データ分析がスポーツを変える!?今、スポーツ界では「データ分析」がアツイ!!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

データ分析がスポーツを変える!?今、スポーツ界では「データ分析」がアツイ!!

2016.09.07

提供元:マイナビ進学編集部

データ分析がスポーツを変える!?今、スポーツ界では「データ分析」がアツイ!!

スポーツの試合などで、試合中に端末を使用して、選手に指示を出している映像を見たことがある人も多いのではないでしょうか?今、スポーツ界では勝つために「データ分析」がアツイんです!!

この記事をまとめると

  • スポーツ界では、勝つために「データ分析」が注目されている
  • 「データ分析」は、勝つため以外にも活用が期待されている
  • 今、注目されるスポーツアナリスト

データを分析することで「真の逸材」が分かる!?

これまで直感や経験が大事とされていたスポーツ界において、選手のデータを分析することで、今まであまり見えてこなかった部分を明らかにし、チームの勝利につなげる戦略が立てることができるということで、今スポーツ界では「データ」分析がとても注目されています。

サッカーを例に挙げてみましょう。ある試合に出場したチーム選手全員のうち、走行距離が3番目に低いA選手がいたとします。一般的には、よく走る選手の方が優れていると言えますよね。しかし、パスの起点になった回数、パスを受ける回数、シュートに繋がったパスの回数を見てみると、実はA選手がチームでダントツの一番だったということが、データを通じて分かりました。つまり、このチームはA選手にどれだけボールを回せるかがカギとなっていて、このA選手を軸にどう戦うかの戦略を立てることが、チームの勝利のために大切であるとデータ分析から分かるのです。

このように、データを分析することで今まで見えていなかったヒントが見つかり、それを元に戦略を立てることが可能になるんです!また、選手の育成、起用、評価に対しても、これまで以上に大きな影響を与えることが可能になり、現在いろいろなスポーツがこの「データ分析」を取り入れ始めています。

勝つためだけではなく、魅せることにも期待されるデータ分析

データ分析は、上記のような戦略を立てるためだけに活用が期待されていないわけではありません。各選手の走行距離や加速度、ボールや審判の動き、この選手はこの場面でこのような動きを今までしてきたなど、ありとあらゆるデータを取り、長年蓄積していくことで、新たなモノ(サービス)を生み出せるのではないかと期待されています。

例えば試合映像とともに選手の動きの予測をアニメーションで入れみたり、また今までファンの目には映らなかった選手の特徴をファンサイトで公開する新たなコンテンツなど、今まで考えもつかなかったようなサービスが、今後できるかもしれません。

このように、データ分析は、チームの勝利のためだけではなく、スポーツ観戦をより楽しめるようにしたり、ファンを惹きつける新しいコンテンツの開発に活用されることが期待されています。

今、注目されるスポーツアナリストという仕事

現在日本では、まだそれほど多くはないとされるスポーツアナリストというお仕事。スポーツアナリストになるには、各スポーツのルールや戦略に詳しいことはもちろん、パソコンやテクノロジー、映像などを使って分析をするので、IT的な部分も必要になってきます。なので、スポーツを実際にやったり、テレビで観戦したりなどして、あらゆるスポーツの知識をつけるのはもちろん、大学や専門学校で情報系の分野を学ぶのも良いかもしれません。
スポーツに関わる仕事というと、スポーツトレーナーやインストラクターなどがすぐに浮かびがちですが、この「スポーツアナリスト」の需要は今後益々伸びてくること予想されます。将来、スポーツに関わる仕事をしたい!と考えている人は、進路のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか?

この記事のテーマ
健康・スポーツ」を解説

スポーツ選手のトレーニングやコンディション管理に関わる仕事と、インストラクターなどの運動指導者として心身の健康管理やスポーツの有用性を広く一般に伝える仕事に大別できます。特に一般向けは、高齢化の進展や生活習慣病の蔓延が社会問題化する中、食生活や睡眠も含めて指導できる者への需要が高まっています。授業は目指す職業により異なります。

「健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スポーツデータ入力者」
はこんな仕事です

野球やサッカー、バレーボールなどさまざまなスポーツで、対戦相手や自チームの選手の動きなどをデータ化して、パソコンに入力し分析する仕事。たとえば野球だと、ある特定のバッターがどんな球種をよく振り、どこに打つことが多いのかなどを分析。その結果に基づいてピッチャーとキャッチャーは投げるボールを決め、野手は守備の陣形を決める。情報やデータを収集し選手のパフォーマンスを数値化することで、高い確率の戦略を立てることができる。試合に勝つためや、チーム力強化のためなど、データ活用の場は幅広い。

「スポーツデータ入力者」について詳しく見る