芸能人になりたい! けど、大学に進学するのは意味があるの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

芸能人になりたい! けど、大学に進学するのは意味があるの?

2015.08.04

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

芸能人になりたい! けど、大学に進学するのは意味があるの?

芸能人が大学に進学した理由を、実際の俳優さんに聞きました。

この記事をまとめると

  • 大学進学を選んだ俳優さんに取材
  • 進路を決める期間として進学を選択した
  • どんな進路を選んでも自分で理由を説明できるかが肝心

アイドルや俳優のような、芸能人の仕事って華やかで憧れですよね。実際に芸能界を目指したいと思っている人もいるのではないでしょうか。とはいえ、迷うのが進路です。

芸能コースがある学校に進学する人から、高校を卒業してそのまま芸能の道に進む人など、進路はさまざま。一般的な大学に進学するケースも少なくありませんが、芸能の仕事に勉強が結び付くかといったらまた難しいところかもしれません。

実際の大学院卒俳優はどう考えているの?

実際に大学に進学した芸能人は、進学したメリットを感じているのでしょうか。
京都大学大学院を卒業後、俳優・タレントとして活動している佐伯恵太さんにお話を聞きました。

佐伯さんは現在、恋愛バラエティー「恋んトス」(TBS)に出演しているほか、9月17日~22日の、舞台「天元突破グレンラガン~炎撃篇~其の弐 其の参」にも出演が決定。
大学院卒業後に本格的に芸能活動を始めたそうですが、そこにはどんな経緯があったのでしょうか。

進学理由は進路を決める期間!?

―佐伯さんが大学に進学した理由を教えてください!

教師の仕事に興味があったからです。
勉強は数学や物理は苦手だったのですが、物心ついたころから昆虫採集に行くようなタイプで、生物だけは好きでした。高校の生物の先生が、生物を本当に好きなのが伝わってくるような授業をする人で、それを見て教師もいいなと。そこで、大学に進学して生物学を学ぶことにしました。

実際に入学したら、生物学にさらにハマった半面、高校生のころから続けていた「ボーイズシンクロ」
や課外活動も忙しくなってきて。教員免許を取る時間を確保するのが難しくなり、そこで本当に教師でいいのか考えるようになりました。

―そこからさらに大学院に進んだのはどうしてですか?

純粋にもっと研究したいと思っていて、博士号を取って研究者という道もあるのかなと。ただ、本格的にシンクロに取り組む中で、いわゆる芸能活動に興味を持つようにもなりました。進学したのは、どちらに進もうか決め切れていなかったからです。経験を積みつつ、進路を決断する期間にしようと思って、大学院に進むことにしました。

進路は自分で説明できる道かどうかが肝心

―もし、佐伯さんが最初から芸能人になりたいと高校生のときに思っていたら大学に進学していましたか?

それは分からないですね。自分自身、大学に進学することに賛成か反対か、と聞かれたら、どちらともいうことができないな、と思っています。どの進路を選んでも、いい面と悪い面のどちらもあります。例えば、自分自身は芝居で長く経験を積んできた人と比べれば、キャリアの差があるのも事実です。

だからこそ、自分で選んだ進路の理由をきちんと説明できるかどうかが大切だと思います。
オーディションの面接で、「どうして進学したの?」と聞かれることもあります。でも、反対に進学していない人でも「どうして進学しなかったの?」と聞かれることだってあります。どっちを選んだとしても、「その上で頑張りたい」といえるかどうかが勝負だと思います。仮に「芝居の勉強をたくさんしたい」という目的が固まっていたとしても高卒で現場に出て行く方法もあれば、大学で映画や演劇を学ぶ方法もあります。まずはどういう手段があるのかを知ること、そして考えることが大事ですね。

在学期間は進路を考える時間でもあったという佐伯さん。そのときに自分の将来と向き合って考えたからこそ、自分の選んだ進路の理由がきちんと説明できるのだと思います。
もし芸能活動以外にも他にやりたいことがあれば、活動を1本に絞らないことも選択肢の一つなのかもしれません。いろいろなことにチャレンジできることが何よりの大学進学のメリットなのではないでしょうか。


(プロフィール)
佐伯恵太(さいきけいた)
京都出身。京都大学大学院で修士号を取得(理学)。“ボーイズシンクロチーム”の一員 として全国各地のプールを舞台にパフォーマーとしてプロ活動。総観客数15万人、東京五輪招致イベント@東京体育館でのパフォーマンスや、ヒルトン東京ベイでの主催ライブを行った。その後、ボーカルパフォーマンスグループでパフォーマーとして音楽活動を経験し、現在は俳優業を中心にタレント活動中。恋愛バラエティー「恋んトス」(TBS)(http://www.tbs.co.jp/coin-toss/)に出演しているほか、9月17日~22日の、舞台「天元突破グレンラガン~炎撃篇~其の弐 其の参」(http://officeendless.com/sp/gurrenlagann/)にも出演が決定。ブログ(http://s.ameblo.jp/keita-saiki)、Twitterアカウント(@Keita_Saiki_)、Facebookページ(https://www.facebook.com/keita.saiki.official)で情報を更新中。