デジカメとはまた違ったよさ! インスタントカメラの活用例

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

デジカメとはまた違ったよさ! インスタントカメラの活用例

2016.08.30

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

デジカメとはまた違ったよさ! インスタントカメラの活用例

デジカメやスマホが登場する前は、インスタントカメラが主流だったもの。今、その人気がまた再燃しているようです。どんなところが魅力的なのか、利用者の声を集めてみました。

この記事をまとめると

  • 思わず持ち出したくなるほどかわいい!
  • すぐに印刷&その場で共有できる!
  • インスタントカメラで撮影して、さらにスマホで撮ってシェアするツワモノも

アクセサリー代わりにも?

インスタントカメラの見た目が気に入っているという人が増えているようです。デザインがかわいくて、ファッションの一部として持ち歩いている人もいるのだとか。インスタントカメラを持ち歩くのが習慣だという女子にその魅力について聞いてみました。

「サイズ感といい、見た目のポップさといい、持っていて幸せな気持ちになるのが最近のインスタントカメラだと思います。かわいいカメラと一緒に出かけるだけでも、テンションが上がります! 最近は写真を撮らなくてもアクセサリー代わりに持ち歩いています」(19歳/女性)

持っているだけで楽しい気持ちになれるインスタントカメラ。デザインにはさまざまなバリエーションがあり、自分好みのデザインを選べるのもいいですよね。首から下げてアクセサリーのように使っているという人もいました。

すぐに印刷できるからこそ!

その場で印刷できる機能が備わっている「チェキカメラ」。その場ですぐに共有できるところが魅力的です。なかでもこんな経験をされた方もいるよう。

「日本に観光にきていた外国の人と親しくなり、別れ際に一緒に写真を撮りました。そのとき私はチェキカメラを持っていたので、撮った写真をそのまま渡したら、とても喜んでくれました!」(21歳/女性)

「彼氏との記念日にはチェキははずせません。チェキにはマジックでお互いのメッセージを書きあうのが恒例です。すぐに印刷できるから、後日プリントアウトしてからよりも時間のロスがないから気持ちも冷めません」(20歳/女性)

一期一会の出会いや大事な瞬間を写真で残すのは素敵なことですよね。そんなとき、撮ってすぐに現像することができるのは魅力的です。

撮った写真をさらにスマホで……

今や解像度の高くキレイに写るカメラはたくさんあります。だからこそ、自分が撮った写真に個性が出せればうれしいですよね。インスタントカメラで撮る写真は、画質がやや荒くレトロな写りになりやすいため、無加工だからこそ出る味に定評があります。

「インスタントカメラで撮った写真をさらにスマホで撮影してSNSにアップしています。最初からスマホで撮ればいいのにって思うかもしれませんが、インスタントカメラで撮影したということに意味があるので。みんなからは『やっぱり雰囲気があっていいよね』というコメントをもらいます」(22歳/男性)

インスタントカメラで撮った写真をもう一回スマホで撮影するなんて二度手間な印象もありますが、インスタントカメラでしか表せない雰囲気もあるものです。


必ずしも性能のいいカメラが最も優れているとは限りません。ときにはインスタントカメラならではの写真が素敵に見えることもありますよね。写真にはいろいろな表現の仕方があります。自分でいろいろやってみるのもいいですが、理論と知識なくしては身につかない面も。カメラの構造を工学的に学んだり、レンズと光線の理論の光学を学んでみるとカメラでの表現の幅もグッと広がりますよ。

この記事のテーマ
芸術・表現・音楽」を解説

絵画や造形、声楽や楽器演奏、演劇や芝居、マンガやアニメーションなど、さまざまな芸術分野で、表現者としての感性や技術を磨きます。近年では、活躍の場を広く海外に求め、高い評価を受けている人たちも多くいるようです。作品の制作や演習などの実技はもちろんのこと、それを裏打ちするために専門分野の歴史や理論の授業も行われます。そのため、アーティストとして作品を発表する以外に、指導者や研究者としての道もあります。

「芸術・表現・音楽」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「写真」
はこんな学問です

写真の表現や理論について学ぶ学問。表現に必要な専門的知識、操作技術、手法を体系的に学ぶことで、専門家としての技能を習得することを目的とする。使用する機材の原理や構造を工学的に学んだり、レンズと光線の理論の光学を学んだりと学習の領域は広い。デジタルカメラだけでなくフィルムカメラについての教科がある学校も多く、その場合は化学的な要素も含まれる。実技を主とした学びだが、理論と知識なくしては身に付けられない技能である。

「写真」について詳しく見る