチーム作りにも少し似ているなと感じます。ぶつかる事を恐れずに、“本当のチーム”としてもっとみんなが楽しめてワクワクできる環境をこれからもみんなでつくっていきたいです」

Q9. 高校時代にもっと勉強しておきたかったことがあれば教えてください

「敬語をもっと学んでおけばよかったです。カフェには本当に幅広い年齢層の方や職業の方が来て下さいます。当たり前に使っていた言葉が間違っている事が日常的に起こっています。『ご注文は~でよろしかったですか?』という言葉も、よく使われる間違った敬語です。年上の方に対してもしっかりとした日本語を使って恥のないように、これからも勉強していきます」

Q10. カフェスタッフを目指している高校生へ向けて、一言メッセージをお願いします。

「カフェでは、お客様の日常に少しの彩りを添える事、当たり前の毎日の中にちょっとした幸せを感じてもらう事のお手伝いが出来ると思います。飲食業には大変なイメージもあるかもしれません。でも私は実際に、それ以上に喜んで頂ける楽しさをすごく感じています。

コーヒーやスイーツなどのメニュー、インテリアなどカフェの空間が好きな人や、人に喜んでもらう事が好きな人なら、この仕事は向いていると思います。必要な知識は、お客様の為に自分のお店の事やメニュー内容をよく知る事だと思うので、入社してからのやる気次第だと思います。カフェスタッフの仕事に興味のある方はぜひ一歩踏み出してみてください!」


カフェでキビキビ働くカフェスタッフの笑顔の影には、努力やきめ細かな接客の姿勢が隠されていました。カフェスタッフとして勤務する中で、自分のお店を出して独立といったこともできるかもしれません。

カフェスタッフになりたいという人は、まずは高校生でも働けるカフェを見つけてみたり、飲食店などでアルバイトをしてみたりして、接客業を経験してみてはいかがでしょうか?

【取材協力】KOKOROZASHI COMPANY
http://kokorozashicompany.com/

この記事のテーマ
食・栄養・調理・製菓」を解説

料理や菓子などの調理技術や、栄養や衛生などに関する基礎知識を身につけます。職種に応じた実技を段階的に学ぶほか、栄養士などの職種を希望する場合は、資格取得のための学習も必須です。飲食サービスに関わる仕事を目指す場合は、メニュー開発や盛りつけ、店のコーディネートに関するアイデアやセンス、酒や食材に関する幅広い知識も求められます。

「食・栄養・調理・製菓」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「そのほかの食・栄養・調理・製菓系の職業」
はこんな仕事です

食・栄養・調理・製菓系の仕事は、おいしい料理を提供するだけでなく、食事の場を演出したり、健康的な食事方法を指導したりとさまざまだ。なかでも近年は人々の健康への意識が高まり、食事から体を整えようとする人が増加したことから、それをサポートする職業が注目されつつある。その一つとして、体調に合わせ自然の食材から薬膳のレシピを提案する「薬膳アドバイザー」や、玄米中心の食生活で健康を保つマクロビオティックの知識を正しく身に付けた「クシマクロビオティックス・コンシェルジュ」などがある。

「そのほかの食・栄養・調理・製菓系の職業」について詳しく見る