教えて! 志望理由書の文字制限による書き方の違い

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

教えて! 志望理由書の文字制限による書き方の違い

2016.08.31

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

教えて! 志望理由書の文字制限による書き方の違い

AO入試や推薦入試の志望理由書には、ほとんどの場合文字数の制限が設けられています。規定されている文字数ですが、平均すると400~800字以内でという場合が多いようです。そこで今回は、文字数の違いによる志望理由書の書き方の違いについて、Q&A形式で紹介します!

この記事をまとめると

  • 志望理由書には多くの場合文字制限があり、平均すると400~800字以内
  • 文字数制限が400字の場合でも、800字の場合でも求められる内容は同じ
  • 文字数制限がある場合に守りたい、最低限のルールについて

Q1.「400字以内ということは、100字や200字でもいいんですか?」

400字以内とされているところに200字しか書かなかったとしても、それだけでアウトになるわけではありませんが、自分が読み手としてその文章を読んだときにどう感じるでしょうか?

400字書いてもいいとされているのに200字しかなかったら、やる気のなさを感じますよね。読み手に与える印象を考えた場合、400字の場合でも、800字の場合でも、そこからマイナス50文字、つまり350字、750字くらいは書いておきたいところです。

逆に“以内”とされているならば、文字数は1字でもオーバーすべきではありません。与えられたルールの中で課題を仕上げる能力を示すことも、とても重要なことです。ただし、400字程度とされている場合であれば、430字程度までなら許容範囲でしょう。

Q2.「文字数が400字の場合と800字の場合の書き方の違いはどこにありますか?」

実際に志望理由を書いてみると、400字というのは意外とあっという間に埋まってしまいますが、逆に800字だと、普段あまり文書を書き慣れていない場合には、そこまで文字数をかせぐことはかなり大変な作業です。

冗長な文章を避けるために、文字数によって構成を変えてみましょう。400字ならば結論先行型、800字ならば起承転結型の文章を書くことをお勧めします。

●結論先行型の構成
まず結論から書き起こしましょう。「私は**大学の**学部への入学を希望します」といったように、その文章の中で一番伝えたい思いを文章の冒頭に書き、そこから、ではどうしてそう思うに至ったのかに繋げていきます。

●起承転結型の構成
「私はこういう経験をした。その体験を通じてこう考えた。その結論としてこの大学への入学を希望します」という書き方です。もちろん800字制限の場合であっても、最初に結論から書き起こしても問題はありませんが、日頃文章をあまり書き慣れていない場合には、起承転結型の文章の方が書きやすいはずです。

Q3.「文字数制限が400字の場合でも、これだけは書く必要があるのはどんな点ですか」

基本的に400字であっても、800字であっても、志望理由書に書く必要がある要素は変わりません。絶対に落としてはいけない要素には、以下のようなものがあります。

・その大学・学部を志望した理由
・就きたい職業を含めた将来に対するビジョンや、入学後何を学びたいこと

内容は同じなのに、決められた文字数は倍も違うので、どこかで調整をする必要があります。先に挙げた必須事項については、大学側が一番関心を寄せて読む部分です。そのため文字数制限によって書く内容を削ってはいけません。

ではどこを削るのがいいのでしょうか? 一般的に志望動機を書き込む場合、自ら体験したエピソードに結び付けて書くとインパクトがあるとされていますが、400字制限の場合に一番コンパクトに表現すべきは、このエピソードの部分です。志望理由書は、面接の際の質問材料という側面を持っています。ですから志望理由に結び付くエピソードについて、800字の場合ではあればいつ頃の出来事で、どのような内容であったかをこと細かに書く余裕もありますが、400字の場合であれば、エピソードの存在を示す程度にとどめます。

面接官がそのエピソードの内容に興味を持てば、おそらく面接の場で内容について質問をしてくるはずなので、800字制限の理由書に書くつもりで、簡潔に話せるように頭の中で内容をまとめておきましょう。