大切な結婚式。喜びを支えるオンリーワンのブライダルコーディネーターを目指そう!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

大切な結婚式。喜びを支えるオンリーワンのブライダルコーディネーターを目指そう!

2016.10.03

提供元:マイナビ進学編集部

大切な結婚式。喜びを支えるオンリーワンのブライダルコーディネーターを目指そう!

この記事をまとめると

  • 結婚式は多様化しています。オンリーワンの結婚式に憧れませんか?
  • 結婚式は人の数だけ。サプライズも、人の数だけ。
  • 一生の喜びを支える、ブライダルコーディネーター

さまざまな結婚式

ジューンブライドという言葉があるように、6月は結婚式シーズンといわれています。ですが、日本はちょうど梅雨時のため、6月を避け、大型連休と重なり、涼しくなってくる秋の9月を選ぶ人が増えているようです。
そんな結婚式にもさまざまな種類があります。かつての結婚式は、新郎か新婦、いずれかの家に行き、身内だけで挙げるものがほとんどでした。ですが、今は宗教に関係なく、自由な形式で挙げることが多いです。
現代の結婚式は、これまでの形に縛られすぎないことが一つの特徴といえます。海外での挙式やリゾート挙式などはその一例でしょう。また、テーマパークでの式や、和装で結婚式を挙げるカップルも大勢います。さらに、2015年に同性カップルのパートナーシップ証明書が交付されたことで、同性の結婚式を挙げるカップルも少なくありません。時代の流れとともに結婚式も様変わりしています。
もちろん、伝統を重んじたかつての結婚式を行うカップルも多いです。人の数だけ結婚式の種類があるといえるでしょう。

形式にとらわれない、オンリーワンの結婚式

また、結婚式での定番、「サプライズ」も多様化しています。ムービーを作ったり、感謝の気持ちを手紙で伝えたりとさまざまな種類がありますが、近年流行なのは「フラッシュモブ」と呼ばれるもの。フラッシュモブは、インターネットや口コミなどで呼びかけた不特定多数の人々が集まり、突然ダンスや演奏などのパフォーマンスを行って、周囲の関心を引いたのち解散する行為のことを言います。これが結婚式でも使われ、式場スタッフを装ったプロのパフォーマーたちが急にダンスをしたり、歌い出したりするサプライズを行うことが増えています。
ほかには、「トランプラブレター」というものもあります。これは、52枚のトランプに相手の好きなところを一つ一つ書いて渡すというもの。もともとはニュージーランドの女性が始めた企画で、日本でも西野カナのMVで話題になっていますね。

こういったサプライズも含めて、結婚式は大切な思い出となります。ほかの人と同じじゃない、式を挙げるカップルそれぞれにあったプランが求められているのです。

希望に沿ったプランを提供するブライダルコーディネーター

時代は大きく動いていきます。その流れを意識し、一人ひとりの希望に合った最適な提案をすることが、「ブライダルコーディネーター」の仕事です。華やかな舞台の裏方として一生懸命に働く仕事ですが、日本ではブライダルコーディネーターを取り上げたドラマが放送されたことで、有名になりました。
結婚を控えるカップルに、予算や希望に沿った結婚式・披露宴をプロデュースするのがブライダルコーディネーターの仕事です。衣装選びから式の演出、引出物、案内状の手配まで、式に関わるあらゆる相談ごとに対し、最適なアドバイスを行います。ライフスタイルが多様化し、自分たちらしい挙式をしたいと希望するカップルも増えてきました。そういった理想を叶え、結婚式を盛り上げることがやりがいの仕事といえます。
一生に一度の喜びをサポートするプロフェッショナル、あなたもそんなブライダルコーディネーターを目指してみませんか?

この記事のテーマ
旅行・ホテル・ブライダル・観光」を解説

目指す業界の専門知識を学び、パソコンなどのスキルを身につけます。旅行・観光では資格取得や採用試験対策、ホテル・ブライダルでは、現地実習を通して実践力を養う研修が多く含まれます。共通して求められるのは、ゲストに非日常のサービスや空間を提供する接客技術やサービス精神。不規則な勤務に対応できる体力の養成も求められます。

「旅行・ホテル・ブライダル・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ブライダルコーディネーター」
はこんな仕事です

結婚を控えるカップルに、予算や希望に沿った結婚式・披露宴をプロデュースするのがブライダルコーディネーターの仕事。ブライダルプランナーとも呼ばれる。衣装選びから式の演出、引出物、案内状の手配まで、式に関わるあらゆる相談ごとに対し、最適なアドバイスを行う。結婚式場やホテルで働くほか、経験を積めばフリーランスとしての活躍も夢ではない。ライフスタイルが多様化するなかで、自分たちらしい挙式をしたいと希望するカップルの理想をかなえ、結婚式を盛り上げることが仕事のやりがい。

「ブライダルコーディネーター」について詳しく見る