男子がムラムラする香り! “ムスク”ってなんですか?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

男子がムラムラする香り! “ムスク”ってなんですか?

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

男子がムラムラする香り! “ムスク”ってなんですか?

この記事をまとめると

  • ムスクは古来より惚れ薬(ほれぐすり)として使われてきた神秘の香料
  • 天然ムスクは超貴重! でも、合成ムスクも異性を惹(ひ)きつける香りと実証済み
  • 香水は調香師と呼ばれる「香り」の専門家が何年もかけて開発している

モテたいなら惚れ効果のあるムスクが1番!

オシャレの一部である香水は、今や高校生にとってもメジャーなファッションアイテム! ただ、いざ買おうとなると、あまりの種類の多さについ迷っちゃいますよね。どうせなら、1番モテる香りをゲットしたいところ。それなら、異性を惹き付ける香りとうわさされる「ムスク系」を選びましょう♪ ムスクは古来より、惚れ薬として使われてきたとっても歴史の長〜い香料です。今回は、そんなムスクの神秘に迫ってみましょう!

異性を惹き付ける魔法のフェロモン効果

ムスクとは、ネパールなどヒマラヤ周辺やモンゴルに生息する小柄なシカの一種、ジャコウジカの雄から採取される動物由来の香料です。ムスクはおヘソの下あたりにある器官から発せられる分泌物で、そのニオイがメスを引き寄せるといわれています。いわば、「性フェロモン」のようなものです。そしてその香りは、人間の性的魅力にも影響力があると信じられてきました。

しかし……現代では、天然のムスクを使った香水はほぼ存在しません! 本物のムスクは大変貴重という理由からだけではなく、輸出入すること自体がワシントン条約で禁止されています。そのため、現在ムスクとして使われている香料は全てが合成100%香料! な〜んだニセモノか、と思ってちょっとガッカリしてしまいましたか? でも、最近のある実験では、合成ムスクの香りでも異性に魅力を感じさせやすいという結果が出ています。さらに、女性が長期間継続してムスクの香りを使用すると、ホルモンバランスが整って肌がキレイになるという驚きの研究結果も! どうやら現代のムスクにも、十分不思議な魅力があるようです。

香水は調香師たちの努力の結晶

香りをつくり出す調香師(パフューマー)にとっても、ムスクは欠かすことのできない存在。セクシーなイメージの香りの代表格なんですね。例えば、調香師が「官能的でエレガントな香りの香水をつくりたい」と思ったら、ムスクなど何十種類もの香料を組み合わせてイメージする香りに近づけていきます。

私たちが普段使っている香水は、調香師たちが何度も何度も試行錯誤を繰り返してつくりあげた「香りの芸術作品」です。ひとつの香水が完成するまで数年かかることも珍しくありません。調香師とは、優れた嗅覚や専門知識はもちろん、大変な根気強さも求められる職業なのです。

最近では、そんな調香師気分を味わえる「手づくり香水キット」がネットなどで販売されています。スポイトやビーカーを使う作業は、なんだか化学の実験みたいで楽しそう♪ まずは自分オリジナルのモテ香水を開発してみるのもイイかも!

この記事のテーマ
美容・理容・メイクアップ」を解説

美容師や理容師、メイクアップアーティストなど、確かな技術と感性を備えた「美」の専門家を目指します。理容師や美容師の国家資格取得を目指すほか、それぞれの職種に応じた技術力や表現力の習得、接客能力を身につけます。従来のように美容室や理容店で働くだけでなく、高齢者や障害者のもとへ出張する技術者へのニーズも高まっています。

「美容・理容・メイクアップ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「調香師(パフューマー)」
はこんな仕事です

数千種に及ぶ香料を巧みに扱い、香水や化粧品、トイレタリー製品などに使用される香りを創作する仕事。大学の理系学部か調香師養成コースのある専門学校を卒業し、香料会社や日用品メーカーの研究開発部門で働くのが一般的。調香師の国家資格は存在しないが、関連する資格に国家資格の「臭気判定士」、調合や模倣の技術および専門知識を審査する民間資格の「日本調香技術師検定」(2010年創設)がある。調香師には安全性や安定性を裏付ける化学、薬学、生物学の知識に加え、嗅ぎ分ける能力と芸術的センスが求められる。

「調香師(パフューマー)」について詳しく見る