あなたのスマホ、狙われてますよ?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

あなたのスマホ、狙われてますよ?

2016.09.21

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

あなたのスマホ、狙われてますよ?

この記事をまとめると

  • あなたのスマホが危ない!乗っ取りは誰にでも起こること
  • ハッカーは悪ではなく、コンピュータのスペシャリスト
  • あなたにもできる乗っ取り対策

あれ?なんだか変なLINEが届いたけど…?

皆さん「乗っ取り」という言葉を聞いたことはありませんか?急に知り合いから「コンビニでプリペイドカードを買って」とSNSで連絡がきたり、「不正なアクセスがあります」と通知があったり…これらはスマートフォンやパソコンへの不正アクセス、悪質なハッキングが原因です。ところで皆さんは、「ハッキング」の意味を正しく理解しているでしょうか?「ハッキング」という言葉自体は、コンピュータの深い知識を持った人(ハッカー)が行うハードウェア・ソフトウェアのエンジニアリングという意味なのです。え?コンピュータに不正にアクセスし、データを盗んだり流出させたりすることじゃないの?と思った人もいるかもしれませんね。しかし、実は、悪質なハッキングは正式には「クラッキング」と呼びます。
スマートフォンにパスワードをかけているのに、あっさりと侵入して、パスワードや画像データ、電話帳の名簿を盗み出してしまう…いわば、コンピュータ上の泥棒といえます。
私は被害にあったことないから、と油断は禁物。手馴れたハッカーであれば、5分足らずで侵入することも可能といわれています。知らず知らずのうちにあなたのスマートフォンも狙われてしまうかもしれません。

ペンタゴンをハックせよ!

コンピュータ上の泥棒ともいえるクラッキングを防ぐために、企業や自治体はさまざまな取り組みをしています。厳重に鍵をかけたり、わかりにくいパスワードを複数作ったり…でも、どんな防犯設備も必ず穴はあるもの。
そこで、アメリカ国防総省、通称ペンタゴンは、2016年の4月18日から5月12日の間に、「ペンタゴンをハックせよ」というイベントを開催していました。これは、ペンタゴンに関連するサイトをわざとハッキングして、その脆弱性を調べるというもの。参加者1,400人のうち250人以上が少なくとも1つの脆弱性を発見しました。有益と思われる脆弱性を発見した人には、100ドル(約1万円)から、15,000ドル(約157万円)までの賞金が支払われる予定です。
http://gizmodo.com/hackers-hacked-the-pentagon-and-found-quite-a-few-bugs-1782218205

ハッカーのイメージを覆せ!

日本では、コンピュータのスペシャリストのハッカーとコンピュータを不正に覗く人のクラッカーを同じ言葉で使用することが多いので、「ハッカー」と聞くとあまりよいイメージを抱かないかもしれませんね。ですが、世界ではハッカーの祭典や、国際イベントが開催されています。
日本でも2013年2月2日から3日にかけて、国内のセキュリティー技術者が知識と技術を競う競技会「CTFチャレンジジャパン 2012」の決勝大会が開催されました。近年、日本がサイバー攻撃を受けることも少なくはありません。その攻撃を防いだり、被害を少なくしたりする為に、あえて「攻撃する側」に立つことで、システムの穴を見つけ、未然に防ぐことが可能になります。

ガードを厳重にするために

乗っ取りを防ぐには、こうしたクラッキングの実態を知ることも大切です。システム構築や、ネットリテラシーなどについて学ぶことで、あなたのスマホを守ることができるかもしれません。
手軽にできる対策としては、まずはパスワードをできるだけ難しいものに設定しておくこと。簡単な誕生日や電話番号、自分の名前などにすると、簡単に特定されてしまいます。また、同じパスワードを使い回しすることも避けたほうがよいでしょう。もしあなたが、スマホや自宅のパソコン、メール、LINEのログインなどに同じパスワードを使っていたら…1つが流出してしまったら、どうなるか、わかりますよね?それぞれに違うパスワード、そしてできるだけ複雑な、記号や大文字小文字を混ぜたものにするとよいでしょう。
あなたは家を出るときに、必ずしっかりと鍵をかけますよね?スマートフォンも同じことです。大事なデータを守るために、しっかりと予防しましょう。

この記事のテーマ
情報学・通信」を解説

情報通信産業には、通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作業の5分野があります。近年は各分野の垣根が取り払われつつありますが、なかでも注目されているのが、インターネットに代表されるコンピュータを介した情報通信工学でしょう。高度に情報化が進んだ現代において、安全保障や経済政策はもちろんのこと、日常生活に至るあらゆるシーンで必要とされる、活躍の場の広い学問です。

「情報学・通信」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「情報学」
はこんな学問です

情報学という学問名で、文系と理系の2種類の学問を表す。文系学問としては、人文・社会科学系の学問と連携し、社会システムのなかでの情報技術の役割や、マスコミュニケーションにおいての情報メディアの役割、国境を越えての情報コミュニケーションを研究テーマとする。理系学問としては、コンピュータのハードウェアやソフトウェア、情報システムが稼働する原理など、情報についての基礎となる分野を数学的手法によって研究する。

「情報学」について詳しく見る