思い立ったらすぐ行ける「まるでジブリの世界」な絶景スポット

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

思い立ったらすぐ行ける「まるでジブリの世界」な絶景スポット

2016.08.31

提供元:マイナビ進学編集部

思い立ったらすぐ行ける「まるでジブリの世界」な絶景スポット

身近にありながらも秘境感たっぷりな絶景スポットが千葉にあるのをご存じですか? 今回は「まるでジブリみたい!」と多くの人を虜にするその場所「濃溝の滝」をご紹介します。

この記事をまとめると

  • 千葉のジブリとも言われている神秘的な絶景スポットが君津市にある
  • 濃溝の滝を有名にしたのはSNSなどで取り上げられた美しい写真がきっかけ
  • 観光地を決める時に重要なのはインターネット情報と写真

神秘的絶景スポット「濃溝の滝」は人工的に作られた?

真っ青な空にモクモクと広がる入道雲、紅や黄色と燃えるような山々、どこまでも続く純白な雪景色。こんな季節ごとに自然美が作り出す景色に、心奪われることはありませんか?

千葉県にはまるでおとぎ話の世界に迷い込んだような、秘境感&神秘的な絶景スポットがあります。それは君津市笹の清水渓流公園にある「濃溝(のうみぞ)の滝」です。

濃溝の滝は、実は自然に作られた風景ではありません。近くに流れる川を、人工的に掘った洞窟の中に流し、その高低差からできた滝なんです。

作られたのは350年ほど前。千葉県は道路整備をしており、山域に新たな水田を作るために川のルートを変える必要がありました。この工事を「川廻し」といい、濃溝の滝が作られたのも、川廻しに必要だったからです。

アクセス色々思い立ったらすぐ行ける!

昔は本物の秘境であり、知る人ぞ知るスポットでしたが、公園が作られてからは遊歩道も整備され、誰でも気軽に見に行ける場所となりました。現在でもその姿は美しく、滝と洞窟が見せる表情は癒され感たっぷり!

洞窟に差し込む日の光がまるでスポットライトのようで、透明感が半端ない水面には様々な景色が映し出され、小滝や木々が奏でる音色など、五感で自然を体感することができます。

また東京から約1時間で行けるアクセスの良さも魅力です。車で来る方の混雑解消にと、2016年7月16日から無料シャトルバス運行も始まりました。他にも、最寄りのJR久留里線「上総亀山駅」から市が運行する既存の乗り合いタクシー「きみぴょん号」(事前予約制)があります。

素敵な写真で秘境感をみんなにアピール! それが観光誘致につながるかも!

多くの人が訪れ、さまざな旅行会社がツアーを組むなど、千葉県の美秘境観光スポットとして定番になりつつある濃溝の滝。そのきっかけはインターネットで投稿された写真です。

スマートフォンやパソコンから誰でも気軽にインターネットにアクセスできる今の時代にだからこそおきたこの現象。現代人の国内旅行の観光地を選ぶ決め手は、経済広報センターの調査によると「自然の豊かさ」が58%、情報収集方法は「インターネット」が84%、目的は「娯楽、ストレス解消、リフレッシュ」が90%だそうです。データからも見て取れるように、濃溝の滝を訪れる人が増えたという現象もこうしたニーズ等とピッタリ合って生まれたといえるでしょう。

写真1枚で人と場所がつながる世の中になり、国内観光誘致の選択肢も格段に増えました。今回のように風景が作られたストーリーをたどると、その風景を見る目も変わりますね。観光事業に携わるときは、地方の魅力を再発見できるような情報発信の仕方を考えてみてください。

参考資料
・「観光に関する意識・実態調査報告書」 2010年11月 財団法人経済広報センター
・http://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/228652.html?p=all
・http://www.city.kimitsu.lg.jp/contents_detail.php?frmId=10926

この記事のテーマ
旅行・ホテル・ブライダル・観光」を解説

目指す業界の専門知識を学び、パソコンなどのスキルを身につけます。旅行・観光では資格取得や採用試験対策、ホテル・ブライダルでは、現地実習を通して実践力を養う研修が多く含まれます。共通して求められるのは、ゲストに非日常のサービスや空間を提供する接客技術やサービス精神。不規則な勤務に対応できる体力の養成も求められます。

「旅行・ホテル・ブライダル・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「観光庁職員」
はこんな仕事です

観光庁は、平成20年にできた新しい省庁。日本国内の観光地や文化をPRし、旅行を楽しむ日本人や外国人を増やすのが目的。業務はキャンペーンやプログラムの企画・実施、地方の観光地化促進、海外へのプロモーション活動、宿泊施設や通訳ガイドの登録、旅行業法の適正な運用指導など。観光庁は国土交通省の管轄なので、職員は採用試験に合格した国家公務員。職員は東京の観光庁や地方局、日本政府観光局などへも配属される。外国人観光客の誘致にはとくに力を入れており、日本の魅力を伝えられる語学力も武器になる。

「観光庁職員」について詳しく見る